女性も大活躍している『広報・PR』フリーランスでの働き方とは?!

はじめに

引用元:Photo AC

さまざまな会社のサービスや商品をPRする広報というお仕事は、非常にセンスを問われるお仕事です。広報担当として、さまざまなプロジェクトのPRを行うことは、いかにそのサービスや商品を世に広めていくか、これが最たる目的となってきます。今回はそんな広報、PRというお仕事に関して、具体的にどのような業界で、どんなお仕事をし、さらにフリーランスでこれらのお仕事を受注して活躍している方はいったいどんな方法でお仕事をスタートさせ、成功に導いたのかをより詳しく解説していきたいと思います!

 

フリーランスでいろいろな商品や会社、ブランドをあなたの力で世の中に広めよう!

引用元:Photo AC

広報やPRというお仕事はいろいろな会社の商品やブランド、サービスをどんどん世の中に広めていくという非常に魅力的なお仕事で、世の中の流行や潮流に敏感な女性、特に、出産を期に広報会社などを退職した子育て中の主婦の方達などがフリーランスで活躍しているパターンも多く見受けられます。

広報担当として会社に勤務する場合には、自社の商品やサービス、ブランドなど、自分が詳しく知っているものの広報が中心となりますが、フリーランスの場合は、自分の好きなジャンルの商品やサービスの広報だけを担当すればいいというわけではありません。好きではない、自分は利用しない商品、また見たことも聞いたこともないサービスについても効果的な広告の提案ができなければなりません。

仕事となる舞台もテレビやラジオなどのCM、新聞や書籍、インターネットを使ったWEB広告などさまざまなものがあり、広告演出一つとっても、どんなCM内容にするか…どんなデザインのポスターがよりその商品にフィットしたものになるか…どんなホームページ企画にするか…などなど、さまざまな広告媒体の特性を知り、商品やサービスに最も適した広告手法を選びクライアントへ提案できるかが鍵になるお仕事と言えます。

このように、フリーでやっていくには広い見識と、広告媒体の特性を熟知していること、またその広告媒体を効果的に使うためにデザインや文章、映像などについての知識など、総合的な能力が試されます。

 

フリーランスの広報PRって具体的にはどんなことをするの?

引用元:Photo AC

広報PRの業務内容は、簡単に言えば商品やサービスをいかに売るか、その最も売れるためのPR方法を考え実行することになります。テレビ、ラジオ、Web、新聞、各種書籍など、広告方法は多岐に渡り、どのようなデザイン、どのようなキャッチコピーで打ち出すのか、その組み合わせは無限にあり、その中から最も効果的なものを選び提案しなければなりません。またその提案を実現することのできるチーム(デザイナー、ライター、映像製作者、Webデザイナー、サイト構築者など)をうまく回すスキルやコネクションも必要になります。

たとえば、「Webを活用して広告を打つ」のが最も効果的な広告方法だった場合、広報PR担当者は、どのような広告を打つべきか、誰にその広告を作ってもらうべきかを考えることになります。WEB広告といっても、その媒体はアフィリエイト広告リスティング広告バナー広告などさまざまなものがあり、多くのWebプロモーション系広告代理店が多種多様な広告媒体を扱っています。

アフィリエイト広告やバナー広告を使うのであれば、もちろんバナー素材が必要になってきますので、これらのデザインを企画しなければなりませんし、リスティング広告で進めるのであればより効果的なキャッチコピーが必要になります。その上で、これらのデザインやリスティングを誰が作成するのかをうまくコントロールする必要も出てきます。デザイナーやコピーライターに報酬を払って依頼するのがいのか、すべて自分で作るほうがいいのか、その期待されるクオリティとコストのバランスをみながら進めなければなりません。さらにWEBの場合はSEOとも密接にかかわってきますので、場合によってはSEOを専門とする会社とタッグを組んでどのようなキーワードで、どのようなバナーを作っていくのか広告企画を打ち立てていく場合もあります。

このように多くのメディアの担当者やクリエイター、ライターなどとやり取りをしてお仕事進めていくことになります。広報PR担当のお仕事はこういった方々との関係を日々構築していくのも非常に大切な仕事内容と言えるでしょう。常日頃から情報収集を欠かさず行い、さまざまな広告代理店の担当者と定期的に連絡を取り合い関係性を築き上げておくのも重要な業務になります。

