WEBディレクター求人・案件

WEBディレクター求人・案件の特徴

1 img webdirector

独自のウェブサービス運営会社や制作会社からのご依頼が多くなっています。
業務や参画するプロジェクトの一例として、自社メディアの運営業務や関連するディレクション業務、受託開発会社では、社内での制作ディレクション全般などが挙げられます。社外との調整や営業業務が含まれるケースは少ない印象です。
業界全体の人材不足もあり、案件数も高水準で推移しています。当面は案件数も現状程度~増加で推移すると予測されており、過去の経験を生かしての参画も新しい分野やサービスでの活躍も可能と言えるでしょう。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

単価相場に非常に幅のある職種です。稼働を検討するフリーランスの方々のスキル・業界経験も様々で、相場がつかみ難いと言えます。
月単価相場は40万円~90万円帯としておりますが、中央値はおおむね65万円~68万円です。
調整や折衝能力を求められるディレクター職ですので、稼働形態も週5常駐案件がほとんどです。
インハウスでのディレクター経験、デザイナー出身のディレクターや開発出身のディレクターにも強いニーズがあります。最近ではコミュニケーション力と合わせて新規サービスの立ち上げ経験者が重宝されているように感じます。
条件はマッチング精度により大きく上下することもあり、下記より無料登録をいただき、ご経験やスキルについてお伺いした上でピッタリな案件をご提案出来ればと思います。

WEBディレクターの公開求人・案件

400,000円〜450,000円/月

オフィス所在地飯田橋駅or渋谷駅
職種ディレクター
スキルWebディレクション

320,000円〜480,000円/月

26人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地恵比寿駅
職種ディレクター
スキルWebディレクション

320,000円〜480,000円/月

13人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地恵比寿駅
職種ディレクター
スキルWebディレクション

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

業務計画を策定して、スタッフたちに指示を出すディレクター

ディクレクターは、業務の進行管理「ディレクション」を担う職種です。具体的には、業務のスケジュールや方針などの業務計画を策定して、実際の業務を行うスタッフたちに指示を出します。また、成果物のクオリティチェック、クライアントなどへの業務進捗報告なども行います。ディレクションを担う業務の内容は、業界、企業、部署などによってさまざまです。例えば、IT関係の案件の場合は、WEBディレクション、アートディレクション、開発ディレクション、ゲームディレクションなどを担います。具体的には、WEBディレクションの場合は、WEBサイト内の文章・写真・動画などを企画・制作するWEBコンテンツ制作、WEBサイトのデザインの設計・コーディングなどを行うWEBデザイン、WEBシステムの設計・プログラミング・メンテナンスなどを行うWEBシステム開発などの業務について、それぞれ専任のディレクターが進行管理を担います。アートディレクションの場合は、WEBサイトに掲載する写真・動画や、ゲームのキャクター・操作画面などのヴィジュアルデザインについて、開発ディレクションの場合は、情報システムの設計・構築・運用などを行う情報システム開発について、ゲームディレクションの場合は、ゲームの企画・設計・デザイン・プログラミングなどを行うゲーム開発について、それぞれの進行管理を担います。

業務全体の進行状況を把握し、その状況に応じて適切な指示を出す

ディレクターには、そのディレクションを担う案件に応じて適切な業務計画を策定し、その計画通りスムーズに業務を進行させることが求められます。それには、業務に携わるスタッフたちを一同に集める定期ミーティングなどを開き、業務全体の進行状況の把握に努め、その状況に応じて、スタッフたちに適切な指示を出す必要があります。そして、精度の高い業務計画を策定したり、業務全体の進行状況を正確に把握するには、業務スケジュールを横棒グラフで視覚的に分かりやすく、かつ詳細に表示・管理できる「ガンドチャート」、業務全体が完了するまでに要す最短日数を割り出すのに便利な「アローダイアグラム」など、スケジュール管理に便利な図表を活用する必要があります。また、業務効率化に取り組めば、よりスムーズに業務を進行させることができます。業務効率化を図るには、ディレクションを担う案件毎に、いわゆる“PDCAサイクル”をしっかり回すことがポイントになります。そして、スムーズな業務進行や業務効率化には、実際に業務を行うスタッフたちの協力も欠かせませんので、そのスタッフたちをチームとして1つにまとめることが求められます。それには、日頃からスタッフたちとのコミュニケーションを心掛けることが大切です。