フリーランスで働く意味と何か。始める前に考えておくべきこと。

基礎知識

フリーランスという働き方を知っていますか?

IT技術の発展やコミュニケーションツールの進化は、現代人の働き方の多様化を促進してきました。その一つとして昨今注目を集めているのが「フリーランス」です。

少し前までフリーランスといえば高いスキルや専門知識を持つ人々の働き方というイメージがありましたが、近年のコンピューターやインターネットの普及により、様々な仕事がフリーランスという形態で請負が可能となりました。その結果、隙間時間や自宅勤務ができるという新たな観点から見直されています。

特に、妊娠・出産を機に仕事を辞めた主婦の方や仕事の少ない地方に住んでいる方など、働き方、働く時間、働く場所に制限があった方々にとって、フリーランスないしクラウドソーシングを使用した新しい働き方に高い関心が寄せられています。

今回はそんなフリーランスという働き方を徹底解剖し、その意味を考えてみましょう。

 

語源から理解する「フリーランス」

ところで、もともと 「フリーランス」とはどういう意味なのでしょうか。語源は英語の「自由(free)」な「槍騎兵(lance)」からきています。語源となった中世の時代には、傭兵は傭兵団を組織して戦争を行っていましたが、中には組織を組まずに戦争に参加する兵士(槍騎兵)もいました。彼らのように、組織に属さず独立して自由な契約の下で働く人という意味で現在のフリーランスという言葉が残っています。

このことから、現在のフリーランスは特定の企業や会社などに就職せずに、その都度、仕事の請負契約を締結し、自分の技術やアイディア、労働力を提供することを生業とする労働形態と定義できます。

このワークスタイルの選択には、一つの組織の歯車となるのではなく、自分の活躍の場を拡大し広い社会に貢献できるという意義があります。自分のスキルが必要とされる場所でフレキシブルに能力を発揮できるのがフリーランスなのです。

 

フリーランスとして働く人はどんな人?

従来、フリーランスは、放送作家やアナウンサー、記者といった放送関係者や、文筆家、画家、音楽家、写真家、舞踏家などのアーティストやクリエイター、翻訳や通訳の仕事をする人々が主体でした。

しかしながら昨今では、IT技術の向上に伴ってエンジニアやweb制作に関わるクリエイターデザイナーライターといった職種などにも増えています。始めから個人事業主として仕事をスタートさせる人もいますが、企業などで働いているうちに高度な技術を身につけたり、よい人脈を得たりした後、独立しフリーランスとして生きる道を選ぶ人もいます。

また、結婚や出産、育児のため一旦仕事を離れた人が、後から同業種の仕事をフリーランスとして再開する場合や、趣味や特技を生かした仕事を本業として始める場合などもあります。

 

報酬はスキル次第!フリーランスに求められるものとは?

現在ではたくさんの職種でフリーランサーが活躍しており、そのスキルも様々です。当然、習得に時間のかかる技術や独特の感性、芸術センスが必要なスキルは希少性が高く、仕事を得やすい、高報酬に結びつくなど、有利な点が多々あります。

従って、フリーランスを目指す方は、しっかりとしたスキル習得に十分な投資をし、また、新しいスキルの習得にも積極的にチャレンジすることをおすすめします。

一方、自分の空いた時間を有効活用したいという場合は、スキルや経験不要の仕事を探すこともできます。例えば、市場調査やデータ打ち込み、ブログライティングの仕事などがあります。最初は単価の低い仕事から始めることになるかもしれませんが、フリーランスはやった分だけ収入につながり、同時に経験を重ねるうちにスキルアップが図れます。

クライアントと築いた信頼関係や情報、人脈などを活用して、より高報酬で効率のよい仕事を得られるようになっていくでしょう。

 

挑戦する生き方を選んでみよう!

フリーランスというワークスタイルに必要なのは、自分の能力をフルに発揮するためにスキルを磨くこと、そして、新しいことにチャレンジする姿勢です。フリーランスで働くことは挑戦する生き方を選ぶことなのです。仕事の受発注ができるクラウドソーシングなどのウェブサービスも増え、営業の苦手な人でも仕事を探しやすい時代となりました。

あなたもフリーランスとして活躍してみませんか? この記事でフリーランスに興味を持たれた方は、ぜひ、あなたの挑戦したいことを教えてください。

関連記事