編集者・校正者求人・案件

編集者・校正者求人・案件の特徴

1 img editor

発注企業は自社メディアを保有する大企業からメディア運営ベンチャーまで幅広くなっています。
外部企業から受託にてメディア運営を行う会社やコンテンツ作成企業も含まれます。
ライター業務と同列で募集されるケースと社内外ライターへの発注業務やディレクション業務を中心とした募集とがあり、メディア運営全般のスキル保有者ニーズが最も高くなっています。
案件総数は職種としてはさほど多くなく、ライター募集と同数程度となっています。今後も安定的な募集がなされる市場と見られており、フリー編集者や校正者で経験や得意ジャンルがマッチすれば、参画希望が叶いやすいと言えるでしょう。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

月単価30万円台半ばから40万円ほどでの募集が多く、時給にして2000円~3000円がひとつの目安です。
特定の市場や業種に特化したメディアが多いことから、同業種での就労経験や予備知識があると有利と言えます。特に医療や法務・税務分野ではこの傾向が強いと感じます。
編集校正をスムーズに進める上で、コンテンツテーマを深ぼるリサーチ力やライターやコーダー・サイト開発者との連携力は必須となりますので、強みを伝えられる経歴書が用意できると良いでしょう。
週2・週3案件や在宅案件も少数ながらあります。下記より会員登録の上、得意分野や経験を担当キャリアサポーターまでお伝え頂けると案件獲得を優位に進めることが出来ます。

編集者・校正者の公開求人・案件

240,000円〜480,000円/月

16人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地白金高輪駅
職種校正・編集
スキル校正・編集

240,000円〜480,000円/月

11人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地目黒駅
職種校正・編集
スキル校正・編集

240,000円〜480,000円/月

12人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地白金高輪駅
職種校正・編集
スキル校正・編集

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

記事やコラムを誌面やWEBサイトに掲載できる内容に仕上げる編集・校正

編集・校正は、雑誌やWEBメディアの記事やコラムについて、その企画や、制作作業の進行管理などを担い、誌面やWEBサイトに掲載できる内容に仕上げます。具体的には、記事やコラムのテーマやターゲットなどの方向性の策定、掲載ページの構成、制作スケジュールの策定、ライターへの原稿執筆依頼、原稿の回収・チェック・修正などを行います。なお、求人サイトでは、特定のジャンルについて、読者の興味・関心が高いテーマの記事やコラムをまとめたWEBメディア「キュレーションサイト」の編集・校正を担う人材の募集が多いです。それは、魅力的なコンテンツのWEBサイトづくりを通して集客を行う「コンテンツマーケティング」に取り組む企業が多く、それに伴い、WEBコンテンツの編集・校正のニーズが高まっているからです。コンテンツマーケティングが注目される理由は、検索サイトやソーシャルメディアが情報の検索・共有・拡散ツールとして定着するなど、インターネットが私たちの日常生活にすっかり浸透したからです。つまり、WEBサイトのコンテンツが、人々の興味・関心が高いテーマや情報を扱う魅力的なものであれば、たくさんのイッターネット利用者から検索・共有・拡散され、同時に、そのWEBサイトを運営する企業にとっては、大きなピーアールになり、集客につながります。

記事やコラムの編集・校正やライティングの実務経験が必要

WEBメディアの編集・校正に関しては、ライターが執筆した原稿のチェック・修正が仕事のメインになります。それは、ネット上で検索頻度の高いキーワードを自動で分析できるツールや、ブログ感覚で簡単にWEBサイトを制作・更新できるソフトウェアなどが普及し、そのようなツールやソフトを利用すれば、簡単に記事やコラムの企画・制作ができるからです。原稿のチェック・修正では、文字数、誤字脱字、段落構成、表現や言い回し、情報の正誤や事実関係など、原稿の語句・構成・内容をチェック・修正し、WEBサイトに掲載できるレベルに仕上げます。また、原稿を執筆したライターに修正すべき部分を指摘し、原稿の修正を依頼する場合もあります。そのため、正しい日本語の知識、分かりやすい表現ができる文章力、記事やコラムで扱うテーマや、その分野に関する専門知識などが求められます。また、そのような知識やスキルが求められることから、WEBメディアの編集・校正の求人案件では、ほとんどの場合、各種メディアの記事・コラムの編集・校正やライティングの実務経験がある人材を募集しています。なお、ライターに原稿の修正を依頼する場合は、Wordで作成された原稿をライターから受け取り、その原稿について、赤字や取り消し線表示で添削したり、文章中に注釈が挿入できるWordのコメント機能を利用し、修正が必要な部分に修正理由などを挿入してライターに送り返す…という流れが一般的です。