フリーランスの仕事の取り方!方法と継続のポイントを解説

  • URLをコピーしました!

フリーランスの仕事の取り方
フリーランスとしてしっかり仕事を取れていますか?「なかなか仕事が見つからない」「受注につながらない」「単発の依頼で終わってしまう」、といった方も多いのではないでしょうか。どれだけ仕事を取れるかは、フリーランスとして生き残るための生命線です。案件をとり続けなければ、フリーランスを続けていくことはできません。ひとつの方法だけでなく、複数の方法を活用して積極的に仕事を取りに行きましょう。

この記事では、

  • すでにフリーランスとして働いている方
  • いまからフリーランスになろうと考えている方

のために、フリーランスが仕事を取る方法や取る際の注意点、継続の案件を受けるためのポイントなどをお伝えしていきます。ぜひご一読して、より多くの仕事を取れるフリーランスになりましょう。

フリーランス案件に興味ある人は必見

リモートワーク案件に強い
フリーランスエージェント

\ 会員登録は60秒で完了!/

>リモート案件検索はコチラから

目次

フリーランスが仕事を取る方法

それではまず、フリーランスが仕事を取る方法を紹介していきます。仕事を取れる手段を複数持っておくと、生き残れる可能性も高まります。

個人的な人脈

特にデザイナーの方がよく活用しているのが、個人的な人脈を利用して仕事をもらう方法です。知人の方やそのまた知人の方から仕事を頼まれるというのは意外と多いものです。フリーランスになったことを周囲に伝えておくと、それを伝え聞いた方から仕事をもらえることがあります。名刺などを渡しておくのもよいでしょう。

サラリーマン時代の職場、取引先

サラリーマンで経験を積んでから、フリーランスに転向するというのはよくあるパターンです。あなたもそうではないですか?その場合は、サラリーマン時代と同じ仕事をすることになりますから、円満退社をしていれば前職の職場や取引先などから仕事をもらえることもあります。どちらにしても業界は狭いものです。いまから退社をしようとしているなら円満退社を心がけましょう。

ポートフォリオサイト、ブログ、SNS

自分の実績やスキルをアピールするために、ポートフォリオサイトを作りましょう。その際には、ターゲットを明確にして、しっかりと伝わるサイトにします。自己満足のサイトではあまり意味がありません。また、単にサイトを作って放っておいてもアクセスアップは望めませんので、ブログやSNSを併用してアクセスを集めるようにしましょう。

エージェントサービス

エージェントサービスは、フリーランスを探している企業とフリーランスをマッチングさせるサービスです。担当者の方が、企業との契約の仲介をしてくれますので、営業しなくても契約が取れます。エンジニアやデザイナーの方は、クラウドテックがよい選択肢です。もちろん、無料で利用できます。

クラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスは、インターネット上で仕事探しから受注、報酬の受け取りまで完結させることができるサービスです。仲介手数料をとられることになりますが、報酬をとりっぱぐれることがなく安全です。業界最大手のクラウドワークスがおすすめ。

仕事を受注する際に気をつけること

次に、仕事を受注する際に気をつけることを紹介していきます。失敗のないようにしましょう。

案件の内容に不明な点はないか?

基本的なことですが、案件の内容に不明な点がないか確認しましょう。不明点があれば、契約前にクライアントに確認しておきます。契約後に、「そんなこと聞いてないよ」ということがないようにしましょう。案件の流れを一通りイメージしてみると、抜けている項目が見つけやすいです

納期に間に合わせることができるのか?

納期に間に合わないようなら、案件を引き受けるべきではありません。もし、納期に間に合いそうにない場合は、クライアントに納期の交渉をしましょう。納期には、絶対に間に合わせなければいけません。一度失った信頼は、なかなか取り戻すことができませんからね。なお、不測の事態に対応するため、納期にはできるだけ余裕を持たせておいたほうがよいでしょう。どちらにしても、できたらすぐに納品すればよいのです。

報酬の支払いの条件に問題はないか?

