ネットワークエンジニアの年収大解剖:実際、高いのか?安いのか?!

みなさんはネットワークエンジニアという仕事について、どんなイメージをお持ちでしょうか? もちろんネットワークの専門家ということは、名前からなんとなくわかると思いますし、どんな仕事をしているのかもご存知の方が多いかもしれませんね。 しかしながら、その収入となるといろいろなイメージがあるようです。というのも「一つの分野に特化したスペシャリストだから高給取りではないか」という方もいれば「ネットワークのことしか担当しないからそれほど稼げない」という方もいらっしゃるようです。 では実際にその年収はどのくらいなのか、この記事で探っていきましょう。 この記事では特に

  • ネットワークエンジニアの月給や賞与を探る
  • 平均年収、最高年収はどうなっているか
  • なぜ年収が高いエンジニアと低いエンジニアがいるのか
といったことを考えていきます。 ネットワークエンジニアの年収が気になる方には必見の記事です。ぜひご覧ください。

実際のところネットワークエンジニアの年収はどのくらいなのか!

さて、ネットワークエンジニアの年収を見ていきましょう。 公的な統計資料がなかったため、筆者がインターネットや周囲の人に聞き取り調査をした範囲で出てきた年収です。実際の声が反映されているため、一定の信ぴょう性はあると思いますよ。

ネットワークエンジニアの年代別年収

筆者の独自調査による年収は以下の通りでした。 20代:300万円〜400万円 30代:450万円〜550万円 40代:500万円〜650万円 50代:600万円〜900万円 さて、このような数字ですがみなさんの目にはどのように映りましたか?

ネットワークエンジニアの最高年収は1,000万円

ネットワークエンジニアの年収について調べていくと、最高年収は筆者が調査した限り1,000万円くらいのようです。 逆に最低年収は240万円程度でした。 さて、これらの年収をどのように解釈することができるでしょうか。 高い?安い?妥当?さまざまな評価があると思いますが、このような年収の上限や下限は考察するとある程度説明がつきますので、それを一緒に見ていきましょう。

ネットワークエンジニアの年収:天井がやや低いのはなぜか

ne_nensyu_img2 筆者は元システムエンジニアですが、システムエンジニアの年収とネットワークエンジニアの年収はほぼ同等かなというイメージです。ただ、システムエンジニアの上級職になると40代以降の年収の伸びはもう少し大きくても良いような気がします。 特に50代ではシステムエンジニアのキャリアを進めて巨大プロジェクトのマネージャーやコンサルタントのような職種に就くことで1200万円、1500万円という年収を獲得するのも可能だと思います。 これに対してネットワークエンジニアの場合は1,000万円ほどのようです。 おそらく、システムエンジニアは何十人、何百人というエンジニアを指揮する仕事であるのに対して、ネットワークエンジニアが指揮するエンジニアの数はもっと小さいと思われます。 そのため人数に焦点を置いた仕事の規模ではネットワークエンジニアの方が小さくなりがちです。 動かすヒトの数が少なければ、モノやカネといったビジネス上で大切な要素を動かす量も小さくなり、必然的にその責任度やミッションのクリティカル度も小さくなると考えられます。 この辺りが年収の頭打ちが生じる原因ではないかと思われます。 ただし決して誤解してはいけないことの一つとして、システムエンジニアとネットワークエンジニアの優劣を比べることはできないという点です。 専門性が高くなればなるほど、これらの職種がカバーする範囲は異なるものとなります。 よって、「システムエンジニアやシステムコンサルタント」と「ネットワークエンジニア」を比べることは野球選手と陸上選手の優劣を比べるようなものです。 内容や目指す方向性が全く異なるモノを比べても優劣はつけられないことをしっかり押さえておきましょう。

ネットワークエンジニアの年収にはなぜ差があるのか

調査を重ねていくと、ネットワークエンジニアは年収が低いというイメージを抱く方がいらっしゃるようです。 しかしながら、実際に年収を調べてみたところでは突出したスキルを持つシステムエンジニアなどを除けば、ネットワークエンジニアもSEもあまり変わらない年収を獲得しているようです。 年収が低いというイメージを抱かれる原因は、ネットワークエンジニアの業務の広さ、つまりネットワークエンジニアという言葉が指し示す業務領域の広さにあると思われます。

ネットワークエンジニアと呼ばれる仕事はこんなにある!

