Webデザイナー求人・案件

Webデザイナー求人・案件の特徴

1 img webdesign

案件数が多いカテゴリーの一つで、中小企業から大手企業、また新規Webページ・コンテンツの立ち上げプロジェクトメンバーの募集など、様々なニーズがあります。Webサイト制作が主な業務ですが、企業が求めているものを画面上で実現できる人材の需要が高まっています。
Webデザイナーはデザイン系の案件の中では絶対的なニーズがあり、案件数も増加傾向にあります。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

Webデザイナー案件の単価相場は40~50万円となっていますが、案件数が多いため価格帯、稼働形態にも幅が出ており、週3~週5、リモート可能案件も多数あります。
特にWebページのデザインに加えてHTMLやJavaScriptなどのコーディングスキルを持ったデザイナーのニーズが高まっており、そのような案件は単価も高くなる傾向が見られます。
募集案件の数が非常に多くなっていますので、ワーカー様の条件を案件詳細と照らし合わせながら、よりスキルや経験にマッチングした案件をご紹介いたします。公開案件だけではなく非公開案件の数も増えていますので、まずは無料登録をおすすめしております。

Webデザイナーの公開求人・案件

〜520,000円/月

オフィス所在地青山一丁目
職種Webデザイナー
スキルスマートフォンサイトデザイン, スマートフォンアプリデザイン

〜480,000円/月

オフィス所在地新宿三丁目
職種Webデザイナー
スキルIllustrator, Photoshop

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

Webサイトに関する全般の業務を行うプロフェッショナル

Webサイトの製作全般に必ず必要になるのが、Webデザイナーという職種です。インハウスデザイナーの場合、おおまかなWebデザイン業務の進行フローは以下の様な形です。まず、プロジェクトチームの編成・打ち合わせから始まり、次いでワイヤーの製作・決定→ページデザインの製作→コーディング→社内決済・検証・調整→ローンチ、というような流れになります。
しかし、ひと口にWebデザイナーといっても、場合によって担当する業務が異なります。
大きな企業などでは、チームの編成による分業制が確立していることが多く、WebデザイナーはWebサイトの全体的なデザインテーマの監修や品質管理、実際のデザイン業務、打ち合わせなどがメインとなる場合が多いですが、中小企業などのWebデザイナーはそれだけに留まらないこともあります。上記の業務に加えて、HTML・CSSやPHPのコーディング業務、CMSへの組込み・立ち上げ作業、サーバーの契約・移転やドメイン取得・管理までも、Webデザイナーが行う場合も少なくありません。
プロジェクトや企業によって、こなさなければならない業務にかなり幅がありますが、いずれにしてもWebサイトのデザイン業務が中心となることに変わりはありません。

基本のデザインスキルに加えて、Webデザイン製作に関わる幅広い知識が必要

では、Webデザイナーに適した人物像とはどのようなものでしょうか。必要なスキルとしては、Photoshop、Illustrator、Dreamweaverなどを使ったデザイナーとしての基本的デザインスキルはもちろん、HTML、CSS等のコーディングスキルも重要です。
とは言え、現在ではWeb製作の分業化が進み、デザイナーに高度なコーディングスキルが求められる場面は減ってきています。しかし、コーディングを専門のコーダーに任せる場合でも、psdファイルのスライス作業をWebデザイナーが行う場合もあるため、ある程度のコーディング知識は必須と言えます。
特にCMSサイト製作の場合は、JavaScriptやphpのコーディング知識は必ず必要になるでしょう。
チームを作って製作を進めることが多いため、ディレクター、HTMLコーダーなど他の職種の方々と頻繁にコミュニケーションを取ることになります。業務をスムーズに進めるためにも、打ち合わせや、曖昧な部分のすりあわせを積極的に行う必要があります。
しかし、分業できるプロジェクトばかりではないため、たくさんの役割を兼任することも多いのも現状です。Webデザイナーは、デザイン業務だけでなく、Webサイト製作に関わる業務についての様々な知識と経験を持つ人材であることが望ましいでしょう。