Androidエンジニア求人・案件

Androidエンジニア求人・案件の特徴

1 img android

Android OS上でのアプリケーションを開発する案件です。一般にスマホアプリエンジニアとほぼ同義として扱われます。
Android Javaでの業務は、有名なゲームアプリ会社やウェブサービス会社をはじめ、ウェブ系ベンチャーまで幅広く案件をいただいております。毎年堅調に案件数も増加しており、フリーランスのエンジニアとして最も受注しやすいカテゴリではないでしょうか。
エンジニアさんのスキルや経験幅がある職種のため、月報酬の幅も広めになっています。
個人でアプリの開発経験がある場合にも是非アピールポイントに盛り込んでください。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

報酬は週5で常駐の案件を例にあげた場合、50万円~120万円と幅広く分布します。
実力一つで高単価案件をどんどん受注できる下地は十分にあります。iOSエンジニアと同様に当分は案件が豊富な職種です。
案件数が豊富なため、在宅勤務やミーティング以外在宅作業OKの案件もその分あります。個人で週に数日は別の業務に取り組んでいる場合などでもご応募頂ける案件がございます。週2からご希望日数に応じてご案内可能です。
単価重視や曜日固定での週3勤務など、ご希望をお伺い出来ましたら非公開案件含めまして最良な募集をご案内いたします。まずは無料登録より必須事項をご連絡ください。数営業日以内にご希望のヒアリング・案件のご提案をいたします。

Androidエンジニアの公開求人・案件

〜720,000円/月

13人のユーザーが
この案件を見ました!

オフィス所在地新日本橋駅
職種スマートフォンエンジニア
スキルAndroid Java

〜640,000円/月

オフィス所在地神谷町
職種スマートフォンエンジニア
スキルAndroid Java

〜600,000円/月

オフィス所在地新日本橋駅
職種スマートフォンエンジニア
スキルAndroid Java

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

Android搭載のスマホやタブレット端末で使えるアプリを開発するAndroidエンジニア

Androidエンジニアは、「Android」搭載のスマートフォンやタブレット端末で利用できるアプリを開発します。
Androidとは、google社が開発したスマートフォンやタブレット端末用の「OS」の1つです。OSとは、コンピュータ機器にユーザーの操作に応じた処理をさせるソフトウェアで、市販のパソコン、スマートフォン、タブレット端末などに搭載されています。
OSのおかげで、スマートフォンやタブレット端末では、タッチやスワイプで画面を操作すれば、アプリを利用したり、文字を入力することができます。スマートフォンやタブレット端末用のOSには、Androidのほか、「iOS」、「Windows Phone」などもありますが、スマートフォンやタブレット端末では、その搭載OSに対応したアプリしか利用できません。
つまり、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末で利用できるアプリは、Androidに対応したアプリに限られます。Androidに対応したアプリを開発するには、専用の開発キット「Android SDK」を利用し、プログラミング言語として「Java」を使用する必要があります。
Android SDKはJavaプログラムの開発キット「JDK」に依存しているため、利用するにはJDKも必要です。Androidエンジニアは、このようなAndroid対応アプリについて、プログラムの実装、リリース前の動作テスト、リリース後のバージョンアップなどを行います。

スマホやタブレット端末自体の機能に精通していることが求められる

Android対応アプリの中には、スマートフォンやタブレット端末自体の機能を活用したものも多く、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末に備わっている機能や、その使い方に精通していることが求められます。
例えば、Android搭載のスマーフォンやタブレット端末は、デバイス間で無線LANによる直接接続・通信ができる「Wi-Fi Direct」、電子決済などに用いられている、専用リーダーを介してデータ通信ができる「Felica」などに対応しており、そのようなAndroidならではの機能とクロスオーバーしたアプリもあります。
また、Androidのバージョンアップ情報に日頃から注意することが求められます。スマートフォンやタブレット端末のOSを新バージョンへアップデートすると、起動・機能しなくなるアプリがたびたび報告されています。そのため、アプリのリリース後も、Androidの新しいバージョンが公開されるたびに、その新バージョン上でアプリが正常に起動・機能できるかテストする必要があります。
なお、Android対応アプリをリリースするには、google社が運営するAndroid対応アプリのダウロードサイト「Google Play」にアプリをアップロードする必要があります。