リモートワークとノマドワークってどう違うの?

リモートワークとノマドワーク、どちらも少しずつ耳にすることが増えてきた言葉ですが、どう違うの?と感じることもあるのではないでしょうか。ここではリモートワークとノマドワークの違いと、それぞれのニュアンスについて見ていきましょう。

リモートワーク


リモートワークの定義としては主に、フリーランスまで含めた広義と、被雇用者のみを指す狭義との2種類があります。

フリー・自営型

リモートワークの広義としては、パソコン・スマホなどのデジタルツールを用いてオフィスの外で仕事を行うことです。この場合のリモートワーカーは会社に所属している必要はなく、フリーランスや自営も含みます。
なお、複数の顧客をかけもちながら仕事をするパラレルワーカーも、固定のオフィスを持たない点で広義のリモートワークと言えるでしょう。

雇用型

狭義のリモートワークとは、会社で雇われている社員が自宅などのオフィス外で業務を行うことです。その多くはリモートで働ける上限時間や対象社員が決まっているなど、それぞれの会社の規則内で運用されています。
デザイナーやエンジニアなどの常時オフィスにいる必要のない社員や、介護や育児等で家を長時間空けにくい社員に対して、部分的に導入されているケースも多くみられます。

ノマドワーク(ノマドとは)


ノマドワークの「ノマド」とは遊牧民を意味する言葉です。そこから転じて、例えば電車内・カフェ・旅行先など、各地を転々としながら仕事を行うスタイルとされます。
ノマドワークには、各地を移動するデジタルノマド型や、2か所に仕事と居住の拠点を持つデュアルライフ型など、様々な形態があります。

デジタルノマド型(遊牧民型)

デジタルノマドとは、スマホやパソコンなどのデジタル機器を手に、時に世界中を渡り歩きながら仕事をするスタイルです。日本ではまだ認知度は低いですが、世界のリゾート地や大都市には、デジタルノマド向けの拠点が多くみられます。
各地を移動することから、ほとんどのデジタルノマドは、雇われないフリーランス的な働き方をする人たちと言えるでしょう。

デュアルライフ型(2拠点型)

田舎と都会、自国と外国といった形で、2か所に仕事と居住の拠点を置いて行き来するスタイルを指します。定住型ノマドと表現される場合もあります。
二拠点を行き来するとなれば、時間や勤務場所に融通の利くフリーランス的な働き方でない限り、成り立たせていくのは難しいと考えられます。そういった意味ではノマドワークの一種に含めて差し支えないでしょう。

新しい働き方


リモートワークとノマドワーク、どちらも比較的新しい働き方とされますが、どのような違いがあるのでしょうか。

どちらも明確な定義はない

リモートワークとノマドワークの定義はいずれもはっきりしていないとされます。どちらもオフィス以外で仕事をする点では共通していますが、どこまでがリモートでどこまでがノマドという明確な線引きはありません。
リモートワークは雇用型とフリーランス・自営型、双方に対してよく用いられています。それに対し、ノマドワークは各地を転々としながら働く点から、ライターやデザイナーなどのフリーランスに対して使用される機会が多くみられます。

デメリット

リモートワークやノマドワークのデメリットとして、連絡の取りにくさが挙げられます。確認事項が発生しても、すぐに相手に連絡が取れるとは限りません。特にノマドワーカーとして広範囲を転々としている場合は、現地のインターネット環境によって連絡の取りやすさも変わってきます。
公共の場所をオフィス代わりとして使う場合、セキュリティの不安が常について回ります。サイバー上の脅威だけではなく、資料やUSBの置き忘れといったリスクも生じ得ます。重要な打ち合わせや電話をするときにも場所が限定され、時には有料で場所を借りるなどの手立ても必要になってくるでしょう。

メリット

一方でリモートワークやノマドワークでは、働く時間や場所を選ばないことが大きなメリットとなります。日々通勤で消費してしまう時間や労力がなくなり、別のことに割くことができます。
自由な服装で仕事ができるため、着替えや化粧に時間やお金をかける必要もなくなり、結果的には経費削減にもつながるのです。

リモートワーク・ノマドワークの今後

少し前までは時間や場所を拘束される働き方が主流でしたが、場所を選ばず自由に働くことができるリモートワークやノマドワークは、新しい働き方として知られるようになりました。経費節減や離職防止などのメリットもあるため、徐々に導入する企業も増えています。
介護・配偶者の転勤・育児などの都合で、今までなら離職を余儀なくされていた人にとっても続けられる選択肢が広がるため、働き手が増える効果も期待できます。

まとめ

リモートワークは全般的にオフィスの外での勤務を意味する一方、ノマドワークは各地を転々、または二拠点以上で働くフリーランス的な手法を意味します。明確な線引きはありませんが、場所と時間の制約がないという点では共通しています。束縛されない働き方に魅力を感じる人にとっては、いずれも有力な選択肢と言えるでしょう。

>>「クラウドテック」でリモート案件を紹介してもらう

関連記事