フリーランス成功への第一歩!事業専用の銀行口座を作った方がいい理由

課題・悩み

事業用とプライベート用で口座を分けた方がいい理由

引用元:イラストAC

副業やお小遣い稼ぎでクラウドソーシングを始めた人は、報酬をプライベートな口座に振り込んでもらっている人が多いかもしれません。しかし、もし開業届を出して青色申告で節税したいと思うなら、「事業用」と「プライベート用」で口座は分けた方がメリットは大きくなります。必ずしも分けなければいけないものではありませんが、後々「ビジネスを拡大したい」、「フリーランスとして頑張っていきたい」と思っている人であれば、なるべく早いうちに分けた方が何かとメリットが大きくなるのは事実。では、なぜ口座を分けた方が良いのかについてまずは考えてみましょう。

  • ビジネスの財政状況が把握しやすくなる
    個人事業主が作成する帳簿は、当然ですがビジネス(事業)に関わる部分になります。そのため、もし通帳1つで経理をしようとすると、記帳された一つ一つのお金の出入りを「これは事業用」「これはプライベート用」と分ける必要があり、事業の財政状態がどのようになっているのか把握するのも難しくなります。また税理士に相談するときにも、ビジネスの部分だけを切り離した通帳を示した方がお金の出入りがよく分かって時間の短縮につながるでしょう。
  • 複式簿記の管理がしやすくなる
    個人事業主として開業届を出し、控除額の大きい青色申告を選択すると複式簿記の記帳が求められます。複式簿記では「事業主貸」「事業主借」という勘定科目で事業所得に関する取引と、それ以外の取引を明確に仕分けしなければなりません。そのため事業用とプライベート用で口座を分けた方がお金の移動が分かりやすくなるのです。青色申告を選択するなら、口座を分けるのは必須です。
  • クラウド型会計ソフトを利用するメリットを受けられる
    オンライン上で帳簿付けを行うクラウド型会計ソフトを導入すると、今まで難しいと思われていた青色申告の複式簿記も比較的、簡単に行えます。その際、手動で入力するのではなく、口座の取引内容を「同期」させて自動で記録される機能を使うとより便利です。口座にプライベートな内容が混在していると、この便利な機能も効果的に使うことができなくなるので、できるだけ分けた方が良いでしょう。
  • 税務調査のとき困る可能性がある
    白色申告、青色申告に限らず、納税している人は誰でも税務調査を受ける可能性があります。税務調査が入ると収支に関わる様々な証拠書類を提示する必要があり、通帳の内容もチェックされます。そのときプライベートな支出が混在していると事業用として計上していないか疑いの目をかけられやすくなり、他人に見られたくない私的な内容まで提示しなければいけなくなります。不要な疑いをかけられないためにも、また調査をスムーズに終わらせるためにも、事業用のお金の出入りをはっきりさせておいた方が良いのです。

 

屋号名で口座を開設する方法とメリット

引用元:写真AC

クライアントに報酬の振込をお願いするとき、個人名より屋号名の入っている口座を指定する方が社会的な信頼は高まります。中には個人との取引を嫌う会社もありますので、屋号名の口座を持っておくことはビジネスをしていくうえで有効です。

通常、個人事業主は「屋号名+個人名」で口座を開設できます。ただし近年増えている詐欺犯罪を防止する意味から、開設の際は、名刺や開業届、確定申告の書類、ホームページを印刷した紙など、個人事業主としてビジネスを行っている証拠書類の提示を求められることがあります。以下に金融機関の種類ごとに特徴をまとめてみました。

  • メガバンク
    メガバンクは知名度も高く、信頼性が高いのが最大のメリットです。取引相手も同じ銀行に口座を持っていると振込手数料も安くなります。また主要な街に支店やATMがあり、全国どこに行っても使いやすいというのも大きな利点でしょう。今後引っ越しすることなどを考えているなら、メガバンクでの口座開設を検討した方が良いでしょう。ただし、個人事業主は自宅もしくは事業所から最寄りの支店窓口で手続きを行わなくてはいけません。また審査は厳しく行われるケースが多くなっています。
  • ネットバンク
    自宅からでもWeb上で管理しやすく、振込やコンビニのATM利用手数料が無料の銀行が多いなど利便性の高さは抜群です。最近では大手企業もネットバンキングを導入しており、知名度やセキュリティも上がってきましたが、まだまだ社会的な信頼が得られにくいこともあり、クライアントによっては取引を行う銀行として指定できないこともあります。口座開設の手続きは開業届や本人確認書類などの郵送で行われます。
  • 信用金庫
    信用金庫は地域の中小企業や個人事業主を対象としているため、フリーランスでも口座が開設しやすいのがメリットです。長く取引を続けて信頼を高めておくと、将来的に融資が必要になったときに相談をしやすくなります。メガバンクが駅前などに集中しているのに対し、信用金庫は住宅街にも店舗があるため普段利用するうえでは利便性が高いこともあります。

 

屋号名だけで振替口座が作れるゆうちょ銀行

引用元:写真AC

銀行や信用金庫で「屋号名+個人名」で口座を開設すると、屋号名は入りますが「クライアントに伝える振込先が長くなる」、「個人の名前を付けるとビジネスっぽくない」という声もあります。そのようなとき、検討したいのがゆうちょ銀行。ゆうちょ銀行は屋号名のみで振替口座を開設できます。

振替口座とは送金や決済に特化して開設する口座で総合口座とは異なります。ゆうちょの口座を持っている人同士ならATMや「ゆうちょダイレクト」を使えば手数料無料(「ゆうちょダイレクト」は月5回まで)で振替可能とお得なサービスもあります。振替口座に入金されたお金の払出しは申込時に指定するゆうちょ銀行か郵便局の貯金窓口でしかできませんが、プライベートな口座にお金を移動させれば受け取りもしやすくなるでしょう。

一方、振替口座には通帳が交付されません。しかし取引があるたびに「振替受払通知票」が郵送されてくるので、きちんとまとめておけば確定申告時の証明書としても使えます。また「振替受払通知票Web照会サービス」を使えば、ネット上での確認も簡単です。

 

帳簿付けや財政管理面から事業専用の口座を持っておいた方が良い、というのは分かっていただけたでしょうか? また目に見えない効果として、屋号名の入った通帳を手にした瞬間、個人事業主としての意識が高まるのは事実! 開業届を出したら口座の準備も忘れずに。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事