1. フリーランス求人・案件のクラウドテック
  2. 求人・案件一覧
  3. クラウドエンジニア求人・案件の特徴

クラウドエンジニア求人・案件

クラウドエンジニア求人・案件の特徴

1 img cloud

募集企業様は大規模な企業様が中心となります。
ここではクラウドに特化したインフラエンジニア向けの案件を指し示しており、クラウドアプリケーションの開発を担うエンジニア案件をお探しの場合には、アプリケーションエンジニア案件をご確認頂けると良いでしょう。
WEBサービスの立ち上げや規模拡大などに合わせたAWSでの構築・運用案件が中心となり、案件数はさほど多い職種となります。
経験が重視される現場が多く、1社で長く同一運用を任された経験よりも複数サービスでの構築経験が歓迎されると言えるでしょう。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

週5での月あたりの単価相場は50万円~80万円帯に集中しています。
常駐案件が中心の職種となり、半常駐案件はほぼありません。
インフラエンジニア向け案件数がじんわりと減少する中でも堅いニーズのあるクラウド環境構築のエンジニア案件は、大々的に募集されることは少なく、非公開案件や社名非公開案件として募集される場合が多くなっています。
クラウドエンジニア案件への参画をご検討の際には、一度無料でアカウント登録を行っていただき、弊社担当より案件のご案内をお受け取りください。

クラウドエンジニアの公開求人・案件

〜720,000円/月

オフィス所在地新宿御苑前
職種インフラエンジニア
スキルAmazon Web Service

〜660,000円/月

オフィス所在地渋谷駅
職種サーバーエンジニア
スキルC#

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

クラウド技術を活用した情報システムを開発するクラウドエンジニア

クラウドエンジニアとは、「クラウド」を活用した情報システムの設計・構築・運用を行うエンジニアのことです。クラウドとは、インターネットを利用することによって、さまざまなITインフラを持たなくても、リアルタイムで、かつ、場所を問わず、データの作成・保存・共有や、ソフトウェアの利用などが可能になる技術のことです。
そのクラウドを企業の業務に導入できれば、劇的な業務効率化とコスト削減が図れます。
例えば、クラウドを活用した情報システムは、普段職場で使っているパソコンからだけではなく、インターネットを利用できる環境であれば、持ち運びできるスマートフォンやタブレット端末などからも利用できます。
また、その導入にあたって、従来の情報システムのように、情報システムを企業内の個々のパソコンで利用するための「ネットワーク」や、情報システムで扱う膨大な量のデータを管理する「サーバー」、「ストレージ」など、各種ITインフラを設計・構築・運用する必要はありません。
そのため、各種ITインフラの設計・構築・運用を担うエンジニアたちも、長期間に渡る開発プロジェクトも必要ありません。また、開発途中の仕様変更や、開発後に見つかったプログラムミスなどへの対応で開発スケジュールが大幅に遅れたり、開発費が大幅に増加するなどのリクスも少なくなります。
つまり、クラウドによって、情報システムの開発に伴うコストやリスクを大幅にカットすることができます。

アピールすべきは、業務効率化とコスト削減への貢献度

応募の際、クラウドエンジニアとしての実績がある場合は、その実績を通して身に付けたスキルや知識だけではなく、業務効率化とコスト削減にどのくらい貢献することができるのかアピールすることが大切です。
企業にとって、クラウド導入のメリットは業務効率化とコスト削減です。そのため、今までにクラウドエンジニアとして、どのような業務を効率化したのか、そして、その業務について、どのくらいの時間・人員・コストをカットできたのか、ということがポイントになります。
また、インターネットを利用するクラウドには、コンピュータ・ウィルスやハッキングの被害を受けるリスクがあるため、インターネットに関するセキュリティ対策のスキルや知識があれば、アピールポイントになります。
長期継続的な求人案件では、クラウドのプロフェッショナルとして、クラウドを活用した新しいサービスの開発・提案が期待されることも考えられます。そのため、日頃からIT関連の最新技術やトレンドに興味を持ち、情報収集に努めることも大切です。
クラウドエンジニアに関する資格としては、「Cloud+認定資格」が挙げられます。実施しているのは日本にも拠点を持つグローバルなIT業界団体「CompTIA」で、クラウドエンジニアが業務を遂行するために必要なスキルを認定します。