フリーランス映像制作者・映像編集者に仕事が殺到する理由とは?

その他職種

フリーランスの映像制作者になりたい

引用元:モデルドットフォト

映像制作というとテレビや映画のイメージが強いですが、Webコンテンツやアニメーション、ゲームなど仕事は幅広く、2017年には、インターネット動画広告市場は640億と5倍近くの成長が期待されている分野です。

映像制作者の仕事内容は、企画、制作にかかわる制作者(プロデューサー、ディレクター、放送作家など)と編集や撮影、CG、特撮技術などの技術者(カメラマン、照明、音声、映像編集、美術など)の2つに分類されます。

制作者は、特別なスキルは必要ありません。しかし、例えばテレビ番組なら、完成した番組がどのくらい人気がでるのか。web広告ならどのくらい売り上げにつながるかといった結果が求められます。

一方、技術者は、それぞれの分野において高いスキルが求められます。映像の制作なら、デザイン系の専門学校や映画制作専門学校。カメラマンなら写真の技術が学べる専門学校などで学ぶか、大学の工学部や芸術学部などで総合的に学ぶなど、それぞれの分野に精通する必要があります。

また、大学や専門学校で学んでいなくても、仕事を通してそれぞれのスキルを磨くことも可能です。昨今、さまざまなソフトを利用して独学でも映像制作ができるようになりました。映像制作が身近になった今、フリーランスのなかには、趣味で動画を作るところからはじめて、その楽しさに目覚め、活躍している人も増えています

 

会社員か、フリーランスか

基本的に仕事内容はかわりませんが、会社勤めの営業制作者は、会社によっては高価な機材を使えることもあり、大きなプロジェクトにかかわることができるというメリットがあります。また、税金などの処理も会社が行うため事務処理の手間がかかりません。

しかし、一方で毎日終電まで仕事することも多く、勤務時間も不規則。昼も夜も日・祝日も関係なく仕事をしなければならず、体がもたずに辞めていく人も多いようです。

一方、フリーランスは、それまでの実績がないと大きな仕事をすることはできず、事務処理も自分で行う必要があります。給料も安定はせず、仕事をしなければ、もちろんお金が入ってくることもありません。

しかし、仕事をすればするほど、収入に直結します。そのため、会社員の頃よりも充実した仕事をし、稼げているというフリーランスも増えています。また、時間の調節も可能なため、自分にあった生活スタイルを維持することもできます。

 

成功するためのプロセス

フリーランスの映像制作者として成功するためには、実績を積むことが大切です。現在、(フリーランスを目指す)会社勤めの映像制作者であれば、今の会社で実績を積み、フリーランスになってからも継続して仕事ができるよう、横のつながりをできるかぎり広げておくことが大切です。また、会社によって異なりますが、副業が可能であれば、会社員時代に、フリーランスとして成功するための土台を築いておくとよいでしょう。

また、会社で働いた経歴をもたず、フリーランスの映像制作者として働く場合には、自分が今まで作成した映像をWeb等で公開し、より多くの人にアプローチする必要があります。

クラウドソーシングは、フリーランスの映像制作者が、経験者、未経験者に限らず自分のスキルレベルにあった仕事を探すことのできる場です。こういうものを利用してスキルを磨きながら、コツコツと実績を積むのも一つの方法です。

 

成功への近道は、発注者の気持ちを理解すること

引用元:モデルドットフォト

映像のお仕事を制作会社に依頼する場合とフリーランスに依頼する場合とを比較してみると、フリーランスとの映像制作の打ち合わせにおいて、具体的なイメージのすり合わせが充分でないことに不安を感じています。

また、発注者は「誰に依頼するか」で悩んでいるとき、具体的なイメージが浮かんでいないこともあります。会社や個人からの発注の場合、発注者が映像に関しての知識が乏しいことも考えられ、その際、大まかなイメージと方向性、伝えたい主題など、漠然としたイメージしか提示でできないことがあるのです。それを形にしてくれそうな映像製作者を探すときに、上記のような過去の実績、それから打ち合わせ等での円滑なコミュニケーション、そして報酬金額と納期などがマッチングするかを加味します。

打ち合わせを通して、発注者が具体的なイメージを掴み安心して依頼できるようにするために、フリーランスの映像製作者は、なるべく具体的な事例をあげる、専門用語を使わない視覚的な説明などを心がける必要があります。大手の映像制作会社に発注する方の多くは、上記のようなものが既にしっかりと決まっており、逆にフリーランスの映像製作者に発注する方の中には、イメージが漠然としている場合が多い傾向にあります。

そのため、フリーランスは制作会社よりも、打ち合わせを通して発注者のイメージを掴み、そのイメージにあった提案をすることが大切になるのです。発注者が求めているのは、素晴らしいセンスや高価な機材を使っての撮影、スキルというよりも、求めているイメージを正確に再現してくれる技術です。細かな部分まですり合わせができればできるほど、採用につながる確率はあがり、それができるのがフリーランスの強みです。

また、発注者が仕事を依頼する場合には、ある程度の映像制作に対する知識と制作者の視点で映像を捉え、具体的な指示をする必要もありますので、最低限の知識は必要になるでしょう。

 

信頼できるクライアントと信頼できないクライアント

フリーランスになると、仕事探し、受注から納品まですべて自分で行う必要があるためやりがいもありますが、思わぬトラブルが発生する可能性もあります。フリーランスが抱えるトラブルにおいて一番多いのは「制作したにもかかわらず、代金が支払われないケース」です。知人もしくは、紹介などで正式な手続きを行わず、メールや、口約束だけで仕事をしてしまうと問題になることも多いです。

信頼できないクライアントとは、仕事をメールや口約束で依頼し、正式な手続きを踏もうとしないクライアントです。知り合いだから、一度契約したことがあってその時は問題なかったから、知人の紹介だから、こういった理由で最初の契約を曖昧にしておくと、後でトラブルになります。細かな仕事内容については、打ち合わせが不十分であれば多少変更が出ることはあります。しかし、要件を次々に追加したり、報酬を下げてくるクライアントには注意しましょう。

フリーランスを始めたばかりですと、来た仕事は拒まず何でもやりたくなってしまいますが、信頼できないクライアントと仕事をしても後には何も残りません。これは自分が制作した映像だ!と胸を張って言えるお仕事が報酬につながる成果物が次の仕事を呼ぶ、などを担保できるようなクライアント、案件のお仕事をするようにしましょう。

 

フリーランスとしての喜び

引用元:pixabay

Webコンテンツやアニメーション、ゲームなど、テレビや映画だけでなく、インターネットを楽しむうえでも動画は欠かせないものとなっています。映像制作者は映像業界だけでなく多くの業界で必要とされています。企業にとっても、フリーランスは、忙しい時に依頼できる頼もしい存在。フリーランスとなり、あなたの才能をより多くの人に公開しませんか?まずは簡単なポートフォリオを作ることから始めてみましょう。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事