また、自ら素材を発掘して広告企画を提案する際には、各メディアの担当者に「これはぜひうちで採用させて貰いたい!」と思わせるプレゼンテーション能力も不可欠です。第一線で活躍するフリーの方々は、営業として新規開拓も行い、プレゼン内容全般を担当するクリエイター部門の方々とも手を取り合って、営業から企画、提案まで自分1人で思う存分能力をフル活用されている方が多くいらっしゃいます。

とくに化粧品やファッション関連のアパレル、女性向けのいろいろな小売販売アイテムなどを扱う場合は、主婦目線、女性目線に優れた広報・PR担当者が、クライアントとしても喉から手が出るほど欲しいのが実情だったりします。

 

フリーランスで広報PRのお仕事をスタートさせる方法って?!

引用元:Photo AC

 

では、実際にどのようにスタートを切っていけばよいのでしょうか?広報PRのお仕事を手掛けていくにあたって、どのようなスキルが事前に必要となってくるのでしょうか?前述した広告手法を勉強するのももちろんなのですが、最低限持っておかなくてはいけないものとして、それぞれの広告媒体に対する知識やスキルが必要になります。

WebであればHTMLやPhotoshop、Illustratorなどの一般的なソフトに関わる知識を押えておくこと、 紙媒体であれば印刷入稿に関わる知識、Webと同じようにそれらのデザインデータを作成するための知識、さらに言えば自分で簡単な修正や微調整などができるのが最も望ましいと言えます。

そして、スタートを切るにあたって最も重要なことといえば、やはり何と言ってもコネクション構築です。広告代理店でパートナーシップ制度があればどんどん申し込んで活用し、一度取引をした広告代理店の担当者とは密に今後連携できるように連絡を取り合いましょう。

Web関連の広告代理店であればほぼ間違いなくそのサイト上に「広報担当者の方へ」といったタイトルでリンクがあるはずです。このリンクをたどって実際にどのようなコネクションが持てるのか吟味し、広告代理店の担当者リストをコツコツと自分で作り上げて準備しておくことで、今後やってくるクライアントからのさまざまな依頼をそつなくこなせるようになります。「今回は紙媒体を使ってリアルにポスティングで行きたいんだけど?」といった要望が出ても、こういったリストの中に「ポスティング代行会社」と呼ばれる担当者がいれば、すぐに具体的な広告手法をその担当者と相談して提案できます。

また、クラウドソーシングの利用も営業の一つの手段となるでしょう。「広報 PR」の本格的なお仕事としての足がかりとなるような仕事がたくさん募集されています。

具体的なもので言えば、例えばクラウドワークス上には、「ブログで商品説明を交えながらその商品をPRしてほしい」といったものや、「LPを使いとある化粧品の良さを女性目線でいかに伝えられるか、そのLPの構成を考えてほしい」といったものなど、さらには「キャッチコピーやネーミングを考えてほしい」といったアイディアや知恵を絞って自分のセンスを売り込む絶好のチャンスとなるようなのお仕事がたくさんあります。

こういったお仕事のほとんどはコンペ形式で募集されていることが多く、採用されなければ報酬を得ることはできませんが、コンペに数多く応募していくことでクラウドワークス上であなたの実績が分厚く掲載されることとなり、その実績を見たクライアントから、さまざまな広報・PRのお仕事の相談を持ちかけられるようにもなります。

フリーで広報PRに関わるお仕事をしている方の多くはこういったスタートを切られる方が非常に多いわけですが、センスのよい広告演出をどのように提案できるかが成功の鍵ともいえ、日ごろからご自身のセンス磨きやマーケティング手法の勉強も重要となってきます。

 

最後に

引用元:Photo AC

いかがでしたでしょうか? 今回は広報PRというお仕事を行うにあたって、実際どのようなお仕事の内容で、どのような形でお仕事を始め、さらにどんな風に勉強をしていけばよいのかをご紹介させていただきました。

今回のご紹介を元に少しでも多くの方が広報PRというお仕事に興味を持ち、さらに実際にお仕事をなさっている方がさらによりステップアップができる内容となっていれば幸いです。

ぜひ広報PR関連のお仕事をしていらっしゃるお知り合いがいる方は今回のこの記事をご紹介していただければと思います!

関連記事

フリーランスのPRプランナーという選択~なって良かったこと、失敗したこと~

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

関連記事