案件を引き受ける一番の目的は報酬なので、報酬がどういった条件で支払われるのかは非常に重要なことです。支払いの締め日や振込日はもちろん、納品物など対価の対象となっているものがなんであるのかも確認しておきましょう。特に、納品物の品質については後で揉めやすいので、しっかりと確認しておいてください。

かならず契約書をかわす

企業と直接契約する場合には、口約束ではなくかならず契約書をかわしましょう。後で、「言った、言わない」となることを避けるためです。案件に絡むメールのやり取りも保存しておくとよいでしょう。もし、法に訴えることになってしまった際にも、契約書があれば役に立ちます。

継続で案件を得るためのポイント

2 (22)
次に、継続で案件を得るためのポイントを紹介していきます。フリーランスを長く続けるには、単発の案件だけでなく継続の案件をどれだけ作れるかが重要です。

とにかく早く納品すること

納期に余裕がある案件であっても、できるだけ早く納品しましょう。ほとんどのクライアントはスピードを重視しています。遅く納品して欲しいクライアントはいません。クオリティを維持しつつ、スピード感のある仕事をしましょう。早いに越したことはありません。

メールなどの返事はすぐに返す

案件を通して、何度かクライアントとやり取りをすることになります。クライアントから連絡があった場合には、すぐに返事を返しましょう。最低でも、その日のうちに返信するべきです。内容が込み入っていて時間がかかる場合には、確認して再度連絡する旨を伝えましょう。特にメールなどのテキストだけのやり取りでは、マイナスの感情を持ちやすいので注意してください。

丁寧な対応を心がける

クライアントには、敬語や謙譲語を適切に使い、丁寧に対応することを心がけましょう。普段からのちょっとした心がけが、クライアントの信頼感につながります。敬語にあまり自信がない方は、書籍などで勉強するとよいでしょう。お金をかけたくないなら、図書館に行けば見つかります。

何か不手際があったら言い訳せずに謝る

どれだけ注意していても、人間にミスはつきものです。なにか失敗してしまったら、素直に謝りましょう。その際には、言い訳は無用です。クライアントは忙しいので、あなたの言い訳を聞いている暇はありません。とにかくストレートに謝るだけで十分です。変なプライドは捨てましょう。

時には依頼を断ることも必要

しばらくフリーランスを続けていると、継続の案件も増えてきて、いろいろと案件が重なってきます。これ以上はオーバーワークだなと感じたら、それ以上の依頼を断ることも大切なことです。無理に限界以上の案件を引き受けても、全体のクオリティが下がって共倒れになるだけです。通常は、70%~80%ぐらいの力で仕事をすることをおすすめします。

まとめ

フリーランスの仕事の取り方がお分かりになりましたか?まだ試していないことがあったら、今日からでもさっそく取り入れていきましょう。ひとつでも多くの案件を受注できるようにがんばってください。フリーランスとして実績を積んでいけば、複数のお得意様のクライアントもできてきます。そうなれば、収入は安定していくので、それまでが踏ん張りどころです。早々にリタイアしてしまうことがないように、最初はがんばりましょう。あなたは月にどれぐらいの案件を受けていますか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

こんな悩み、ありませんか?
  • 希望条件のリモート案件が見つからない
  • 高単価の案件に参加したい
  • スキルアップできるプロジェクトに参画したい
  • 週2~3日程度の案件が見つからない
週2~高単価案件を検索可能!
案件検索はコチラから!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
クラウドテックCTAバナー2_1200x628

この記事を書いた人

フリーランスの道しるべ編集部のアバター フリーランスの道しるべ編集部 フリーランスの道しるべ編集部

フリーランスになるために必要な知識やスキルアップの方法等、様々なお役立ち情報を発信していきます。

(リモートワーク案件に強いフリーランスエージェント「クラウドテック」を運営)

目次