1. フリーランス求人・案件のクラウドテック
  2. 求人・案件一覧
  3. クリエイター ・WEBクリエイター求人・案件の特徴

クリエイター ・WEBクリエイター求人・案件

クリエイター ・WEBクリエイター求人・案件の特徴

1 img creator

募集企業に傾向はなく、中小企業やベンチャー企業の募集もあります。
新サービスの立ち上げプロジェクトであればクリエイティブ全般、受託制作会社であればラフ作成から納品までをトータル的に関わるお仕事が多くなっています。
中小での募集ではスキルのカバー範囲が重要視される傾向にあり、企画~デザイン~コーディング~リリース後の保守まで総合的な技術と実績があるとニーズが強いでしょう。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

40万円台半ば~50万円台半ばでの募集が多く、制作スキルにより単価に差があります。
ウェブサイト立ち上げ全般のスキルに加え、jsが書ける・PHPが書ける・利用者の多いCMSでの制作経験やカスタマイズ経験があると優位でしょう。
フリーランスとして自前サービスの運営と業務委託の二足のわらじ等、働き方の自由度は高く、週3や週4はクライアント企業での常駐作業、他の日はご自身の業務をといったご希望に叶う案件も多数あります。在宅でのワークと組み合わせたい等ご要望はクリエイター様により異なるため、全てのケースをウェブ上でご紹介することが出来ません。一度無料登録いただきましてご希望を入力いただきますと、担当者より個別に案件のご案内をいたします。

クリエイター ・WEBクリエイターの公開求人・案件

〜640,000円/月

50人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地恵比寿
職種Webデザイナー
スキルPhotoshop

〜480,000円/月

21人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地恵比寿
職種2Dデザイナー
スキルPhotoshop

〜440,000円/月

オフィス所在地永田町、赤坂見附(どちらでも可)
職種Webデザイナー
スキルIllustrator

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

WEBサイトのデザインやコンテンツ制作を担うクリエイター・WEBクリエイター

クリエイターとは、印刷物、WEBサイト、ゲームなどについて、そのビジュアルデザインや、掲載・使用する画像・動画・文章の制作などを行う職種の総称です。クリエイターの中でも、WEBサイトのデザインやコーディングを行うWEBデザイナーや、WEBサイトのコンテンツとなるイラスト、映像、文章などを制作するイラストレーター、映像クリエイター、ライターなど、WEBサイトの制作に携わるクリエイターがWEBクリエイターです。そのため、WEBクリエイターには、「Illustrator」や「Photoshop」などのイラストレーションソフト、「Dreamweaver」や「WordPress」などのWEBサイト制作・編集ソフト、「Flash」などの動画・アニメーション制作ソフトなどを使いこなせるスキルや、「HTML」、「CSS」、「Java Script」などのマークアップ言語やプログラミング言語でWEBサイトの表示内容を記述するコーディングのスキルが求められます。例えば、WEBデザイナーは、WEBディレクターの指示にもとづき、PhotoshopやIllustratorでWEBサイトのリリース時のヴィジュアルイメージ「デザインカンプ」を制作したり、デザインカンプをもとに、WEBサイトのデザインをコーディングで整えます。

WEBサイトのリリースまで対応できるスキルが求められる場合も

トレンドが急速に移り変わるWEB業界に身を置くWEBクリエイターは、最新のWEB技術に対応できるように、日頃から、そのキャッチアップに努める必要があります。例えば、スマートフォンなどのモバイル端末の急速な普及を背景に、WEBクリエイターに「レスポンシブWEBデザイン」に対応できるスキルを求めるケースが多くなりました。「レスポンシブWEBデザイン」とは、パソコン、スマートフォン、タブレット端末など、WEBサイトを閲覧するデバイスの違いを自動的に認識して、そのデバイスの画面サイズに合わせてWEBサイトを表示できる技術です。なお、案件によっては、WEBサイトをデザインしたり、そのコンテンツを制作するだけではなく、最終的なWEBサイトのリリースまで対応できるスキルが求められることもあり、そのような案件が増えつつあります。それは、WEBサイトの制作技術の進歩に伴い、専門知識がなくても、簡単にWEBサイトが制作できるようになったからです。例えば、DreamweaverやWordPressなど、自動でWEBサイトのコーディングや更新ができるWEBサイト制作・編集ソフトを活用すれば、コーディングに必要なマークアップ言語やプログラミング言語の知識がなくても、WEBサイトのデザインを整えたり、WEBサイトを制作することができます。実際、WEBサイトのリリースまで担う案件では、DreamweaverやWordPressなどの使用経験・スキルが求められることが多いです。