フリーランスって何?という人のための働き方ガイド

基礎知識

フリーランスって何?

この記事を読んでいる方の大半が、おそらく『フリーランス』という言葉をすでに知っている方、どこかで聞いたことがある方のどちらかでしょう。しかしながら同時に「では、フリーランスって具体的に何?」と聞かれると、うまく説明できないのではないでしょうか。

フリーランスは従来、専門性の高い業界などでのみ見られた働き方ですが、パソコンが広く普及しインターネット通信が高速化した昨今、様々な分野でIT技術を利用した「在宅ワーク」が可能となったことにより再度注目されてきています。新聞やネットニュースなどのメディアで目にする機会が増えたのもその影響でしょう。

もちろんフリーランスの全てが在宅ワークとは限りませんが、このように在宅ワークが可能になり、働く時間や働く場所に囚われずに仕事ができるようになったことで、結婚を機に退職した女性や子育て中で会社勤めが難しい人など、それまで働くことを諦めざるを得なかった方々がフリーランスという働き方を選び始めているというわけです。

では、具体的にフリーランスとはどのような働き方のことをいうのでしょうか。ここでは自分らしく働きたい方にオススメの働き方『フリーランス』についてご紹介します。

 

働き方の違いを知ることが仕事選びの近道

引用元:無料写真素材 写真AC

働き方の形態には、一般的にサラリーマンや会社員と呼ばれる給与所得者のほかに、今回主題となっているフリーランス、またSOHO(ソーホー)ノマド派遣など、現在たくさんの働き方が存在しています。

今回ご紹介する「フリーランス」は、組織に属さない「自由(free)」な「槍騎兵(lance)」が語源となっているように、個人事業主として自由に請負契約を締結し働く形態のことを言います。では、上に挙げたワークスタイルとフリーランスはどう違うのでしょうか。それぞれの特徴を比較してみましょう。

  • SOHO…自宅などにオフィスを構え、インターネットなどを利用して働く形態(Small Office Home Officeの略)。
  • ノマドワーク…一定のオフィスを設けずにモバイルを携帯し、無線LANが使用できる場所を移動しながら働くスタイル。個人事業主、被雇用者のどちらもこのスタイルをとり得る。
  • 派遣…(企業と派遣契約を締結している)派遣会社と雇用契約を結び、派遣先で仕事をする形態。給与の支給、社会保険加入は派遣会社が行う。

このように、フリーランスとその他のワークスタイルは似ている部分もありますが、最も自由な働き方が可能なのがフリーランスだと言えます。

具体的には、アナウンサー、ジャーナリストといったマスコミ関係の職業や、画家、写真家、音楽家、舞踏家、文筆家といった芸術分野、通訳、エンジニアなどがあり、オフィス内にとどまらず現場で活躍する職業も多く含まれます。また、近年ではウェブサイト制作に携わるクリエイターやライター、ITエンジニアなども増えています。

 

スキルがそのまま報酬に繋がる!

自分のスキルを最大限に活かして、やりたい仕事が選べることはフリーランスの最大のメリットです。派遣と違って自分の労働の対価として支払われた報酬から経費などを差し引かれることもありません

案件ごとに請負契約を結びますので、自分のスケジュールに合わせて仕事量や納期を設定したり報酬を交渉することができます。もちろん、希少価値の高い技術を持っていればサラリーマンを超える金額の収入を稼ぐことも可能です。

このように、フリーランスはライフ・ワーク・バランスが取りやすく、自分らしく働くことができるスタイルです。特に高度な能力や市場で求められるスキルをお持ちの方にはオススメです。

 

知っておきたいフリーランスのデメリット

引用元:無料写真素材 写真AC

フリーランスが会社員と異なる点は、自由度の高さです。言い換えれば、全部自分でやらなければならないのがフリーランスのメリットでありデメリットとも言えるでしょう。会社などの組織では、営業や総務、経理など各セクションに担当者が配置されているので、自分の仕事だけに専念することができますが、フリーランスの場合は自分の仕事以外の業務に時間を割かなければなりません。

当然、フリーランスを志望する人は、契約や税金、保険などに関する法令や運用についての知識の習得が欠かせません。そして、さらに重要なのは仕事探し、営業です。営業がうまくいくかどうかがフリーランスとして安定した収入を得られるかどうかを左右するため、自分の業界に有益な人脈を築いているかどうかが鍵となります。

 

クラウドソーシングで仕事探し!

自分らしく働きたい方にオススメのフリーランスですが、高度な技術がありながら、あまり営業に向いていない、良い人脈を持っていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、クラウドワークスはあなたの仕事探しを強力にバックアップし、フリーランスのデメリットを解決します

クラウドソーシングでは、様々なスキルを求めるクライアントとフリーランサーや在宅ワーカーをマッチングしています。仕事探しに悩んでいる方は一度覗いてみてください。そのほかにもフリーランスとして生きていくためのチップスがたくさんあります。

先ほどフリーランスで最も重要なのは仕事探し、営業であると言いましたが、営業をするにもある程度の実績が必要になります。その実績を作るのがクラウドソーシングでのお仕事です。営業なしでお仕事を始めることができ、その積み上げた実績が新たな仕事を呼びます。最初から営業で仕事を取ろうと思うと無理が生じます。まずはコツコツと経験とスキルを積みましょう。

このように、年々多様な働き方が認められるようになってきており、フリーランスとして働くハードルも下がってきています。すでにフリーランスを始めている人の中にはフリーランサーとしてうまくやっていく術やポイントを見つけ出している人もたくさんいます。様々なコミュニティに参加することで多方面から情報を集めてみましょう。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事