探し方一つで仕事の質が変わる!今注目したいフリーランスの仕事探し

フリーランス基礎知識 案件獲得・営業

 

仕事を得るルートは紹介と営業が大半

引用元:pixabay

フリーランス(個人事業主)で働くことに憧れはあっても、仕事探しはどうすればよいのか、不安に思う人は多いことでしょう。在籍していれば毎月給与をもらえるサラリーマンと異なり、フリーランスは仕事をしないと収入を得る手立てを失ってしまいます。では実際にフリーランスとして働いている人は、どのようにして仕事を探しながら生活しているのでしょうか。

中小企業庁委託「小規模事業者の事業活動の実態把握調査~フリーランス事業者調査編」(2015年2月、日本アプライドリサーチ研究所)によると、「顧客を獲得するための方法」(複数回答)として第1位となったのは「既存の顧客からの紹介」で、47%とほぼ半数近い割合を占めました。第三者から紹介を受けて獲得した仕事としては、「友人・知人から」(36%)や「同業の企業・経営者から」(24%)、「異業種の企業・経営者から」(7%)を上回っています。つまり顧客に仕事内容が評価されると口コミや紹介が広がり、新しいビジネスチャンスが拡大していると言えるでしょう。

一方で、「自分の営業活動・売り込み」も第2位となる42%の回答を集めていることから、仕事の紹介を受けるだけでなく自ら営業に動く必要性も感じられます。新しい動きとして「クラウドソーシングの利用」(11%)が第5位に入っているのもポイントです。

 

仕事を探すときに必要なステップ

引用元:写真AC

会社員時代に築いた信頼で、独立した後も元の勤務先や顧客から受注のあてができているケースもありますが、そうでないときは自分で仕事を探す必要があります。

前述の調査にもあるように、フリーランスの仕事の多くが誰かからの紹介です。紹介を受ける際は人脈やこれまでのお付き合いが活かされるのはもちろんですが、当然ながら最も重視されるのは仕事の実績や信頼でしょう。また、セールスで仕事を獲得しようと思っても、実績やこれまでの評価がなければなかなか採用にはいたりません。

実績を積む、というステップでは、クラウドソーシングなど企業とフリーランスのマッチングサイトを利用するケースが増えてきました。クラウドソーシングサイトのコンペ形式やプロジェクト形式の案件に応募し、良い作品やアイデアの提案を行えば過去の実績に関係なく採用されることもあります(「本当にできるの?未経験から始めるフリーランスデビュー」もご参照ください)。また、タスクとして示されている案件ならだれでもすぐに仕事を始めることができるので最初のステップにはオススメです。

一方で、採用されるのは単価が低い仕事ばかりで、最初のうちはなかなか収入に結びつかないという事態にも直面します。一番苦しい段階ですが、仕事をこなすにつれて自分に欠けているスキルや業界の動向・ニーズを知り、仕事の改善点が見つかることも。そのうち、地道にやっている仕事から、もっと高い単価の案件の紹介に結びつくこともでてきます。最初はある程度「実績を作る時期」と割り切って、自分のワークスタイルを模索していきましょう

仕事の実績ができてきたら、ポートフォリオを作成したり、仕事内容を紹介する自分のホームページを作成したりできるようになります。また、さまざまなところに掲載する自分のプロフィールにも実績を紹介できるようになるので、より信頼感を持って閲覧してもらえるようになるでしょう。

紹介やスカウトで仕事が入るようになると自分から仕事を探す手間はなくなり、良い循環に入っていきます。この段階では仕事の内容や単価によって、「どの仕事を受けるか」という判断基準を持つ必要も出てくるでしょう。一方で、多くのフリーランスは一か所からの収入に頼らず、複数のクライアントとお付き合いをして収入が途切れないように工夫をしています。向上心のあるフリーランスなら現状に満足せず、常に新しいビジネスチャンスを伺っていることでしょう。その意味では、「仕事が来るのを待つ」という受け身の姿勢ではなく、どのようなときも先のことを考えて自分から仕事を探す姿勢を持ち続けたいものです。

 

試してみよう!クラウドソーシングサイト

引用元:pixabay

クラウドソーシングは海外でも広く普及していて、今やグローバルに仕事を探せる時代になりました。特に、クラウドソーシングは大掛かりな営業をせずとも仕事を獲得することができることでも注目を集めています。国内で普及しているクラウドソーシングサイトには、さまざまなジャンルの仕事を取り扱う総合的なタイプと、デザイナーやITエンジニアに対象を絞ったタイプ、また簡単な在宅ワークに特化したタイプなどがあります。それぞれに特徴があってシステムも異なるので、自分のスキルや業種、働き方に合ったものを探すのがよいでしょう。

ここ数年でクラウドソーシングが急激に発展したように、フリーランスが仕事を探す方法やルートは時代によって変化します。いま、自分がやりたい仕事はどのようにすれば見つかるのか、常にアンテナを張って学ぶ姿勢を持ち続けたいものです。また、できるフリーランスこそ一つの案件が途切れても別の仕事が来るような仕組みづくりをしています。これを機にフリーランスとしてすでに自立している人でも、新しいビジネスチャンスを探してみませんか?

関連記事

フリーランスが仕事を探す方法〜やってはいけないことと探し方のメリットデメリット

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

関連記事