Javaは独学でも学べる?未経験者とエンジニアの勉強方法

Java

世界で最も人気のある言語はなにか、ご存じですか?それは、「Java」です。プログラミング言語の人気ランキングであるTIOBE Indexにおいて、2位のCに大きく差をつけてJavaが1位になっています(2016年12月現在)。Javaは、10年以上前から安定的な人気を誇っていますので、この状況は当分の間続くことでしょう。人気が高いということは、それだけ仕事も多いということです。つまり、学習に費やす労力への見返りが大きいとも言えます。プログラミング言語は独学でも学ぶことができ、Javaも例外ではありません。あなたもこれからJavaを学んでみませんか?

この記事では、独学でJavaを学びたい未経験者およびエンジニアの方のために、独学でのJavaの勉強方法についてお伝えしていきます。最終的には、必要な情報を検索しつつ、プログラミングが進められるレベルを目指します。ぜひご一読して、あなたもJava使いの仲間入りを果たしましょう。

目次

  • 未経験者(ビギナー)向けの勉強方法
  • エンジニア(他言語習得者)向けの勉強方法

未経験者(ビギナー)向けの勉強方法

それでは、未経験者(ビギナー)向けの学習方法から説明していきます。基礎から着実に勉強していきましょう。

未経験者の場合の学習の流れ

コンピューター(IT)の基礎知識の学習

プログラミングは、いうなればコンピューターに対する命令なので、コンピューター全般の知識を持っていたほうがよりスムーズに学習できます。パソコンの動作原理やネットワーク、ハードウェア、ソフトウェアなどの幅広い知識を得ておきましょう。「コンピューターの構成と設計/ジョン・L. ヘネシー, デイビッド・A. パターソン著/日経BP社」が、非常によくまとまっているので、ぜひご一読することをおすすめします。上下巻に別れた分厚い本ですが、5版まででている名著なので、時間をかける価値はあります。

Javaの言語構文の学習

コンピューターの基礎が理解できたら、Javaの言語構文の学習を始めましょう。ウェブ上の情報では少々心もとないので、「スッキリわかるJava入門/中山 清喬, 国本 大悟著/インプレス」などの入門書を片手に進めるとよいでしょう。書いてあることを読むだけでなく、必ず自分の手で入力して、動作を確認してください。漢字のように、プログラムも書いて覚えるものです。

Javaライブラリの学習

他の言語と同じく、Javaにも豊富な標準ライブラリがあります。初心者の方が一気に覚えるのは無理があるので、書籍にでてきたものから順番に覚えていきましょう。後は、使う前に調べるようにしていけば、自ずと頭に入っていきます。ファイルの入出力やネットワーク、数値計算など、一般的な処理は標準ライブラリで事足ります。自分で書く前に、標準ライブラリに似たようなものがないか調べてみましょう。もちろん、学習目的として自分で書くというのはアリです。

簡単なプログラムの作成

Javaが一通り書けるようになったら、簡単なプログラムを作成してみましょう。コマンドラインで動作するツールを作ってもいいですし、GUIライブラリを活用した電卓などを作ってみてもいいでしょう。あなたが作っていて楽しめるものにしましょう。ここまでくれば、後は調べながらでもプログラミングできます。続けて、サーバーサイドプログラミングやフレームワークについても学習しておきましょう。

おすすめのウェブサービス

プログラミング初心者の方には、オンライン学習サービスの「paiza」をおすすめします。学習レベルごとにプログラミングの問題が用意されていて、オンライン上でコードを提出すると、すぐに正解かどうか判定してくれる優れもののサービスです。ゲームのように、ひとつずつ問題をクリアしていく楽しさが味わえます。言語は、Javaの他、PHPRubyPythonなど多数の言語に対応しています。

未経験者がハマりがちなポイントと解決策

Javaは、オブジェクト指向を主軸においた言語です。しかし、初心者の方は、なかなかオブジェクト指向の考え方に馴染めないことが多く、Cのような手続き的なプログラムになりがちです。「なぜ、あなたはJavaでオブジェクト指向開発ができないのか/小森裕介著/技術評論社」という、うってつけの書籍があるので、この本でオブジェクト指向の考え方を身につけましょう。

