可能性は無限大?フリーランスデザイナーの未来を考える


デザイン関係の仕事は、あらゆる分野に関わっていることから、広がりをみせています。グラフィックデザイナー、webデザイナー、ファッションデザイナー、インテリアデザイナー、フラワーデザイナーなど、様々な分野から派生して新しいデザイナーが誕生しています。それぞれのデザイナーの年収や必要なスキル、フリーランスとして成功するための秘訣を紹介します。

 

デザイナーの種類やそれぞれの年収は?

引用元:GATAG フリー絵画・版画素材集

ハローワークインターネットサービスには、商品装飾展示を行う「ディスプレーデザイナー」インダストリアルデザイナー、クラフトデザイナー、プロダクトデザイナーなどを含む「工業デザイナー」、CGデザイナージュエリーデザイナーなど様々なデザイナーの項目があります。このなかから代表的なデザイナーの年収やスキルを紹介します。

  • グラフィックデザイナー

パッケージデザイン含む広告やポスター、印刷物をデザインするグラフィック分野から派生して、ブックデザイナーや書体デザイナー、タイポグラフィデザイナーなど専門分野に特化したデザイナーが誕生しています。

グラフィックデザイナーの平均年収は300万円から400万円。服装や髪形が自由な職場ですが、勤務時間が長く、休みがとれないなどの悩みを抱えている人が多いです。資格は必ず必要というわけではありませんが、スキルの証明やスキルを磨くためにDTP検定やIllustratorクリエイター能力検定などの資格を持つ人もいます。

  • webデザイナー

webサイトのデザインを手掛けるwebデザイナーの平均年収は、300万円から400万円で、webディレクターやwebプロデューサーになるともう少し高い給料が見込めます。webデザイン分野も勤務時間が長くなりがちで、残業が続くこともあります。全体的に夜型の企業が多く、フレックス制を導入している企業もあります。

また、資格がなくてもwebデザイナーを名乗ることはできますが、国家資格であるwebデザイン技能検定やwebクリエイター能力認定試験などの資格があります。

  • ファッションデザイナー

服飾関係では、他に、アパレルデザイナーやテキスタイルデザイナーなども存在します。服、鞄、靴などトータルデザインを行うファッションデザイナーの平均年収は、600万円から700万円。

最新のファッションアイテムが安く(無料)で手に入るなどの良さもありますが、服飾関係も、泊まりこみでの仕事や残業が多く激務で辞める人が多い職種です。スキルアップのための資格としては、パターンメーキング技術検定や洋裁技術検定試験などがあります。

  • インテリアデザイナー

インテリアデザイナーの平均年収は、400万円から500万円。やりがいを感じる仕事ですが、休みがとれないなどの悩みを抱えている人が多いです。スキルに関しては、インテリアコーディネーターやインテリアプランナー、インテリア設計士などの資格があります。

 

デザイナーの人口は?

引用元:pixabay

平成21年に実施された特定サービス産業実態調査(経済産業省)によると、デザイン業事業所数7747事業所のうち従業者数は3万5441人デザイン業務の事業従事者数は3万5678人です。調査対象は、デザイン業務を行う事業所に特化して行っています。平成17年国勢調査では、職業(小分類)デザイナーに該当する者の数は、全国で164,741人となっています。国勢調査は、5年ごとに実施され平成27年9月10日にインターネット、調査票にて調査が行われるため、今回の調査でデザイナーの人口に関する最新情報が明らかになります。

 

フリーデザイナーと会社員デザイナーの違い。

引用元:pixabay

会社員のデザイナーは、給料が毎月もらえます。福利厚生もあり、安心した生活が保障されています。しかし、拘束時間が長く、自由な時間がないというのが会社員デザイナーの悩みです。

反面、フリーデザイナーになれば長時間労働からは解放され時間は自由になりますが、安定した給料が得られるかどうかは自分次第です。また、営業や税務関係などデザイナー以外の仕事もすべて1人でこなさなければならず、会社員時代の給料と比べて激減し、失敗するデザイナーも多く存在します。

また、会社員の場合は、デザイン力、企画力、コミュニケーション力、プレゼン力が必要とされますが、フリーのデザイナーの場合、これらの能力に加えて営業力も必要になります。どんなにすぐれたデザイン力があっても、仕事を受注できなければその力を発揮することはできません。

 

成功への秘訣は新規顧客開拓にあり。

引用元:pixabay

会社員時代は、大手企業を相手に仕事をしていても、フリーデザイナーになると同じように大手企業と仕事ができるとは限りません。HPやチラシを制作し、営業活動をしても仕事を得られる保障はありません。

稼いでいるフリーのデザイナーと稼げていないフリーのデザイナーを比べてみると、稼げていないフリーのデザイナーは、デザインのことばかりで、ポートフォリオやホームページなどのプロフィールが充実していないことがわかります。また、フリーのデザイナーとして独立したばかりのころは、紹介による仕事があってもそれがいつまでもあるとは限りません。

紹介やコネに頼らず、良い時も悪い時も営業時間に時間を費やすこと、新規顧客を開拓することが大切です。

 

稼ぐフリーランスデザイナーになるために。

引用元:PAKUTASO/ぱくたそ 無料写真素材

フリーランスのデザイナーとして成功するために必要なことは、「仕事を得ること」すなわち営業活動です。効率の良い営業活動の一つに、「クラウドソーシングの利用」があります。これを利用すれば必ず仕事を得られるわけではありませんが、新規顧客との出会いの場として、より多くの人にあなたを知ってもらうきっかけになります。ただ、仕事が来るのを待つだけでなく、積極的に応募しましょう。

また、他のフリーランスデザイナーが持っていない、自分自身の強みを見つけ磨きましょう。強みとは、あなたが持っている力やアイデアです。この強みが、他のデザイナーではなく、あなたに依頼したいと思う動機づけになり、あなたの仕事の付加価値になります。

今は、会社員、契約社員、アルバイトと同じようにフリーランスデザイナーになれる道が用意されています

デザイナーとして会社に勤めているけれど、両親の介護が必要になり実家に帰る必要に迫られた。夫が地方に転勤になり、そこはデザイナーとして働ける環境がなかった。など、フリーとして働いた方が儲かるからという理由だけでなく、生活環境の変化によってフリーに転身せざるをえない人も多い今、フリーランスデザイナーという働き方は、選択肢の一つとして選ばれています。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事