手当たり次第の応募はダメ?フリーランスが狙うべき好条件の募集とは?

手当たり次第の応募から一歩進んでみよう!

昨今では、何のコネもなくフリーランスになっても、クラウドソーシングやエージェントを利用すれば比較的簡単に仕事を見つけられるようになってきました。募集案件も豊富にあるため、「とりあえず応募してみよう」「とりあえずフリーで仕事してみよう」というように、気軽に仕事を始められるようになったのは、仕事をしたいと考えているすべての人にとって良い傾向となってきていると言えるでしょう。しかし、その一方で、フリーランス初心者はとにかく案件に応募すればいい、数をこなせばいいという考えが蔓延し、フリーランスがこなすべき仕事の質の低下やそれによる報酬の値下げも始まっているようです。

どの仕事をするか、という「選択」は今後のキャリアプランにもつながり、フリーランスにとっては重要なポイントとなります。では、どのような募集を狙って応募すればよいのでしょうか。それぞれに重視すべきポイントは違いますが、今回はエージェント、クラウドソーシングを利用することを前提に「好条件」と呼ばれる案件の特徴や受かるためのノウハウなどについて考察してみます。

 

あなたが狙いたい好条件の募集はどれ?

  • 単価が高い募集
    単価が高い案件を狙うには、クラウドソーシングよりもエージェントを利用するのがいいでしょう。エージェントから紹介される仕事の中には、月々の単価が100万円を超える高額案件もあり、平均月収が50万を超える業種もみられます。エージェントサイトで公開されている案件を見てみると「ソーシャルゲーム開発アプリケーションエンジニア」、「ゲーム開発会社のUnityエンジニア」など、特にアプリやゲーム開発系のエンジニアの高額案件が増えているようです。これらの業種はクラウドソーシングでも高額案件が募集されていますが、クラウドソーシングは基本的に単発案件となるので、中長期で高い単価を保てるエージェント利用が賢い選択になるでしょう。ただし、エージェントで単価の高い案件を見る際には、稼働日数や清算基準時間などをチェックする必要があります。一般的にエージェントを利用して仕事を契約すると、契約内容を超える時間については超過料金が支払われますが、中には時間外労働を強いられたり、激務で体を壊してしまう人もいるようです。単価の高さだけに惑わされずに、プロジェクトがどのように進んでいくのか、また職場の雰囲気はどうかなどもしっかり見極める必要があるでしょう。また、エージェントが紹介している単価が高い案件は、即戦力として働けるスキルを持つ人、一定期間以上の実務経験などが重視されるので、初心者には少々ハードルが高い基準になります。そこで、まだフリーランス初心者でスキルも実績もないという人は、クラウドソーシングで紹介している案件の中から、時間単価換算した場合の単価の高い案件を選ぶのがオススメです。クラウドソーシングでは、パッと見、報酬が高く見えるもの、安く見えるものがありますが、稼働時間を考えると報酬が高くても単価は安い、報酬は安くても単価が高い案件というものがあります。フリーランスにおいて時間単価換算の単価は、仕事を選ぶ際の一つの基準になるのでチェックしておきましょう。

 

  • 大手企業が出している募集
    大手企業の開発チームに加わるエンジニアやデザイナーの募集案件などでは、共同作業を通してさまざまな立場の人たちと関わり、幅広いスキルを身に付けられることがメリットと言えます。エージェントサイトには、たとえば大手企業の高単価案件が多数掲載されていますが、中には「国の重要インフラを担う大プロジェクトを支えるエンジニア募集」といった内容もあります。大手企業や大規模プロジェクトに参画する場合は仕事内容の割り振りが明確で、労務管理もしっかり行われているなど、働きやすい職場であるケースが多くなっています。また開発期間が半年から1年以上の中長期案件も多く、長期的なキャリアプランが立てやすいのも魅力です。エージェントサイトを覗いてみると、応募要項にはほとんどの場合、大手企業や大規模プロジェクトの募集であることが明記されています。「大手」と聞くだけで安心や信頼感を覚える人が多いため、人気の案件となることが大半です。採用にあたっては企業が求める案件に対するスキルや参画可能日などが重視されます。自分の経験や実力をどのように活かせるか、明確にプレゼンテーションできるようにしておきましょう。

 