独学で学ぶことのデメリットと解消策

独学で学ぶことの一番のデメリットは、周りにだれもいないので、サボりがちになることです。ついつい、「明日にしよう」という風になりがちです。そのため、周りの友達などと一緒に勉強するようにしましょう。競う相手がいると、モチベーションも上がります。また、TwitterFacebookなどのSNSでビギナー仲間を探すというのもアリでしょう。あなたの勉強仲間を見つけましょう。

エンジニア(他言語習得者)向けの勉強方法

次に、エンジニア(他言語習得者)向けの学習方法についてお伝えしていきます。習得済みの言語を足がかりにして勉強を進めていきましょう。

エンジニアの場合の学習の流れ

Javaの言語構文の学習

まずは、Javaの言語構文の学習から始めましょう。すでに取得している言語がC系の言語なら、キーワードが共通しているので覚えやすいでしょう。逆に、C系の言語を習得していない方は、取得済みの言語と対比しつつ学習を進めましょう。Javaの言語仕様は公式オンラインドキュメントが公開されていますが、英文なので最初から読み込むのはつらいでしょう。ここは「Javaポケットリファレンス/WINGSプロジェクト, 髙江 賢著/技術評論社」をおすすめします。改定されて最新のJava8にも対応しているので、上級者がサッとJavaを学ぶのに最適です。

Javaライブラリの学習

上で紹介したリファレンス本に主要なAPIが掲載されているので、どういったものがあるか覚えておきましょう。オンライン上の公式APIドキュメント日本語化されているので、とても参考になります。一通りざっと目を通しておきましょう。また、習得している言語でよく使っているAPIが用意されているのかもチェックしておくとよいでしょう。

サーバーサイドプログラミングの学習

現在のところ、Javaは主にサーバーサイドプログラミングで活用されています。そのため、JSP(Java Server Pages)やサーブレットの知識が必要です。サーバーサイド開発に特化した独学書籍、「独習Javaサーバーサイド編/山田 祥寛著/翔泳社」で学習しておきましょう。サーバーサイドを扱えるようになると、仕事の幅がグッと広がるでしょう。

主要フレームワークの学習

Javaには、Spring FrameworkPlay FrameworkJSFなどのフレームワークがあり、大抵はなんらかのフレームワークを使ってシステムを構築します。自社製のフレームワークを使っている企業も多いのですが、主要なフレームワークをおさえておけば、カスタマイズされたものも容易に扱えるでしょう。各公式サイトのドキュメントを参考に学習を進めてください。

独学で学ぶことのデメリットと解消策

エンジニアの方は、忙しい方が多く、「なかなか独学で勉強している時間がない」という方も少なくありません。仕事に手一杯で、新しいことが始められないという方は、仕事を通じて学習をしてみてはいかがでしょうか?慣れた仕事よりも時間はかかりますが、これから学習したい仕事を受けることで、学習しながら仕事を進めることができます。まずは、簡単な仕事から始めてみましょう。

まとめ

Javaの独学での勉強方法がお分かりになりましたか?Javaは、未経験者の方であっても、十分独学で学習を進めることができます。世界で最も人気のある言語だけあって、情報源が豊富にあります。ウェブサービスサイト、書籍などを参考にして勉強を進めていきましょう。その際には、ハマりがちなポイントと独学のデメリットに注意してください。

また、エンジニアの方は、それほど苦労せずにJavaを取得できるでしょう。すでに学んでいる言語が、オブジェクト指向を主体とする言語であれば、なおさらです。ウェブ上の情報だけでも学習を進めることができますが、書籍からまとまった情報を得たほうが学習をよりスムーズに進められるでしょう。習得している言語とどう違うのか、比較しながら学習していきましょう。

あなたはどんな方法でJavaを勉強しますか?

>>リモートワーク案件も充実!Javaのフリーランス求人案件をクラウドテックで探す

関連記事