フリーランスのWebディレクターになるために必要なスキルと取得するべき資格

フリーWebディレクターになるためのスキルと資格

Webデザイナーの次のキャリアとしてWebディレクターを考えてみませんか?いうなれば、熟練したプログラマーがシステムエンジニアを次のキャリアとするような形ですね。WebディレクターにはWebデザイナーとしての知識が必須なので、今までの知識を十分に活かすことができるでしょう。もっとクライアントと近い位置に行きたいと思っている方におすすめします。もちろん最初からWebディレクターを目指すこともできるでしょう。

この記事では、

  • 次のキャリアとしてWebディレクターを考えているフリーランスの方
  • いまからWebディレクターになろうと考えているフリーランスの方

のために、Webディレクターに必要なスキルと取得するべき資格をお伝えしていきます。ぜひご一読して、あなたのキャリア形成に活かしてください。

Webディレクターってどんな仕事?

ディレクターという言葉はさまざまな業種で使われており、業種によって仕事内容も変わってきます。Webディレクターは、プログラマーやデザイナー、ライターなどの制作に関わるスタッフを監督し指揮する立場にあります。また、制作スケジュールの管理や成果物の品質管理も担当します。プランナーなどの他の業務を兼任することもあり、企画やクライアントとの打ち合わせ、サイト設計を行う場合もあります。Webディレクターは、さらに下記の4つのタイプに細分化できます。

企画系

社内に制作部署があり、企画の提案が中心となるタイプ。

営業系

主に制作の進行管理や制作の依頼を行うタイプ。

アート系

クライアントや制作スタッフとの打ち合わせを行い、両者の橋渡しをするタイプ。

システム系

よりシステムに近いディレクションやサイト設計が中心になるタイプ。

Webディレクターに必要なスキル

次に、Webディレクターに必要なスキルを紹介します。上述したタイプによって必要なスキルは変わってきます。そのため、どのタイプで重要になってくるのかも合わせて説明していきます。

制作スキル

どのタイプで重要か?

すべてのタイプ

なぜ必要か?

システムエンジニアになるためにはプログラミングができることが必須です。Webディレクターも同様にデザインができなければいけません。自分が理解していないものを伝えるのは不可能ですし、デザイナー業務と兼任する場合もあります。また、企画を提出する際にはデザインカンプを作成する必要があります。

文書作成スキル

どのタイプで重要か?

企画系、アート系

なぜ必要か?

企画を行ったり、打ち合わせを行ったりする際には資料が必須です。相手にうまく内容を伝えるためには、わかりやすい資料を作らなければいけません。そのため、ExcelやPowerPointなどでの文書作成スキルを磨いておく必要があります。

情報収集スキル

どのタイプで重要か?

企画系

なぜ必要か?

企画を行うためには、競合サービスやサイトのリサーチをしなければならないでしょう。ユーザーのニーズや現在の流行などを知るためにも情報収集スキルが必要です。ネット上の情報はもちろん、新聞や雑誌、取材などで多角的に情報を集められることが望ましいです。また、集めた情報を適切に整理できなければいけません。

コミュニケーションスキル

どのタイプで重要か?

企画系、営業系

なぜ必要か?

クライアントやチームメンバーとのやり取りが中心となるタイプでは、コミュニケーションスキルが非常に重要になります。司令塔となるディレクターは、プロジェクトが円滑に進むように関係者の橋渡しをしなければいけません。相手の話をよく聞き、相手が理解できる用語を使って話しましょう。

テクニカルスキル

どのタイプで重要か?

システム系

なぜ必要か?

システムよりのタイプでは、当然のことながらテクニカルな知識を求められます。HTMLやCSS、JavaScriptなどの技術に精通していなければチームメンバーとの打ち合わせもできません。サーバーやネットワーク、最近流行りのクラウド技術についても知っておくべきでしょう。移り変わりが早い業界なので、常に最新情報を仕入れておきましょう。

取得するべき資格

次に、Webディレクターになるために取得するべき3つの資格を紹介します。どれもWeb検という株式会社ボーンデジタルが実施する検定です。同社はDTPや3DCGなどデザイン分野の書籍を発行している企業でもあります。

Webリテラシー試験

概要

Webデザイナー、Webディレクター、Webプロデューサーに最低限必要な共通知識を集めた検定です。Web制作に関する幅広い知識を得ることができます。入門者の方は、まずこの資格からはじめてみるとよいでしょう。

対象者

  • Webに関わる仕事を目指している方
  • デザイナーやディレクターとして働いている方
  • Webに関する標準的な知識を得たい方

合格率

55.2%(2015年3月31日時点)

Webデザイナー試験

概要

プロのWebデザイナーとして働く際に必要になる、デザインルールやHTML/CSSの知識、アクセシビリティへの対応などを実務で実践するための知識が得られます。サイトの設計からデザイン、プログラミングまでWeb制作の一連の流れが含まれます。デザイナー、ディレクターどちらにも必須の知識です。

対象者

  • Webデザイナーを目指している方
  • Webデザイナーとして働いている方

合格率

51.4%(2015年3月31日時点)

Webディレクター試験

概要

Webディレクターに求められる、Web制作のスケジュール管理や企画のための情報分析、サイトの設計、マーケティングなど幅広い知識が得られます。デザイナー+アルファの知識としてぜひ取得しておくべきでしょう。なお、一部試験範囲は上述のWebリテラシー試験と重複しています。

対象者

  • Webディレクターになろうと考えている方
  • Webディレクターとして働いている方
  • Webサイトの更新・運営業務を担当する方

合格率

43.1%(2015年3月31日時点)

他のディレクター職の種類

最後にWebディレクター以外のディレクター職にどんなものがあるかを紹介します。興味がある方は他の職種も検討してみてはいかがでしょうか?

アートディレクター

アートディレクターは、広告や商品パッケージ、雑誌などの視覚表現(デザイン)の総括的な監督をする職業です。クライアントや社内の担当者と打ち合わせをしてデザインの方向性を決めていきます。その際には、実際にどんなデザインを考えているか示す必要があるため、自身でデザインできることが必須になります。デザイナーと兼任して自分で最終的なデザインを行う場合もあります。

開発ディレクター

アプリやWebサービスなどのソフトウェア開発のディレクションを行う職業です。企画にはじまり、設計や開発の方向性など全体を監督する役割を担います。また、ユーザーの反応やデータを分析して問題点を洗い出し、解決策を考えることも仕事のひとつです。チーム全体のマネジメント能力が求められます。

ゲームディレクター

ゲームディレクターは、現場で指揮をとる現場監督です。似たような職業にゲームプロデュサーがありますが、仕事内容的に別の職業になります。プログラマーやデザイナーに指示を出して監督・演出を行います。プロジェクトリーダーのようなものですね。企画から運用・保守まで一貫して関わりを持ちます。

まとめ

必要なスキルや資格がおわかりになりましたか?ご自分にないスキルや資格があったなら、さっそく習得に向けて書籍などを活用して学習をはじめましょう。Webディレクターは最も需要のあるディレクター職で、クラウドテックの案件を例に上げるとディレクター案件のおおよそ7割程度がWebディレクション案件になっています。とはいえ、他にもディレクター職はいろいろとあります。Webディレクターだけに限らずにあなたに合った職種を選びましょう。あなたはどんなディレクターになりたいですか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事