PHPエンジニアが転職を考えた時に揃えておきたい『武器』とは?

就職・転職・人材 PHP エンジニア(SE)・プログラマ

この記事は、現在、PHPのエンジニアとして活躍されている方や、他の仕事をされている方が、PHPエンジニアとして転職をしようと考えている方を対象にして、成功するために揃えておきたい強みとなる武器として、どのようなものを用意した方が良いかを紹介していきます。

PHPエンジニアの転職先

PHPのエンジニアと言っても、いろいろな業界があります。PHP自体がサーバーサイドの言語ですので、主にはサーバーからデータを取得してクライアントやブラウザに返すようなものが対象となります。その中でもPHPが使われるのは、性能の関係もあって、即時性の要求されないような部分に主に利用されます。

サイト制作会社

企業のホームページなどのサイト制作の分野では、PHPが使われていることが多々有ります。これはWordPressというPHPで作られたパッケージが主に使われているためです。このような会社もPHPのエンジニアの転職先の候補として挙がります。しかし、サイトの最も重要な部分は見た目であるため、サイトのデザインやCSS/JavaScriptの知識なども必要になってきます。

ECサイト運営会社

独自ECを持っている企業の場合、純国産のEC-CUBEというPHPのパッケージを使っている場合が多く、このような案件を受けている会社もPHPのエンジニアを必要としています。このような会社も転職先の候補となりますが、ECサイトはサイトデザイン周りの知識に加え、決済や配送などの流通周りの知識も必要となってきます。

ソーシャルゲーム開発会社

ソーシャルゲームの開発会社もサーバー部分はPHPで作られているものがあるため、転職先の候補として挙がります。ただ、昨今はスマホゲームが主流となっており、フロントエンドがアプリ主体になってきていることと、サーバー側もPHP以外の言語が使われている場合も増えてきているため、以前ほど間口は広くはありません。

もちろん、上記以外に最近は業務システムにおいても、Javaや.NETなどからPHPへの移行を検討する場合も多くなってきておりますので、そのような企業を検討するのも良いでしょう。

転職のいろいろな選択肢

転職といっても、企業の探し方や選び方、雇用形態の選択など考えることはあります。ここでは、それらについて、細かく説明します。

求人情報の探し方

PHPの求人情報を見つける方法も多岐にわたります。しかし、どれも一長一短があります。ここでは、それぞれの特徴を簡単に説明します。

求人サイト
  • エントリーが求人単位のため、自分の条件と相手の条件を一致させて絞り込みがしやすい。
  • 企業側が受け入れる立場となるため、条件面で不利になりやすい
エージェント
  • エージェントが転職までのサポートをしてくれるため、余計なことに労力を割く必要がない。
  • エージェントが企業とのマッチングを行うため、表に出てこない情報が得られる。
  • うまくいくかどうかがエージェントの能力や経験に左右される
SNS
  • 企業側が事前に実績などを評価して話が進むため、条件面なども含めて折り合いをつけやすい。
  • 企業側もそれなりのエンジニアを期待して求人する場合が多いため、企業側の条件にマッチしにくい。
  • LinkedInのように日本企業の登録が少ないものもあり、日本で転職する場合には難易度が高い

企業の選び方

企業の選び方といっても、様々な基準があります。ここでは、そのいくつかを上げて見るべきポイントを教えます。

事業内容 事業内容は会社としてどのような事業を行っているか、特に柱となっている事業に注力している可能性が高いため、それが自分のやりたいこととマッチしているかを吟味する必要があります。
業務内容 企業の業務として、どのような傾向があるかを見ます。例えば、サービスを運用している企業であれば、新しいサービスを作るためなのか、既存のサービスをメンテナンスするだけなのかを検討します。
給与/
福利厚生
給与としてもらえる金額を検討します。ただし、福利厚生で住宅補助などを出している場合などは、単純に給与の額だけで比較することができないため、注意が必要です。
勤務場所/
勤務時間
勤務時間として設定されている時間や勤務場所が自分のライフスタイルとマッチしているかどうかを検討します。例えば、子供がいて保育園や幼稚園に朝夕の送り迎えが必要な場合などになります。

