クレジットカード作り方次第で今後のフリーランス生活が変わる? 押さえておきたい3つのポイント

基礎知識

クレジットカードでフリーランス生活が変わる?

クレジットカードは,フリーランスが仕事を進めていく上で、活動の幅を広げてくれる大きな力となります。

企業が利用するサービスの中には、Web決済しか対応していないサービスもあり、クレジットカードが企業や個人の信頼の証となり、サービスを利用できることもあります。また、日々の決済をクレジットカードでひとまとめにすれば、取引の内容を利用明細で確認できるだけではなく、自動で会計システムに仕訳を取り込むこともできます。

そんな便利なクレジットカードですが、フリーランスとして活動していくためには押さえるべきポイントが数多くあります。

今回は、これからフリーランスとして仕事をしようと考え、それに際してクレジットカードを作ろうと考えている方、さらにはすでにフリーランスで不安定な収入であるものの、クレジットカードを作りたい方に向けて、フリーランスでもクレジットカードを作る方法をご紹介していきます。

どんなカードが作れるか、どのように伝えれば審査に通りやすいのかなどを押さえておくことで、フリーランスに最も適したクレジットカードを作り、フリーランス生活を充実させましょう。

フリーランスはクレジットカードが作りにくい?

1
フリーランスという働き方に興味がある方であれば、必ず聞いたことがあるはずのフレーズがあります。それが、

「フリーランスになったらクレジットカードが作りにくくなる。」

というものです。今まで「会社」という大きな信頼の証となる盾がありましたが、フリーランスになると信用の根源が「あなた」に変わります。すると、クレジットカード会社は、あなたにクレジットカードを使ってもらっても大丈夫なのか、会社ではなく、あなたに関連する情報から判断します。

フリーランスになったばかりであれば、売上や活動実績がないため、「お金を貸したら必ず返ってくる」という確信が持てません。

そのため、フリーランスはクレジットカードの審査が通りにくくなっているのです。

裏を返して考えると、クレジットカード会社が抱く不安を解消できれば、クレジットカードを作ることができるとも言えるでしょう。

フリーランスは収入の不安定さからクレジットカードを作れないことがありますが、

・どんな審査があり、
・どんなことを証明できれば

クレジットカードが作れるようになるかを理解することによって、フリーランスでもクレジットカードを作ることができます。

フリーランスには、フリーランスに適したクレジットカードの作り方があるのです。

クレジットカードの審査で見られる3つのポイント

フリーランスに限らず、クレジットカードを作成するためには、クレジットカードの保証会社が行っている審査を通過する必要があります。

保証会社が行っている審査項目は、多くのものがありますが、今回はフリーランスが引っかかりやすい審査項目をご紹介していきましょう。

1. フリーランスになってからの活動実績

会社員として転職をする時もそうですが、現在の職業における活動実績が少ないと、審査を通過しにくくなります。これは、長きにわたり同じ職業に就いている人の方が、安定的に収入を得ており、今後も収入が途切れる可能性は低いと考えているからです。

一方、独立したてのフリーランスの場合では、フリーランスとしての活動実績がありません。年間どれほどの金額を売り上げて、利益を出す事業なのかどうか、保証会社は判断をすることができないのです。

そのため、フリーランスのあなたがクレジットカードを作成したい場合には、2,3年程度の活動実績を積み重ねておく必要があります。活動実績が蓄積されると、あなたの事業の収益性が確定申告の資料などからわかりますので、保証会社の審査における判断材料とすることができます。

クレジットカードを申し込む際には、なるべく活動実績を積み重ねてから行うようにしましょう。

2. クレジットカード利用実績

これまで、クレジットカードを利用することは危険なことであると判断して、使ったことがないという方もいるでしょう。特に支払いの延滞などをしていないのだから、利用していないことはマイナスに働くことはないと思われがちですが、実際はそうではありません。

クレジットカードの利用実績が無いと、保証会社は、今までの支払い実績が無いので、「この人は高い確率で利用代金を支払ってくれる人」というように判断してくれません。この状況を回避するためには、クレジットカードの利用ではなくても、割賦で支払う契約を行い、毎月遅延なく支払いをしていくことで、信用取引における利用実績を積み重ねることができます。身近な割賦契約の例としては、スマートフォンなどの携帯電話の割賦購入が挙げられます。

携帯電話の購入は、クレジットカードを利用していませんが、契約としては販売店と利用者の間で契約が結ばれており、その契約の履行状況は登録されています。そのため、クレジットカードの審査で利用する審査項目の要件を満たすことができるのです。

3. 過去のクレジットカード利用実績状況

クレジットカードの保証会社は、審査の際に、クレジットカード会社間で共有しているデータベースを参照します。そこには、あなたがクレジットカードを使って支払いをした実績から、どこのクレジットカード会社に利用申し込みをしたのかということまで記録されています。このデータベースには、過去の記録が5年間程度保管されているとされています。

もし、あなたが過去にクレジットカードを使用していて、支払い遅延や長期間にわたり返済をしていない場合には、「要注意人物」というようなステータスが付与されてしまいます。

このステータスは、世間一般に「ブラックリスト」と呼んでいるものです。実際にブラックリストがあるわけではなく、クレジットカード会社間で共有しているデータベースの情報を指しているのです。

クレジットカードの利用実績は、データベースに残る大事なものなので、支払い遅延などは起こさないように、取引をしていきましょう。

流通系のクレジットカードは発行しやすい

クレジットカードの中でも、誰が発行しているかどうかで、審査に通過する難易度が変わります。

銀行などの金融機関が発行しているクレジットカードは敷居が高くなっていますが、ショッピングモールなどが発行しているクレジットカードは審査が緩くなっていると言われています。これらのクレジットカードの種類を「流通系クレジットカード」と呼ばれています。

これは、ショッピングモールへの集客ツールとしてクレジットカードを発行しているためです。クレジットカードの発行会社の目的により、審査を通過する難易度も変わります。審査が通りやすいクレジットカードを選ぶのであれば、ショッピングモールやスーパー、または通販サイトを運営している会社などを狙ってみましょう。

おわりに

ここまで、フリーランスがクレジットカードを申し込む上で、特に気をつけておきたい3つのポイントをご紹介してきました。

フリーランスとしてクレジットカードを発行するのであれば、「フリーランス」としてのあなたの信用度を上げておく必要があります。保証会社に対する信用度を上げることができれば、フリーランスといえどもクレジットカードを発行することは可能です。

近くにフリーランスでクレジットカードについて悩んでいる方がいるのであれば、ぜひ今回のポイントを教えてあげてくださいね。

他にも、以下のサイトでクレジットカードなどのお金に関する情報を発信しています。ご興味がある方はぜひご覧ください。
クレジットカードなどのお金に関する情報は「chokotto(ちょこっと)」

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事