1. フリーランス求人・案件のクラウドテック
  2. 求人・案件一覧
  3. モバイルエンジニア・スマートフォンエンジニア求人・案件の特徴

モバイルエンジニア・スマートフォンエンジニア求人・案件

モバイルエンジニア・スマートフォンエンジニア求人・案件の特徴

1 img mobile

スマホアプリの開発に代表されるモバイルエンジニアですが、募集元企業の規模を見てみると、このくらいの規模といったものはなく、上場企業から数名のスタートアップベンチャー企業まで多彩な案件があります。
多くの割合で新規アプリの立ち上げか既存アプリの開発案件へ参画いただくこととなります。
有名タイトルを運営する企業様案件に強い興味を持たれるフリーエンジニア様もいれば、少人数で役割も幅広いスタートアップでの案件に興味をお持ち頂くケースもございますので、一概にどういった案件で手を上げる方が多いとは言えません。
必要となるのはiOSかAndroid OSでの開発経験と該当スキルです。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

案件数が非常に多い職種のため、平均相場を明示することが難しいですが、50万円超から高額ですと100万円をゆうに超える案件があります。特に月100万円に届くような高額案件が多い職種です。
高額報酬での参画には過去に書かれたソースコード等での判断が多いため、日頃から公開可能なものをGitHub等で管理されていると良いでしょう。
iOSエンジニアやAndroidエンジニアと呼ばれることの多い当職種ですが、働き方の多様性もそれら職種同様に自由度が高いと言えます。在宅での勤務や半常駐での参画、週2~4での受注など、譲れない条件と可能ならばの希望とを担当キャリアサポーターまでお知らせください。
まだ無料登録をなさっていない場合、是非この機会に下記ボタンよりご登録ください。
登録やご相談に費用は掛かりませんので、ご安心してご利用ください。

モバイルエンジニア・スマートフォンエンジニアの公開求人・案件

560,000円〜800,000円/月

オフィス所在地六本木駅
職種スマートフォンエンジニア
スキルSwift

480,000円〜520,000円/月

オフィス所在地有楽町線麹町駅
職種スマートフォンエンジニア
スキルAndroid

640,000円〜800,000円/月

オフィス所在地恵比寿駅
職種スマートフォンエンジニア
スキルAndroid Java

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

スマホやタブレット端末で使えるアプリを開発するスマートフォンエンジニア

スマートフォンエンジニアは、スマートフォンやタブレット端末で利用できるモバイルアプリを開発します。モバイルアプリは、「Android」や「iOS」など、スマートフォンやタブレット端末用の「OS」の種類に応じて開発する必要があります。
OSとは、コンピュータ機器をユーザーの操作通り機能させるためのソフトウェアで、市販のパソコン、スマートフォン、タブレット端末などにプリインストールされています。OSのおかげで、例えば、スマートフォンやタブレット端末では、ホーム画面や文字入力画面のタッチパネル操作によって、アプリの利用、インターネット接続、メールの作成などができます。
スマートフォンやタブレット端末で利用できるモバイルアプリは、その搭載OSに対応したものに限定されます。例えば、Androidを搭載しているスマートフォンやタブレット端末の場合、利用できるモバイルアプリはAndroidに対応したアプリに限られ、iOSに対応したアプリは利用できません。
スマートフォンエンジニアは、そのようなモバイルアプリのプログラムの設計・作成や、リリース前の動作チェック、リリース後のユーザー動向の解析などを行います。

OS毎に異なるモバイルアプリの開発環境の違いを理解することが大切

モバイルアプリの開発環境は、そのモバイルアプリの対応OS毎に異なりますので、その違いをしっかり押さえることが大切です。例えば、モバイルアプリの開発で使用するプログラミング言語は、Android対応の場合は「Java」を、iOS対応の場合は「Objective-C」や「Swift」を、それぞれ使用する必要があります。
そして、音声認識機能、カメラ機能、位置情報取得機能など、スマートフォンやタブレット端末自体に搭載されている機能を利用したモバイルアプリも多く、スマートフォンやタブレット端末自体の機能や、その使い方をしっかり把握することも大切です。
また、モバイルアプリのリリース後も、モバイルアプリのユーザー動向を解析できるツールを使って、アプリの機能や操作性の改善、ヒットアプリの開発などに取組む必要があります。
モバイルアプリ用の解析ツールでは、ユーザー数、アプリがユーザーによく利用される時間帯、アプリの中での人気コンテンツなどのデータをチェックしたり、そのようなデータをユーザーの使用デバイス別や国別に集計することができます。さまざまな解析ツールがリリースされており、無料のものもあれば、有料のものもあります。さらに、SNSアプリ向け、ゲームアプリ向けなど、モバイルアプリの特徴に応じた解析ツールもリリースされています。