3Dデザイナー求人・案件

3Dデザイナー求人・案件の特徴

1 img 3d

3Dデザイナー案件はゲーム開発会社様の募集を中心に、装飾品をはじめとしたプロダクトデザイン案件もあるなど、会社様の規模は様々です。そのため、スマホゲーム、PCゲーム、家庭用ゲームの開発現場、また指輪のデザイン制作現場などでのお仕事となっています。
3Dモデリング業務への従事となりますので、各企業様指定の3Dソフトの実績と経験が応募条件になることが多いでしょう。
案件数は一般的なデザイン案件と比較すると少数で、極端な増加や減少といった傾向は見えません。

平均的な単価相場・稼働形態

4 img

3Dデザイナー案件の単価相場は2Dデザイナーよりも高めの55~75万円程度が多くなっています。
超高単価案件も出る業種で、相場を大きく超えるケースも多々あります。
指定ソフトウェアの経験と該当業界での実績から適材を求めるケースが大半で、経験が浅いデザイナーは単価が上がりにくいと言えます。
リモート案件も一定数あり、週2や週3案件も含まれます。週4勤務、週5勤務となるにつれ、常駐案件が増える印象です。
ご希望の単価にあった案件や週3案件のご案内等、ご希望をお伺いした上で個別に案件をご紹介しております。ウェブに掲載出来ない非公開案件も多くございますので、まずは下記よりご連絡をお願い致します。

3Dデザイナーの公開求人・案件

〜600,000円/月

オフィス所在地外苑前
職種3Dデザイナー
スキル3Dモデル制作

〜560,000円/月

オフィス所在地都庁前
職種3Dデザイナー
スキルUnity, Photoshop

無料会員登録いただければ、
ご経験に合わせてもっとおすすめの
案件をご紹介いたします。

3DCADによるプロダクトデザインから3D系ゲームデザインまで多種多様

3Dデザイナーとは、3DCADを使って指輪などジュエリーのプロダクトデザインをしたり、3D系ゲーム内に登場するキャラクターやアイテムなどのあらゆる3Dオブジェクトのデザインをする職種です。
3Dデザインに使われるソフトには非常に多くの種類があり、業種や業界によって使われているものに大きな違いがあります。設計的な側面の強い3DCADの製作と、グラフィックデザインやゲームに利用する3Dデザイン製作とでは使われるソフトも違いますので、業務に合わせたソフトを選んで製作されています。
ジュエリーデザインの場合、複数の角度から見た2Dのデザイン画を元にして忠実な3D再現を行い、データに起こしていきます。製品として形あるモノを作る仕事なので、工作機械に使うNCデータとして利用することが多く、データの作成時には正確な寸法の再現も必要です。
ゲーム業界では、キャラクターデザインはもちろん、アイテムや背景画像、ゲーム画面のインターフェイスのパーツなど、3Dで作るすべての部分のデザインを手がけることになりますので、グラフィッカーチームの中でも重要なポジションです。モデリングだけに留まらず、テクスチャのマッピング、環境マップによるライティングのディレクションなども行う場合もあります。
どちらも、2次元的に描かれたイメージイラストを、3Dデータとして立体的に書き起こす仕事が多く、場合によっては自らイメージイラストを描いてそれを立体化させる作業も行います。

3Dデザインソフトでの製作以外にも、デッサン能力、2D製作の能力も必要

3Dデザイナーには、一般的なグラフィックデザイナーとは違う分野の知識が必要です。まず、人物やモノを立体化することが多いため、3Dとしてモノを捉えるデッサン能力が必要です。しかし、写実的なデッサンが上手いことと、独創的な発想やタッチは必ずしも比例しません。デッサン能力が高くても独自の発想力が乏しいと、クリエイティブなものを生み出す現場で力を発揮するのは難しいため、デッサンだけにとらわれず、柔軟な発想で自らの解釈をかたちにできるデザイナーであることが理想的です。
PCを使う技術では、前述のように業界や会社に合わせた3Dモデリングソフトのスキルはもちろん、Photoshopなどの2D系画像製作ソフトも使える必要があります。3Dソフトは業界や企業にもよって違いが見られ、ジュエリーデザインCADの場合は、Rhinoceros、FreeFormなどのCAD系ソフト、3Dゲームのグラフィック製作の場合はLightwave3Dや3dsMax、Mayaなどのソフトのスキルが必要でしょう。製作に使うソフトをチーム内で統一している場合も多いため、案件に合わせたソフトを使う必要があります。
2D系のデザインソフトは、テクスチャの製作に使います。細かい分業がなされているプロジェクトの場合、テクスチャクリエイターが製作してくれる場合もありますが、モデラーがテクスチャを製作することもよくありますので、マッピングの知識も磨いておくと望ましいでしょう。