雇用形態を検討する

雇用形態については、大きく分けて正社員、業務委託、派遣の3つに分かれます。細かく言えば他にもありますが、だいたいどれかの形態に近いものとなります。

正社員 正社員とは、企業とフルタイムでの継続的雇用契約を結ぶ形態です。継続性を期待するため採用に慎重になりやすいことと、業務内容を限定しないため、入社後、業務内容が希望通りにならない可能性があります。
業務委託 業務単位で仕事を受けて、成果物をもって完了とする雇用形態です。時間的な拘束は無い代わりに、依頼が常にあるとは限らないことと、自分自身で業務遂行まで責任を持つ必要があることです。
最近稼働時間を基準とする委託形態が増えており、正社員に似た働き方も選択できるようになりました。
派遣 所属している企業と別の企業で勤務する雇用形態です。通常、期間が定められており、期間終了後に継続するかどうかは派遣先の企業に委ねられます。
派遣の場合、従事する業務内容と労働時間が派遣先との間に交わされるため、契約外の業務や時間外の労働については原則ありません

PHPエンジニアとして転職するための経歴


PHPのエンジニアとして転職するにあたり、経歴を整理しておくことは非常に大事です。特にエンジニアの場合には、PHPでの開発に関係する経歴はもちろんですが、それ以外にもアピールすることのできるポイントはいくつかあります。ここでは、その纏め方を紹介します。

まず、PHPエンジニアとして転職するのですから、PHPができることをアピールするのが基本になります。PHPのプロジェクトに関わったこととか、PHPの資格を持っているとか、あるいは、PHPでの勉強会に積極的に参加しているとかと言った、PHPに対してのスタンスをアピールできるようにします。
もちろん業務として挙げることができれば理想ですが、そうでなくても、PHPを使えることがわかるような経歴を挙げられればいいでしょう。

次に、データベースやサーバー、CSS、JavaScriptと言った、PHPとは直接関係が無いけれども、PHPでのプロジェクトに関連して必要になってくることを中心に挙げていきます。PHPエンジニアとして主体的に使う部分ではありませんが、これらの知識や経験があることで連携がスムーズに行きやすくなるという面がありますので、強みになります。

また、仕事に対する姿勢がわかるような経歴があれば、それも入れておきます。これは、例えば、困難な状況や複数のプロジェクトを同時に回していくような状況において、どのように乗り越えて、どのような工夫を行ったかというところを自分の強みとしてアピールすることができます。

そして、最後に技術に対しての情熱がわかるものがあれば、それも候補として挙げておきます。特に関係なさそうに見えるような技術のことであっても、それをPHPエンジニアとしてのスキルに関連付けるような説明ができたり、技術が新しいものであったりする場合は特にアピールポイントにすることができます。

このようにして挙げた内容を、取捨選択してまとめていくわけですが、だいたいPHPについての経歴が5割から6割、PHP関連技術についての経歴が2割から3割、残りがそれぞれ1割くらいの配分になるとバランスが良く見えるでしょう。

PHPエンジニアとして転職すること

ここまで、二つの切り口でPHPエンジニアとしての転職について説明してきましたが、現在は転職と言っても、様々な働き方がありますし、企業にアピールする方法も画一的ではなくなってきています。
これは、IT業界自体の流れが非常に早くなっており、企業側としても、技術的な面はもちろん見ますが、それ以外にも、柔軟に考えることができたり、工夫をすることができたりするかどうかも見るようになってきています。

それだけ企業側のニーズも細かい部分については多様化してきているということですので、先ほど挙げたような一般的なものだけでなく、自分ならではという強みとなるような何かを作っていくことが、これから転職する上では重要になってくると考えられます。
転職するにあたって、自分ならではというアピールポイントを探してみるのはどうでしょうか?

>>リモートワーク案件も充実!PHPのフリーランス求人案件をクラウドテックで探す

関連記事