情報社会を陰から支える フリーランスでネットワークエンジニアとして活躍するには

ネットワークのインフラ整備を陰から支える重要な役割

引用元:pixabay

ネットワークエンジニアの仕事といえば「なかなか人目につかない」「業界以外の人にはイメージし辛い」といった意見が聞こえがちですが、様々なインフラ整備の立役者として、現在の情報化社会の基盤を支えている重要な仕事のひとつです。

企業勤めのネットワークエンジニアとして培った経験を活かし、独立してフリーランスで活躍したいと思った時にどんなことが求められるでしょうか。ここではネットワークエンジニアが独立するために必要な技術や経験について確認していきます。

 

企業勤めの時に積んでおきたい経験は

引用元:pixabay

近い将来フリーランスとしてやって行くために、どのような準備をしておけばいいのでしょうか。今すぐにフリーランスとして仕事がしたい!と思っている方も、ちょっと立ち止まって、下記のような経験をしっかりと積めているかチェックしてみてください。

 

  • 上流工程の担当と見積もりなどの作成経験

企業勤めのうちに経験しておきたい業務としては、上流工程に当たる案件の受注があります。フリーランスになれば、少人数で様々なフェーズの工程をこなさなければなりません。クライアントが増員や欠員の補強としてフリーランサーを希望したのであれば現場で学ぶことも可能ですが、やはりフリーランスのネットワークエンジニアとして一人前に業務をこなすためにはプロジェクトの一連の流れに対して、どこからでも担当できる必要があります。

特に、プロジェクトのスタート段階ではネットワーク設計に関する提案や見積もりなどの作成、提案といった、営業職に近い業務がより強く求められることがあります。しかも、先方がインフラ整備を行うためにかかる費用や設備がどのくらいかかるか、なぜその設備が必要なのか、などを理解している人ばかりとは限りません。専門的な技術をより分かりやすく伝える工夫などについても、身に付けることができます。

このような提案や営業職に近い業務は、数をこなすことでスキルアップできる要素の一つです。いきなりフリーランスになって焦らないよう、様々な案件の様々なフェーズを経験することを意識して、フリーランスへの準備を整えることがおススメです。

 

  • コミュニケーションを潤滑に保つ技術

中長期でクライアント先に常駐し、先方の社内エンジニアと連携して社内インフラを整備するような場合、社内エンジニアだけでメンテナンスが行えるよう、知識や技術を教示するよう求められることもあります。その際、企業勤めの時にリーダーや管理職として就業したことがあるかが重要なカギとなります。

社内エンジニアが存在せず、クライアント企業社内でPCに詳しいスタッフに説明する時はなおさら、判りやすい表現は何か、専門用語を使うのかなど考えるポイントがたくさんあります。

このような時にも焦らないよう、企業勤めの際に、クライアント、プロジェクトのメンバーといった業務に携わる人との関係を潤滑に保つ技術を磨いておくことは大切です。

 

日々勉強できるかが成功への分かれ道

引用元:pixabay

今後フリーランスに限らずネットワークエンジニアには「ネットワークの多様化に対する知識と経験を磨くこと」が強く求められると予想されます。

以前はネットワークといえば有線で実際にケーブルをPCなどに接続し、ウィルス対策やハッキングなどに対抗する社内の環境を整えることや、外部から企業サイトへアクセスしてきたユーザーへの挙動などを考えることが第一でした。

しかし現在は、スマートデバイスの普及により、業務にスマートデバイスを使用する企業が増えてきています。有線と無線のどちらもカバーするネットワークの構築と運用の経験は今後より一般的になり、ネットワークそのものも複雑化することが予想されます。

加えて、クラウドの普及やデータベースの複雑さがエンジニアの構築の足かせになることもあります。どのデバイスでどの環境からアクセスしても、必要な情報を引き出せる、しかしサイバー攻撃などには打ち勝たなければならない。そのために必要な作業は何なのか。

自身の経験から実感している人も多いでしょうが、ネットワークエンジニアの担当内容は他のエンジニアよりも移り変わりの激しい分野です。フリーランスになれば、今まで以上に知識量と対応力がモノをいうと肝に銘じておきましょう。

 

ベテランとしての経験がモノをいう世界

ネットワークエンジニアとして就業すると、ネットワークに負荷がかからない時間に出勤したり、休日の保守に呼び出されたりと大変なことが待っていることは、身をもって体験されていることでしょう。そのうえで営業をかけたり、次の案件の打ち合わせを繰り返したりと、そのサイクルに慣れるまでは気苦労が絶えないはずです。

決して平坦な道ではないですが、クライアントが使っているシステムが正確に動き始めるとやはり達成感を感じられます。その気持ちを忘れなければフリーランスになっても成功できる道が広がります。

そのうえで、日々の業務や自己鍛錬が忙しく営業に時間が割けない、そもそもあまり得意でないと感じている人は、クラウドソーシングのようなサービスを活用するほか、フリーランス専門のエージェントに登録するなど、直接の営業に関わる部分をシンプルに抑える方法がおススメです。営業をする時間が短縮されるだけでも、気持ちの持ちようがずいぶんと楽になりますよ。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事