【全6種類】ITエンジニアと呼ばれる職種を徹底解説!

基礎知識

6種類のITエンジニア職種

ITエンジニアを目指す!と頑張っているかたはたくさんいらっしゃいますが、そもそもITエンジニアとはどんな職種から構成されているのでしょうか?
ITエンジニアとはITに関わる技術者全般を指した言葉、つまり総称です。
この記事ではITエンジニアと呼ばれる職種を6種類紹介いたします。この記事を読めばITエンジニアとして求人されている種類はほぼ網羅できるでしょう。

紹介する職種は次のものになります。

  • システムエンジニア
  • プログラマ
  • ネットワークエンジニア
  • データベースエンジニア
  • webエンジニア
  • エンベデッドエンジニア

ITエンジニアを目指す方やITエンジニアについて知りたい方は必見です!ぜひご覧ください。

システムエンジニアはジェネラリスト?

syurui_img1

システムエンジニアとはその名の通り、システムを設計・製造・テストして作り上げるエンジニアのことです。システムエンジニアの実務を経験したことがない方にはなかなかイメージしづらい仕事かもしれません。ここではシステムエンジニアがシステムを完成させるまでの過程を追いながら、その仕事の内容を見てみましょう。

システムは仕事の流れをコンピュータが補助するために作られるものです。経理や予算、スケジュールの管理、勤怠管理や決済などさまざまな仕事をコンピュータで実現します。
仕事をシステムで実現しようとするとき、最初に行うのが業務分析と呼ばれる仕事です。これはお客様の業務がどのように行われているか、書類のやりとりの経路、管理しているデータの種類や数、誰がどんな作業をしているのかといった業務の情報を詳細に分析することから始まります。つまりシステムエンジニアはコンピュータの知識だけではなく、あらゆる仕事に精通している必要があると言えるでしょう。

システムエンジニアは次のようなことを検討します。

  • どんな方式のシステムにするか
  • ネットワークはどのようにするか
  • データベース管理はどうするのか
  • プログラム言語は何を使うか
  • 業務に必要な専用の機械はどのようなものにするか
  • 開発方式は何が適切か
  • 開発環境やテスト環境の設計と構築

など、システムを作るために必要なあらゆる仕事をこなします。

そしてシステムエンジニアの仕事では、これら検討した内容を設計書に書き起こすことが一番大きな割合を占めます。

さて、システムの話に戻ると上に書いたようなシステムの大枠を決めたあと、この大枠に基づいて製造するために設計書を作ります。この設計書作りがシステムエンジニアの仕事の大部分を占めるといっても過言ではありません。
この設計書には上に書いた項目に加えて帳票や画面の作りなど細かい指示が書かれており、これを元にしてプログラマに製造を依頼します。
プログラマのサポートも大事な仕事です。プログラミングのルールやプログラマが設計書の内容を理解するためのサポートなども仕事に入ります。
プログラムが仕上がったあとはプログラムがきちんと動作するかどうか、お客様の要望がきちんとシステムで実現できるか、漏れているものはないかなどを確認して顧客に引き渡すことになります。

このようにシステムエンジニアの仕事は多岐にわたります。このため知識と経験の側面から考えると、IT全体の幅広い知識と経験はもちろん必要ですし、さらにはIT業界以外の仕事内容を知ることも求められます。
そのためシステムエンジニアはスペシャリストであると同時にジェネラリストとしての知識や経験も必要でしょう。

プログラマ

プログラマはシステムやアプリケーションの設計に基づいて、プログラミング作業を行います。
実際にお客様が使うものを製造するため、その責任は重大です。

プログラマはプログラミングに強いだけでは務まらないことがほとんどです。システムエンジニアが作成した設計書を読み解く力も必要ですし、場合によっては設計上の不備の指摘も行います。またネットワークの接続やデータベース処理の作り込みなども仕事の上で求められるため、これらの知識も必須でしょう。
プログラミングそのものは家のパソコンでもできますし、教材もインターネットや書店で簡単に手に入ります。しかしその知識を仕事で使うとなると幅広い知識が求められます。

それぞれのプログラマは得意とするプログラミング言語を持っていることがほとんどです。言語にはC#、JAVA、PHP、Rubyなどたくさんの種類があり、顧客の業界によって使われる言語は違いますし、さらには時代の流れで使われる言語は変わっていきます。
例えばiPhoneアプリの開発にはObjective-Cが使われていますが、今後はSwiftに移るだろうとも言われています。これからプログラマを目指す人はどのような言語を勉強するのかきちんと考えることが大切です。

ネットワークエンジニアはシステムの生命線を扱います

ネットワークエンジニアはその名の通り、システムが利用するネットワークの設計や構築、運用保守を行うエンジニアです。

ネットワークはシステムに欠かせないものであり、この専門家が彼らです。
ネットワークのスペシャリストとしてシステムエンジニアと共にシステム構築に携わることが多く、非常に専門性が高い仕事です。またネットワークはITの生命線ですから、設計や構築だけでなく堅実な運用や保守を求められる仕事です。

データベースエンジニアはシステム性能の要

システムに欠かせないものはネットワークの他にデータベースもあります。
データベースにはそのシステムが扱うデータが格納されていますが、データベースエンジニアはデータをどんな形式で扱いどのように格納するのかといったデータベース設計を行います。さらにはデータベースの運用や保守の仕事も請け負います。

データベースエンジニアの仕事としては他にも、データベースの処理を分析してシステムの性能を最大限に発揮させるチューニングという仕事も含まれます。
この仕事も大変専門性が高い仕事です。

webエンジニアの専門性はピカイチ

webエンジニアはシステムエンジニアの中でもwebを利用したシステムに特化した専門家です。webを利用したシステムを設計構築する場合は、インターネットブラウザや関連するアプリケーション、ネットワーク、セキュリティ対策などの専門性が高くなります。

webアプリケーションはあらゆる分野に行き渡っているため、花形の仕事の一つでしょう。
もちろんここまでに紹介した職種でもwebシステムを扱いますが、webに関して非常に造詣の深いエンジニアやITの中でもweb専門に仕事をするエンジニアはwebエンジニアと呼ばれることが多いです。

エンベデッドエンジニアはマイコンの専門家

エンベデッドエンジニアは機器に組み込まれているコンピュータを構築するエンジニアです。機器に組み込まれているコンピュータはいわゆるマイコンと呼ばれる電子部品で、家電製品や自動車、飛行機やロケットなどあらゆるところで使われます。
エンベデッドエンジニアもシステムエンジニアと同じような仕事をしますが、機器に組み込まれたコンピュータの設計や製造、構築を行うエンジニアはこのような呼ばれ方をします。

どの仕事が欠けてもIT業界は成立しません

syurui_img2

この記事ではシステムエンジニアの仕事を詳しく紹介し、さらに他の職種をご説明しました。システムエンジニアの仕事をご覧いただけるとあらゆるエンジニアと連携しながらITに関する仕事を進めていることがお分かりいただけたかと思います。

これらの職種はそれぞれが得意分野を持ち、お互いを補いながらひとつの目的に向かっていきますからどの仕事も素晴らしい仕事です。
これからITエンジニアを目指す方は自分がどんなエンジニアになりたいのか、ぜひ考えてみてください。

IT業界はみなさんをお待ちしています。あなたの活躍の場は見つかりましたか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事