フリーランスはどの健康保険に入るべき?最良の選択肢を選んで保険料を安くしよう

基礎知識

フリーランスはどの健康保険に入るべき?

病院には、よく行きますか?どんな方でも、一生に一度は必ず医療機関のお世話になります。医療費は本来かなり高額ですが、私達には健康保険があるため、一部負担だけで済んでいます。もし、健康保険がなかったら医療費は3倍以上かかってしまうのです。サラリーマンの方は、会社が健康保険の手続きをしてくれますが、フリーランスの方は自分で手続きをしなければいけません。このため、しっかりと健康保険の知識をつけておくことが重要です。

この記事では、フリーランスの医療保険について説明していきます。サラリーマンからフリーランスになるとき、フリーランスとしての収入が少ないとき、入るべき健康保険について順を追って説明していきます。ぜひご一読して、自分に最適な健康保険を見つけてください。

目次

  • 医療保険・健康保険・国民健康保険の違いとは?
  • フリーランスになる時には「任意継続」も検討しよう
  • フリーランスはどの健康保険に入るべきなのか?
  • 他のフリーランスの人はどうしている?
  • 実際、健康保険の保険料はどのぐらいなのか?
  • 保険料が高い!どうしたら保険料が安くなるのか?

医療保険・健康保険・国民健康保険の違いとは?

1

はじめに、混同しやすい「医療保険・健康保険・国民健康保険」の3つについて説明していきます。しっかりと区別が付けられるようにしておきましょう。

医療保険

医療保険とは、医療機関の受診により発生した医療費の一部(または全額)を保険によりまかなう仕組みです。あなたも病院に行ったときに、保険証を提示しますよね?その保険証があるからこそ、3割の医療負担で済むのです。

医療保険には、「公的な医療保険」「任意加入の医療保険」の2種類があります。公的な医療保険には、次に説明する「健康保険」「国民健康保険」があります。また、任意加入の保険とは、一般的な生命保険会社が提供している保険のことです。その中でもいくつか種類があり、医療保険の他にも「がん保険」「傷害保険」などがあります。

なお、日本においては、公的な医療保険は強制加入となっており、”加入しない”という選択はできません。ただし、保険料が払えない方のための救済措置も用意されています。それは後ほど詳しく説明します。

健康保険

健康保険は、社会保険方式で運営される公的医療保険の一種です。基本的に、事業所に雇用されている方(サラリーマンなど)が加入する保険のため、フリーランスの方は入れません。ただし、一部例外があり、フリーランスの方が加入する方法もあります。それについては次項で説明します。保険料は会社と折半するため、給料から天引きされる金額は半額だけです。自分がいくら保険料を払っているか、気になる方は給与明細をみてみましょう。

メリット

  • 保険料が半額で済む
  • 扶養家族制度がある

デメリット

  • フリーランスは加入できない
  • 加入団体を選べない

国民健康保険

国民健康保険は、上述の健康保険など、他の公的健康保険に該当しない方が加入する保険です。運営は、市町村組合によって行われており、どこの運営団体に加入するかによって保険料に違いがあります。その差は無視できないほど大きいため、どの団体に加入するかは慎重に選択しなければいけません。保証内容は、だいたい健康保険と同等ですが、「傷病手当金」「扶養家族制度」がないなど、一部違いがあります。

メリット

  • フリーランスでも加入できる
  • 加入団体を選べる

デメリット

  • 扶養家族制度がない

フリーランスになる時には「任意継続」も検討しよう

実は、会社を退職した日から20日以内「任意継続」の申請をすれば、会社で加入している健康保険を2年間継続することができます。もし、任意継続しないとすると、国民健康保険に入ることになるでしょう。この2つは、次の2点で大きく異なります。

ひとつ目は、保険料の計算方法です。任意継続では、退職時の所得に基づいて保険料が決定され、以後変わることはありません。国民健康保険は、毎年所得などに基づいて計算されますので、年によって保険料が異なります。そのため、今後どちらが安上がりなのかは一概にはいえません。

ふたつ目は、扶養家族制度です。任意継続では、扶養家族を利用でき、扶養している家族の保険料を0にできます。一方、国民健康保険には扶養家族はないため、家族の分も保険料を負担しなければいけません。扶養家族がいる方にとっては、これは大きな差が生まれるでしょう。

まとめると、今後所得が増えそうな方、扶養家族がいる方は、任意継続を選ぶと保険料が安く済むでしょう。なお、任意継続は、1日でも滞納があると強制脱退させられてしまうので注意してください。

フリーランスはどの健康保険に入るべきなのか?

