1. フリーランス求人・案件のクラウドテック
  2. 求人・案件一覧
  3. セキュリティエンジニア求人・案件の特徴

セキュリティエンジニア求人・案件

セキュリティエンジニア求人・案件の特徴

1 img security

サーバー構築、ネットワーク構築時の設計業務と掛けあわせての募集と、インシデントを防止するための診断や対策業務での募集があり、共に募集事業主の規模は大規模な場合が大半です。
フリーランスへの依頼となる案件数はさほど多くなく、東京都心部での常駐案件ばかりです。
多くのエンジニアと協業作業となるため、リスクの説明やプロジェクトマネージメント能力がスピード感を意識した対応力と合わせて重視されます。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

月単価で約60~80万円が平均です。専門性が非常に高い職種のため、募集・応募共に少なくフリーエンジニアの活用があまり活発な職種ではありません。
しかし、データをクラウド保管とする企業の増加や、クラウドアプリケーション業界の活況を背景にセキュリティエンジニアのニーズは着実に増加しています。
業務委託の場合には、客先常駐での業務となりますので遠隔地からの作業や在宅での作業は原則出来ません。
職種上、非公開案件が大半となるため、フリーのセキュリティエンジニア様は是非下記より無料会員登録をしていただき、最新の非公開案件情報をお受け取り下さい。

セキュリティエンジニアの公開求人・案件

〜600,000円/月

18人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地新宿
職種インフラエンジニア
スキルインフラ構築

〜600,000円/月

16人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地新宿
職種インフラエンジニア
スキルインフラ構築

〜600,000円/月

オフィス所在地新宿
職種インフラエンジニア
スキルインフラ構築

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

企業の情報資産を守るセキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、企業内のITシステムやITインフラについて、コンピュータ・ウイルスの感染や、不正アクセスなどを防ぐセキュリティ対策を実施します。
セキュリティ対策は、企業の情報資産を守るために実施します。もし、セキュリティ対策を実施しないと、コンピュータ・ウイルスや、不正アクセスによって、個人情報が流失したり、重要な取引データやホームページが第三者に改ざんされるなどの被害を受けるリスクが大きくなります。
セキュリティ対策の具体的な施策としては…コンピュータ・ウイルスを検出・駆除したり、コンピュータ・ウイルスに壊されたファイルを修復する「ウイルス対策ソフト」の導入、インターネット経由によるコンピュータ・ウイルスの感染や、不正アクセスなどを防ぐ「ファイアウォール」の構築、「LAN」内で通信されているデータをモニタリングし、不正アクセスを検知するとアラームを表示する「侵入検知システム(IDS)」の導入、通信時のデータ内容を暗号化できる通信方式「セキュリティプロトコル」の有効化、ソフトウェアのセキュリティ上の欠陥を修正するプログラム「セキュリティパッチ」のアップデート、IDとパスワードの組合せによる「ユーザ認証」の設定、データの不正な改ざんを防ぐ「デジタル署名」の導入、セキュリティ上の脆弱性を発見するために、実際に情報システムへの不正アクセスやハッキングを試みる「ペネトレーションテスト」の実施…
などが挙げられます。

利便性との最適なバランスを取ることが大切

セキュリティ対策は、その施策を1つでも実施すれば、コンピュータ・ウイルスや不正アクセスによる被害を受けない…というものではありません。
しかし、数多くの施策を実施すればよいというものでもありません。
確かに、数多くの施策を実施すれば、その分、個人情報が流出したり、データやホームページが不正に改ざんされるリクスは減りますが、同時に、その分、さまざまな情報を手軽に収集できるインターネットや、大量のデータを一括処理できる情報システムの利便性が失われることになります。
例えば、外部WEBサイトへのアクセスを制限すると、閲覧できるWEBサイトの数が減ってしまいます。IDとパスワードによるユーザ認証が設定された情報システムは、IDやパスワードを忘れると利用できません。
つまり、セッキュリティ対策では、そのような利便性との最適なバランスを取ることが大切です。そのためには、現状の実務の実態を把握し、そのセキュリティ上のリスクを見極めた上で、最適なセキュリティ対策を実施する必要があります。
また、セキュリティ対策とコンピュータ・ウイルスの関係は、いわゆる「いたちごっこ」の状態です。
そのため、最新のセキュリティ対策技術と、新種のコンピュータ・ウイルスに関する情報、その両方について日頃から注意する必要があります。