1. フリーランス求人・案件のクラウドテック
  2. 求人・案件一覧
  3. フラッシュエンジニア求人・案件の特徴

フラッシュエンジニア求人・案件

フラッシュエンジニア求人・案件の特徴

1 img flashengineer

FlashアニメーションエンジニアやFlashディベロッパー等とも呼ばれる制作者向け案件です。
最近ではソーシャルゲーム開発会社からの募集が増えており、アニメーションの制作経験が問われます。
緩やかに案件数が増えていることもあり、ゲーム業界での経験がなくともスキル次第で十分挑戦いただけます。
エフェクトやモーションの作成経験があると優遇され、短期間での参画が期待できます。過去に作成した作品やActionScriptをご用意いただけると面談までがスムーズです。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

40~50万円が相場と言われていますが、スキルと経験によりもう少し好条件での契約となる場合もございます。
ゲーム系Flashの業界経験が3~5年ほどあると非常に優位です。ゲームエンジニアとチームでの開発になることが多いですが、一部案件では在宅可のものがございます。現在抱えている業務との兼ね合いで、週2~3案件をご希望の際には、その旨お知らせください。
無料登録していただきますと、スキルと経験をお伺いの上で、公開案件・非公開案件の中からご提案を作成いたします。
ご不明点などございましたら、専任の担当者までお気軽にご相談いただけます。

フラッシュエンジニアの公開求人・案件

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

Flashでリッチコンテンツを制作するフラッシュエンジニア

フラッシュエンジニアは、ソフトウェア開発・販売のAdobe Systems社が提供しているソフトウェア「Flash Professional」を使って、WEBサイトやオンラインゲームなどに使用する動画やサウンドを制作します。
Flashは、「リッチコンテンツ」を制作する際の定番ツールです。リッチコンテンツとは、ビデオ映像・アニメーション・CGなどの動画や、BGMやナレーションなどのサウンドを組み込んだ、豊かな表現ができるWEBコンテンツのことです。
さらに、Flashでは、ActionScriptというプログラミング言語を使い、マウスやキーボードの操作に応じて画像・動画・サウンドが表示・再生・停止・変形・回転・移動するWEBコンテンツを制作することができます。
このようなFlashの機能を活かして、例えば、「マウスオーバー広告」を制作することができます。マウスオーバー広告とは、WEBサイトのユーザーがバナー広告にマウスカーソルを合わせる「マウスオーバー」を行うと、そのバナー広告が拡大表示されたり、動画が再生される広告です。
なお、フラッシュエンジニアがWEBコンテンツを制作する場合は「WEBディレクター」の指示に、ゲームコンテンツを制作する場合は「ゲームプランナー」の指示に、それぞれしたがって作業を行います。

WEBコンテンツの制作意図や目的を把握することも大切

Flashは、WEB広告のトレンドとなっている「インタラクティブ広告」の制作に欠かせないツールです。
インタラクティブ広告とは、マウスオーバー広告や、アンケートの途中集計結果を表示したり、SNSでシェアできるユーザー参加型のキャンペーンサイトなど、ネットユーザーのアクションと連動する仕組みの広告です。
その特徴は、ネットユーザーの自発的なアクションを通して、単に見せるだけの広告よりも、製品・サービスへの興味・関心をより引き付けられることです。
具体的には、製品・サービスの特徴の認知向上、それに伴うユーザーの購買行動の促進、SNSを介した口コミ拡散などの広告効果が期待できます。
このように、WEBコンテンツには、その制作意図や目的があるはずです。そして、フラッシュエンジニアは、その制作意図や目的をしっかり把握することも大切です。そうすれば、クライアントが望むクオリティのFlashコンテンツをスムーズに仕上げられるようになります。
そのようなレベルの高いフラッシュエンジニアを目指すには、日頃からWEB広告やWEBマーケティングに関する知識習得に努めたり、最新のWEB技術に興味を持つことが求められます。