40代SE(システムエンジニア)の現実(リアル)

課題・悩み システムエンジニア(SE)

40代SEの現実

引用元:写真AC

40代システムエンジニア。
読者の方はこの言葉から何をイメージされるでしょうか?
この記事は、40代システムエンジニアの実情を知ってもらった上で、40代のどんな
職種の人がシステムエンジニアになれるのか、また現在40代システムエンジニアの
人がどんな職種にジョブチェンジできるのかをお伝えします。
きっと、あなたの今後のキャリア構築に役立つと思います。

 

 

1.現在の40代SEの実情

・そもそもSE(システムエンジニア)とは

SEへの転職を考えている人で、そもそもSE(システムエンジニア)
とはどういった仕事をするのか、正しく理解していますか?
ここを理解していないと、転職活動やジョブチェンジは上手くいきません。
もし仮に就職できたとしても、思っていた仕事とは違う!、転職すべきではなかった!
等当人はもちろんですが、企業側にとっても不幸な結果となってしまいます。
ではSEとは何を行うのでしょうか?
「顧客からヒアリングを行いシステムの設計を行う。」
端的に言うとこうなります。
それでは具体的な仕事内容を次項で説明します。

・SEの仕事内容

SEの仕事は、顧客の要求を元に仕様を決定し、システムの設計を行います。
システム構築には以下の開発工程があり、SEは要件定義、 基本設計、
詳細設計、テストの主に上流工程を担当します。
ただし、企業やプロジェクトによっては、SEがプログラミングの一部
または全部を担当するケースもあることを覚えておいてください。

  • 要件定義:顧客からの要求をヒアリング、分析し、実現策を決定する。
  • 基本設計:システムを実現するための機能や構成を設計する。
  • 詳細設計:プログラムを作成するための細かい仕様を設計する。
  • 製造  :詳細設計通りにプログラムを作成する。
  • テスト :プログラムが設計通りに動作するかを確認する。
  • 導入  :システムを実際に稼働させる。

・40代SEの平均年収

では、システム構築の上流工程を担うSEの平均年収は、どのくらいでしょうか?
SEの平均年収は会社の規模や凝縮、前職までの職歴等によって異なりますが、
450〜550万円となります。
40代となると、もう少し平均年収は上になると思います。
ただし、未経験からSEへ転職やジョブチェンジした場合は、経験やスキルが
ないため、最初は450万円以下かもしれません。

2.40代で他職種からSEになれるのか?

・SEへ転職する際の年齢制限

あなたの職種は何でしょうか?
営業、経理、業務(調達、生産計画、出荷等)管理者、銀行員?
未経験者がSEになる場合の年齢は、20代までが圧倒的に有利です。
では、30代以降の40代ではどうなのか?
正直、非常に厳しいというのが現実です。
しかし、可能性がゼロではありませんのでご安心を。
次項以降で、SEになるための必要な能力について説明します。

・SEに向いている人

2-68
引用元:写真AC

未経験からSEになるには、最低限以下3つの能力が必要でしょう。

  • コミュニケーション能力
    SEは、顧客のニーズのヒアリングや解決策を分かりやすく説明する等
    顧客への交渉や調整が必要です。また、プログラマへ仕様の説明やチーム
    をまとめる等、SEにとってコミュニケーション能力は欠かせません。
  • ITに興味がある、ITトレンドに敏感
    スマホやITガジェット等ITトレンドに興味があったり、ご自身の仕事で
    EXCELやワードを駆使している人は、新しい技術や知識を積極的に習得したり、
    自分の力でシステム開発をした際にやり甲斐を感じることができます。
  • 体力、気力
    SEはただでさえ納期までの残業や顧客との折衝で忙しいのに、未経験からとなると働きながら仕事の流れやIT知識・技術を覚える必要があります。できる限り早く戦力となるため、40代だからこそ体力と気力が必要です。

