フリーランス・業務委託の
求人情報ならクラウドテック

インハウス・エディターサービス

オウンドメディアの
成功の鍵は、
「 制作会社に外注 」よりも
「 専任の編集者・ライターに
業務委託 」
です。

オウンドメディアを専任で運用できる
優秀なフリーランス人材をご提案いたします。

クラウドテックに相談する

マッチングサポートサービス
クラウドテックが優秀な
インハウス・エディター
(社内の
編集者・ライター)をご提案。

クラウドテックは、貴社のご要望や開発状況に応じて、
週3日以上から稼働できる、プロフェッショナルな
フリーランス人材をご提案をいたします。
前月から契約を継続しているメンバーは、
約9割と高い継続率を維持しているため、
安心して中長期の業務を依頼することができます。
※2018年4月時点

他社にない
充実のサポートサービス

  • 体制構築支援

    日本最大級のクラウドソーシングサービス クラウドワークスのライティングサポートチームとのホットラインにより、大規模案件でも対応できる制作体制の構築をお手伝いします。

  • 優秀なライターの確保

    クラウドワークスに登録しているアクティブな13万人のライターの中から優秀なライターを確保するスカウトメールを1,000通無料で配信できます。
    (通常は有料)

  • 運用支援

    大規模な案件でも対応できる弊社独自のライティング管理ツールを、無料でご提供可能です。これにより管理コストを大幅に削減できます。

価格例

編集者のスキル・経験、稼働日数により
異なりますがおおよそ以下の業務委託費用が
目安となります。
編集者 兼 ライター
平均30万〜50万円/月程度

(稼働日数5日換算)

オウンドメディアで本質的な結果を求めるのなら
クラウドテックにぜひご相談ください。

クラウドテックに相談する

オウンドメディアの役割とは?

昨今、売り込み型のアポイント獲得営業よりも、
相手に買いたいと思ってもらうための
活動の重要性が増しています。
企業担当者やユーザーに自社の存在を知ってもらい、
有益な情報を発信し続けることで
興味を持ってもらい、
問い合わせや購入してもらう。

いわゆるインバウンドマーケティングが
重要であることはいうまでもありません。
また、既存顧客のフォロー・ブランディングとしても
オウンドメディアが注目されています。

成功に繋がる3つのポイント

多くのオウンドメディアが生まれては消えていく
状況の中で、どうすれば成功するのか。
ポイントとして提案したいことが3つあります。

  • 活動量そのものが
    メディアを育て、その歴史が
    オリジナリティを生む。

    コンテンツ戦略やペルソナ設定、ライティングノウハウなど、各々強みとする制...続きを読む

    コンテンツ戦略やペルソナ設定、ライティングノウハウなど、各々強みとする制作会社が増えているので、オウンドメディアの立ち上げ段階では外注することでそれなりの形にすることは可能です。しかし、はじめて自社を知った読者に対してその場でポジティブな印象やアクションまで結びつけるのは困難であり、読者へ継続的に発信し続ける運営体制が整備されていないと続かずに終わってしまうでしょう。結局は、試行錯誤しながら発信し続けて読者の反応をみながら改善していく活動量そのものがメディアを育て、その歴史がオリジナリティを生むのです。

  • 読者の接点となる
    多岐にわたる媒体と
    コンテンツを結びつける。

    読者との接点は、記事だけではありません。メールマガジンやLP(ランディン...続きを読む

    読者との接点は、記事だけではありません。メールマガジンやLP(ランディングページ)、ホワイトペーパーなどを通じて、読者と関係性を継続的に築き自社に興味をもってもらう不断の発信が必要です。読者が触れるコンテンツを一貫性・ストーリーをもって発信するためには、専任の編集者やライターを内部にかかえていないと実行するのは現実的に難しいでしょう。クラウドテックは、フリーランスの編集者やライターが多数登録しているため、貴社に適した人材を業務委託としてご紹介することが可能です。

    単体ではなく読者の接点をストーリーをもって
    一貫して編集・ライティングできる人材が必要

    • 記事
    • メルマガ
    • ランディング
      ページ(LP)
    • ホワイト
      ペーパー
    • 営業ツール
  • 自社への理解が深い
    専属人材(常駐も可能)なら
    柔軟な対応が可能。

    通常の制作会社は多くの顧客を抱えているため、自社に専念できるリソース...続きを読む

    通常の制作会社は多くの顧客を抱えているため、自社に専念できるリソースを持っていません。専属の編集者・ライターを自社に抱えることで、会議のある週1日や2日は常駐してもらいたい、などの柔軟な働き方が可能です。専属で時間を共に過ごすことで自社の理解が深まり、読者にはまだ知られていない埋もれた情報を発見し、読者にわかりやすく伝えることなどもできるでしょう。突発的な依頼や形になっていないアイデア段階の相談も専任だからこそできる柔軟性も魅力です。

    • 週1日常駐
      週4日
      リモート勤務

    • 週2日常駐
      週3日
      リモート勤務

    • フルリモート
      勤務

オウンドメディアの成功の鍵は
「 制作会社に外注 」よりも
「 専任の編集者・ライターに業務委託 」です。

クラウドテックに相談する

ご利用の流れ

  1. ヒアリング

    募集されている人材に
    関して下記情報を
    ヒアリング
    させていただきます。

    • スキルセット
    • マインド
    • 募集条件
    • ご予算
  2. 登録者抽出

    ヒアリング情報をもとに
    候補となる
    メンバーを抽出。
    弊社で事前にメンバーへの
    ヒアリング実施します。

  3. 三者面談

    候補者を貴社へご提案。
    候補者との面談可否を
    事前にご判断いただき、
    貴社・提案メンバー・
    弊社担当との三者面談を
    実施させていただきます。

  4. 業務開始

    面談後、問題なければ
    契約条件調整~契約締結。
    業務開始日を決定。
    メンバーがプロジェクトへ
    参画します。

最短3日

業務開始後も専任のフォロー担当が、
定期的に貴社および

参画中のメンバーに対して
フォローヒアリング実施。

  • 制作会社へ外注するのと
    どちらが安いですか?

    記事コンテンツだけではなく、メルマガ、ホワイトペーパー、LP(ランディングページ)、コーポレートサイトなど、読者と接する媒体やコンテンツは様々です。これらを有機的に結ぶ編集者やライターを外部の制作会社に発注すれば大きなコストになることでしょう。金額面だけではなく、学習コスト・コミュニケーションコストを含めたトータルのコストで考えれば、専任の編集者やライターに業務委託したほうがはるかにコストメリットがあるでしょう。

  • 契約期間や稼働日数は
    定められていますか?

    特に定めはございませんが、通常は3ヶ月から半年契約更新が多いです。

    稼働パターン例

    • フルリモート5日+月1回打合せ
    • 週1日常駐 + フルリモート4日
    • 週2日常駐 + フルリモート3日
    • 週3日常駐 + フルリモート2日
  • フリーランス人材の紹介以外に
    独自のサポートはありますか?

    クラウドテックではクラウドソーシングサービスをお得に利用できる他社にないサポートサービスを用意しております。クラウドワークスのライティングサポートチームとのホットラインにより、制作体制の構築支援からライターの確保(スカウトメール配信無料)、運用支援(ライティング管理ツール無料)のサポートサービスを提供いたします。

お問い合わせ

お問い合わせ後、担当者から
お仕事の内容についてヒアリングさせていただきます。
その後は、人材の提案をお待ちいただくだけ。
担当者から最短2営業日以内にご連絡いたします。
お気軽にお問い合わせください。

必須
必須
必須
必須
任意

ページのTOPへ戻る