2

どの健康保険が一番安くなるかは人それぞれなので、各健康保険の保険料を計算して比較することをおすすめします。フリーランスの方が選択できる健康保険は次の3つです。

  • 国民健康保険
  • 国民健康保険組合
  • 任意継続

国民健康保険と任意継続については、先ほど説明しました。それでは、国民健康保険組合とはなんでしょうか?

国民健康保険組合は、各業界の組合が運営する国民健康保険です。業種ごとに、いくつもの団体があります。たとえば、フリーランスの方だと、デザイナーイラストレーターなど文芸・美術職を対象とした「文芸美術国民健康保険組合」が一例です。一般に、国民健康保険よりも割安なのですが、該当する職種でなければ加入できません。

他のフリーランスの人はどうしている?

特に健康保険について何も考えていないフリーランスの方は、最も一般的な国民健康保険に入るでしょう。国民健康保険組合に入っている方は、国民健康保険の10分の1程度です。国民健康保険以外の認知度はそれほど高くないと思われます。

実際、健康保険の保険料はどのぐらいなのか?

次に、各健康保険の保険料の目安と、計算方法について紹介します。実際に計算して比較してみましょう。

国民健康保険

国民健康保険の保険料は、「所得割額・資産割額・均等割額・平等割額」の合計です。各計算に使われる保険料率(または固定金額)は、お住いの市町村によって異なります。役所のホームページに掲載されていますので、そちらをご確認ください。金額の目安としては、だいたいサラリーマンの2倍程度になります。

国民健康保険組合

ここでは、先ほど紹介した文芸美術国民健康保険組合の保険料について説明します。この組合は、月額固定料金なのでわかりやすいです。月額17,200円(平成28年度)になっています。また、被保険者の家族の方は月額9,000円で加入できます。該当する職種の方は積極的に活用しましょう。

任意継続

任意継続では、だいたいサラリーマン時代の2倍になります。任意継続では、全額を自己負担しなければならないため、金額が2倍になります。正確には、下記のページに掲載されている保険料表を使って算出してください。

任意継続の保険料表:https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h28/h28ryougakuhyou9gatu

保険料が高い!どうしたら保険料が安くなるのか?

フリーランスの場合、保険料を安くする方法が3つあります。

ひとつ目は、確定申告時の所得をなるべく安くする方法です。国民健康保険の保険料は、大部分が所得を元に計算されるため、所得を安くすることで保険料も安くなるのです。そのため、青色申告での控除や経費などで所得を低く抑えましょう。もちろん、正しい方法で、ですよ。

ふたつ目は、フリーランスとしての収入が低いときには、家族の扶養に入ることです。家族の誰かが健康保険に加入している必要はありますが、条件に該当するならば保険料を0にできるため非常にお得な方法です。年収が130万円未満の場合には検討しましょう。

みっつ目は、国民健康保険の減免制度の利用です。世帯人数にもよりますが、世帯人数が4人なら年収約200万円以下から減免が適用されます。条件は市町村によって異なりますので、詳細は役所のホームページなどでご確認ください。

まとめ

どの健康保険に入ればいいかお分かりになりましたか?フリーランスには、さまざまな選択肢があります。最適な選択肢は人によって違いますので、自分に最適な選択肢を見つけましょう。各健康保険の保険料を計算して、どれが一番安くなるのか比較してください。もし、まだフリーランスとしての収入が低い場合には、国民健康保険の減免制度や健康保険の扶養家族制度を利用するなどして、保険料を安くしましょう。選択を誤らなければ、自分に最適な保険料になります。あなたは今、いくら保険料を払っていますか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事