エンジニアに贈る独立のすすめ|フリーランスになりたい職種第1位?!

フリーランスが最適な職種
皆さんはフリーランスという言葉から、どんな仕事をイメージしますか?
まず職種としてはエンジニアはもちろん、デザイナーやライターなどさまざまな仕事を思い浮かべると思います。

筆者はフリーランスで仕事をしていますが、ほとんどの方はフリーランスという仕事は職種を問わず不安定で大変なものととらえているようです。

そこでこの記事ではフリーエンジニアを例に取りあげて、どんなスキルが必要か、収入はどのくらいが見込めるのか、仕事はどのようにしてとれば良いのかといった具体的なフリーエンジニアの中身に踏み込みます。

きっとこの記事を読んで頂くことで、ご自身のフリーランスとしての活動をイメージできると思いますよ。
転職や独立を考えている方は、ぜひ漠然とした不安やわからないことを解消してくださいね。

フリーエンジニアが多いのはメリットだらけだから?!

フリーランスの職種で代表的なもののひとつがエンジニアです。

独立してフリーランスになることを選ぶエンジニアは決して少なくありませんが、独立する理由として、どうやらエンジニアのキャリアパスとフリーランスという働き方はとても相性が良いことが考えられます。

まずはエンジニアがフリーランスになることのメリットを見てみましょう。

最大のメリットは自由度の高さ!自由度が高いことから理想のキャリアを歩みやすい

エンジニアの多くは大なり小なりキャリアパスを描いているものです。システムエンジニアであれば、プロジェクトリーダーを経てプロジェクトマネージャー、新しい設計手法を駆使して効率的なシステム作りを目指すエンジニア、特定の業界に特化したシステムコンサルティングなどさまざまな道を考えることが出来ます。

しかし会社に属していると仕事の内容を自分の意思で選ぶことは難しく、キャリアパスは会社の意向に大きく左右されます。

この点フリーランスは仕事を選べるため、キャリア選択の面でメリットが大きいと言えるでしょう。

自由度が高いからスキルを発揮できる働き方を選べる

会社員の場合は就業時間が決められており、働く場所も決められています。もちろんこれは大切なことで、組織内の共同作業を効率的に行うためには有用な方法のひとつでしょう。

しかしこのような制限が個人の考え方や生き方のスタイルに合わないためストレスを感じることもあります。

このようなストレスを避けるためにフリーランスとなり、仕事をする時間や場所、環境に大きな裁量を握ることで能力を発揮しているエンジニアも数多くいます。

フリーランスはどんなスキルでどのくらい稼げるのか

上に挙げたようなメリットに魅力を感じても、稼げるかどうかが不安、自分のスキルで大丈夫かどうかが不安なまま独立の道を歩むことは困難です。

そこで実際に職種ごとにどんなスキルでどのような稼ぎを得られそうか、実例をもとに考えてみましょう。

フリーエンジニアの職種

ここではフリーエンジニアの職種の例として以下の2つを挙げます。

  1. スマートフォンエンジニア
  2. プロジェクトマネージャー

上から順に「プログラマ」「システムエンジニア」のキャリアパスとして考えられるものですから、ご自身の現在のスキルや思い描くキャリアパスに近いものを参考にしてください。

スマートフォンエンジニアに必要なスキルと報酬

(業務内容)
コンテンツ配信メディアのiOSアプリ開発
(必須スキル)
Objective-CによるiOSアプリの開発経験
顧客やマーケティング部門との仕様調整
アプリケーションの改善点の分析能力
(報酬)
850,000円〜
(職場環境)
アジャイルやGitHubなど現在主流の開発環境を取り入れており、職場環境も自由な髪型と服装です。