ネットワークエンジニアとは「コンピューターネットワークの初期設定や構築、運用、保守、プログラミング」を扱う仕事を指します。 この内容をもう少し深く見ていくと、以下のような仕事はすべてネットワークエンジニアとして扱われることがあります。
  • CCNPなどを取得したネットワーク機器のスペシャリスト
  • CCIE(※1)などを取得した国際的に活躍できるネットワークエンジニア
  • SIerとしてネットワークシステムの提案作りや営業、工事のスケジューリングや各種調整、業者手配などを行う仕事
  • ルータの配線と初期設定
  • ルータやレイヤー2スイッチ(レイヤー3スイッチ)の監視・保守
  • PBXのようなレガシーな通信設備を取り扱う技術者
  • ネットワーク部分を担当しているシステムエンジニアやプログラマ
など さていかがでしょうか? (※1 CCIEとはシスコシステムズが実施するネットワーク機器に関する資格試験。筆記試験だけでなく、ラボにおける2日間の実技試験や2年ごとの資格更新試験などがあり、世界最高峰のネットワーク試験と呼ばれている)

ネットワークエンジニアの年収が低いという誤解

ne_nensyu_img3 CCIEを取得した「国際的に活躍できるスペシャリスト」と「ルータの配線や初期設定を行うエンジニア」、どちらも「ネットワークエンジニア」と呼ばれることがあります。 よって、前者の場合は年収1,000万円と言われても不思議ではありませんし、平均的な年収であれば「低いのではないか?」という印象を持つ方もいらっしゃるでしょう。 逆に後者が平均的な年収を得ていても不思議ではありませんが、年収1,000万円超と聞けば「高すぎるのではないか?」という印象を持つかもしれません。 市販されているルータを一般家庭のインターネット利用のために設定する仕事であれば、コンピューターシステムに関わるネットワークエンジニアに比べると年収が下がっても不思議ではありません。 よって、ネットワークエンジニアと一括りに考えても、持っているスキルや対応できる業務範囲が全く異なることがあり、低い年収相応のスキルしか持たないネットワークエンジニアをイメージすると「ネットワークエンジニアの年収は低い」という印象を抱くかもしれません。

職種の年収より、スキル相応の年収と考えるべき

エンジニアとしては当然の考え方かもしれませんが「ネットワークエンジニアだから年収が低い」と考えるのは早計かもしれません。 もちろん、出会った案件や周りにいるネットワークエンジニアのスキルや年収に対する考え方による部分はあるものの、職種のイメージを年収の金額に当てはめてしまうのはあまり良いことではないと思います。 特にネットワークエンジニアを呼ばれる仕事は、上に書いたように非常に範囲が広い仕事のため、同じネットワークエンジニアの間でもスキル差が大きく異なります。 よって個々のエンジニアが持つスキルや担当する業務範囲や案件の規模によって、年収には大きな差が出ると考えておきましょう。

まとめ

ne_nensyu_img4 ネットワークエンジニアの年収はいかがでしたか? ネットワークエンジニアはシステムインテグレーターや運用保守を担当する会社に属していることが多く、その会社の給与体系に従えば一般的なシステムエンジニアやプログラマ、派遣社員と同程度の報酬になると思われます。 もちろん尖ったスキルを持つことでより報酬の良い企業や案件に変わることもありますし、逆に低い仕事に流れてしまうこともあるでしょう。 ネットワークエンジニアがカバーする業務範囲はとても広いため、同じネットワークエンジニアだからといって年収が同程度とは限らないこともわかりました。 さて、みなさんのスキルはどのくらいですか? 年収をしっかり押さえて、エンジニアとしてのキャリアパスや人生設計に生かしていきましょう!

関連記事