・SEへ活かせる職種や経験、スキル

ここでは前述した能力に加え、SEになるために有利な職種や経験、スキルを
ご紹介します。
未経験からSEになるには、コミュニケーション能力が必要と述べました。
コミュニケーション能力が得意な職種と言えば・・・
まず思い浮かぶのが「営業」です。顧客へのヒアリングや説明、交渉が得意な
職種ですね。営業がSEに転身する場合は、開発工程最上流の要件定義をメイン
に活躍ができるでしょう。
次に有利と思う職種は「コンサルタント」です。顧客の要求を分析したり、課題
に対する解決策を提示する等、コンサルタントは開発工程の要件定義と基本設計
で活躍できると思います。
他に有利な職種は、職種ではないのですが業務に精通している人です。
例えば、経理が仕事で簿記や原価計算に精通していれば、それに関連したシステム
設計ができる可能性があります。
さらに、システムプロジェクトでエンドユーザや要求側としてプロジェクトに
携わった経験がある人は、SEの作成した基本設計書等システムドキュメントを
目にしたり、SEの仕事の流れを目の当りにしているので、SEの仕事をイメージ
できるので有利でしょう。
また、IT関連のSEと親和性がある職種からなら、SEになりやすいでしょう。
ITコンサルタントやサーバエンジニア、ネットワークエンジニア、テクニカル
サポート等です。

3.40代SEが他職種にジョブチェンジする場合

3-44
引用元:写真AC

・SEから経験無しで移れる職種

前述しました通り、SEの平均年収は450~550万円です。
SEがこの年収同等以下且つ未経験で移れる職種は何があるのでしょうか?
ざっとあげてみますと以下の通りです。(括弧内は平均年収)

  • Webデザイナー(380万円)、
  • ネットワークエンジニア(460万円)
  • サーバエンジニア(480万円)
  • テクニカルサポート(420万円)
  • ITコンサルタント(630万円)

やはり40代で未経験という観点でみると、SEと親和性が高い職種が有利だと
思います。
また、SEから全く畑違いの職種に移るための経験やスキルについては次項で
述べます。

・他職種に活かせるSEの経験やスキル

ここでは、SEが未経験からITとは畑違いの職種に就くための経験やスキルについて説明します。
SEの3大武器(スキル)は以下の通りです。

  • コミュニケーション能力
    顧客との交渉、調整能力に優れていれば、営業に転身できる可能性が高いです。
    ただし40代となると体力的に厳しいかもしれませんが、転職を検討している方は普段から運動する等身体を鍛えておきましょう。
  • IT(情報技術)スキル
    SEの一番の能力ですね。
    EXCELやACCESS、ワード等ITツールに精通していれば、総務や営業事務で重宝
    されるかもしれません。
  • 業務知識
    例えば生産管理、物流、経理、財務等の業務知識に精通していれば、その関連の
    職に就ける可能性があります。

・SEから他職種に移るための事前準備

最後に、SEから他職種へ転職、ジョブチェンジする場合の事前準備について説明
します。

  • 職歴や活かせる経験、スキル等の棚卸を行う。
    転職を行う際に一番大切な作業です。
    自分の職歴や経験等の棚卸をすることにより、どの職種に就けるのか、自分の
    アピールポイントを知ることができます。
  • 転職サイトや転職エージェントに登録し、他業界や転職動向を知る。
    これも、転職活動をする場合には必ず行って欲しい作業です。
    転職サイトに登録することにより、その時の転職状況や自分の経験やスキルを
    活かせる職種や求人を知ることができます。
    また、転職エージェントのキャリアコンサルタントから的確なアドバイスを
    受けることができます。
  • 年収が下がることへの覚悟をする
    転職するにあたり、ほとんどの場合年収が下がるものだと認識してください。
    年収が上がるのはヘッドハンティングやコネであって、大抵下がります。
    下がることを受け入れないと転職が成功する確率は低いです。
    もし、転職が成功して年収が上がったとしたら、あなたはラッキーです。

【まとめ】

「40代SE(システムエンジニア)の現実(リアル)」の記事は如何だったでしょうか?
「他職種からSEへの転職」「SEから他職種への転職」どちらの場合も、コミュニケー
ション能力と業務知識への精通、ITスキルやITへの興味が必要であることを述べました。
今後、他職種⇔SEの転職を検討している方は、この3つのスキルを磨くことをオススメ
します。

あなたの周りにSEへの転職やSEからの転職を考えている人はいませんか?
もしいるようでしたら、この記事を教えて頂けると幸いです。

関連記事

限界説なんてくつがえせ!輝く40代ITエンジニアになるための”いろは”

関連記事