  • 長期的に案件がもらえそうな募集
    長期的な契約が見込めそうな場合は、収入面で安心感が得られるメリットがあります。募集要項の中に「長期継続あり」といった文言が含まれていたり、初めからプロジェクトの開発や実施の期間が長期に設定されているものがあります。「新規立ち上げ事業のWebデザイナー募集」という案件では、スキルや経験があればコーディングや上流工程での作業もお願いしたい、などの要望も見受けられ、長期雇用はもちろん上位の仕事を任されることもありスキルアップが図れます。そのため、このような案件では採用期間を「2ヵ月~長期」としているところが多く、仕事の安定しないフリーランスには狙い目です。長期継続を前提とした案件の場合はスキルだけでなく、協調性や実行力、マネージメント能力などが採用の際に大きなポイントとなります。そのため応募の際は、コミュニケーションやチームワークに優れている点などをアピールするのが効果的でしょう。一方でエージェントを介して受けた仕事は業務委託契約が結ばれているので、容易に途中で投げ出すことは許されず、自由度も落ちます。そのため、子育てや介護、地方に住んでいる、持病があるなどの理由で「自由度が高い」フリーランスという働き方を選んだ人は、エージェントによる紹介案件よりも、クラウドソーシングを使って、継続案件を狙った方がいいでしょう。エージェント紹介の案件は一般的に出社が原則ですが、クラウドソーシング案件は基本的に出社はありません。長期契約案件の場合でも、締め切りや納期を守りさえすれば、稼動する時間や時間帯まで決められることはありませんので、自由度が落ちることはなく、自分のペースで中長期的な安定を得られるでしょう。ただし、クラウドソーシングの場合、いきなり契約を切られることや、値下げ交渉をされることもあるということを理解しておきましょう。

 

  • 実績として外にだせる案件の募集
    ライターやデザイナーの場合、良い仕事を取っていくためには実績が必要になります。しかしライティングの場合、クラウドソーシングで発注される案件の多くは守秘義務(自分が書いていることを外部に言わない)や著作権放棄(自分の著作物と主張できない)が求められるため、実績としてPRに使うことはできません。そのため単価が多少低くてもライター名や名前が掲載される記事が書ける仕事や取材経験を積むための案件に絞り、実績作りに集中するのも長期的に見ればメリットになります。応募の際は、実績のために頑張りたい、という旨を伝えた方がクライアントにも意思が伝わります。ただし、中には外に出してマイナスになる実績もあるので、自分のキャリアプランに沿った仕事を選ぶようにしましょう。

 

採用されやすくなる応募のポイント

求められているスキルを満たしているのはもちろんですが、以下のような点も踏まえて応募すると採用される確率が高くなります。

  • インターネット時代だからこそ丁寧な応対を

応募・採用から仕事の完了まで全てメールやチャットでやりとりするようなケースが増えてきました。全く面識のない担当者とのコミュニケーションを円滑に進めるためには、毎回、丁寧かつスピーディーな対応を行って信頼を得ていくしかありません。応募の段階からコミュニケーション能力は見られているので手を抜かないようにしましょう。

  • 不明点はクリアに

企業から仕事の募集があった場合、ほとんどは採用が決まったあと細かなレギュレーションや発注書が示されます。採用されてから「思っていた内容と違う!」とならないよう、応募の段階から不明点についてはクリアにしておきたいものです。一方で、考えれば分かりそうなことや担当者が返答に困るようなこと、採用の可否に関わるような内容で質問すると悪い印象を与えてしまうので注意しましょう。

  • プロフィールやポートフォリオを常に整えておく

好条件の案件を見つけたらすぐに応募できるよう、プロフィールやポートフォリオは常に内容を整えておきましょう。

  • マイナス面もプラスに変えるアピールをする

たとえば子育て中の女性は、子どもの病気など不意の出来事があった場合にどう対処するか、といった面はクライアントの心配材料になります。応募の際には、そういった点について最初から言及しておき、もしもの場合は祖父母のサポートが得られる、といった安心材料を提示しましょう。さらに子育て中だからこそ分かるマーケティングの視点、など立場を活かしたアピールにも努めましょう。

  • 他の人に差を付ける「私だけ」クオリティー

クライアントの印象に残るよう、自分自身を表現するキャッチーなコピーを考えてみましょう。特段、他人と差がつく経歴を持っていなくても、視点を変えるだけで印象的な自己アピールができることもあります。

 

エンジニアやデザイナーで、どの募集にチャレンジすると自分のためになるのか分からないときは、エージェントの利用がオススメです。今回、記事で紹介した案件が掲載されているクラウドテックでは、特にサーバーサイド開発の案件が多く、PHPエンジニア案件、継いでWebディレクション案件が多いなど、フリーランスエンジニアにオススメのサイトとなっています。また、専属のキャリアサポーターが就き、長期的な視点も含めて、今どの募集に応募すべきかなど、フリーランスのキャリア形成のサポートも行っています。より良い案件とマッチングしてくれるので、自分で探して応募するという手間暇が削減できるというメリットもあるようです。

これからフリーランスで活躍していこうと思っている人は、エージェントとクラウドソーシングの特徴を理解し、いいとこどりをしながらキャリアを形成を考えていくことが重要になります。下手な鉄砲も数打ちゃ当たる!ではなく、狙った獲物を逃がさないようにする営業力、また、上質な獲物を見極める目を養っていきましょう。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事