スマートフォンエンジニアの場合はObjective-CやSwift、Javaによるアプリ開発経験がほぼ必須となります。しかしながら技術スキルさえクリアできれば、エンジニアとして必要な調整能力やアプリの分析能力など汎用的なスキルを求められるにすぎません。
フリーエンジニア案件は非常に多いため、自分のスキルやキャリアパスに合った仕事を探してみてはいかがでしょうか。ひとつ見つかるととても勇気が湧いてきますよ。

プロジェクトマネージャーに必要なスキルと報酬

2 (45)
(業務内容)
大手企業のwebアプリケーション開発プロジェクトのマネージャーとして、事業内容のヒアリングやマーケティングによる仕様策定、設計・開発・テストまで一貫したプロジェクトのマネジメント。
(必須スキル)
スケジュールやコスト管理などプロジェクトマネジメントの知識に基づいた実務経験、または相当する経験。
顧客との折衝や交渉の経験。
webアプリケーション開発経験
(報酬)
700,000円〜
(職場環境)
フリーランスのエンジニアが多い職場のため、企業風土にとらわれることなく個性を発揮しながら働ける。社長以下、管理職もエンジニア出身のため仕事の理解が深い。

必須スキルに挙げられている条件は、プロジェクトマネージャーでなくとも類似した業務に携わることがあると思います。
フリーエンジニアをはっきりとしない知識で捉えていると、スキルのハードルがとても高いと思いがちですが、実際の案件を見るとハードルは考えていたほど高くないと感じられるはずです。

フリーランスとして働く手段|仕事の取り方はちゃんとあります!

3 (44)
仕事がなければフリーランスとして生活していくことは出来ません。そこで、仕事をとる手段を見ていきましょう。

エージェントを活用する

企業が求めるフリーエンジニアを探して紹介するエージェントもフリーエンジニアとして働くためにはとても有用な手段です。

エージェントにエンジニアとして登録し、スキルチェックや具体的な希望職種、労働環境をエージェントのキャリアサポーターに伝え、案件を紹介してもらう流れでフリーエンジニアとして活躍することが出来ます。

案件探しなどの営業活動と条件交渉、事務手続きなどをエージェントが代わって行ってくれますから、エージェントを使うことでフリーランスとして働くためのハードルはグンと下がります。

代表的なエージェントには下で紹介するクラウドワークスが運営するクラウドテックがありますので、エージェントが気になる方はぜひチェックして下さい。
参考:クラウドテック

またクラウドテックの詳細は次の記事も参考にして頂けると思います。
参考:フリーエンジニアの救世主(エージェント) 『クラウドテック』がすべての悩みを解決します!

人脈を活用するフリーランスも依然として多い

前職の取引先や友人知人のツテを利用して仕事を取ることが多いようで、筆者の周りのフリーエンジニアもよくこの方法で仕事をもらっています。

仕事を受注できる見込みのないまま独立することはリスクが大きいため、このようなツテを利用して独立前に受注見込みを立てておく人が多いのも事実です。

クラウドソーシングを活用する

インターネット上で案件を提示する発注者に、フリーエンジニアが応募して仕事を受注するクラウドソーシングも今や一般的な方法です。またフリーエンジニアのプロフィールを見て発注者がスカウトすることもあるため、登録するだけでも受注のチャンスは広がることから、重宝されている方法のひとつでしょう。

大手クラウドソーシングのクラウドワークスは上場企業で信頼性も高いため、ぜひ選択肢のひとつとしておすすめしますよ。
参考:クラウドワークス

フリーランスのハードルは高いと思いますか?

4 (13)
いかがでしょう?フリーランスとして仕事を得るのはとても難しいと感じましたか?
上に挙げた仕事を得る方法や要求されるスキルは難しいものばかりでなく、すぐに取りかかれるもの、すでに手にしているものも多いと思います。

行動を起こさず思い描くだけではフリーランスのハードルは高くなるばかりですから、ぜひこの記事を参考にしてフリーエンジニアの実態を知って自信を持って下さいね。

フリーランスになることで、皆さんの理想に近づきそうですか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事