子育てしながらでも働ける?育児と両立もしやすいリモートワーク

子育てしながらでも好きな場所で働けるリモートワークが、多様な働き方の観点から注目されています。ここではリモートワークが育児と両立しやすい理由と、リモートワークと子育てを上手に両立するために気をつけておきたいことを紹介します。

育児との両立が可能

未就学児の場合

子供を保育園に預けて働くときに一番悩ましい課題の1つとして、夫婦どちらが送迎をするかといった日々の調整が挙げられるでしょう。オフィス勤務ではお迎えに間に合わない要件が入ってしまったり、早出・残業・電車遅延もしばしば生じます。さらに、子供が低年齢のうちは急な体調不良や伝染病もよくあるため、仕事を頻繁に休まなくてはならず、肩身の狭さを感じている人も少なくありません。
その点、どちらか一方がリモートワークであれば、急なお迎えにも対応しやすくなります。子供が昼寝をしている間など隙間時間を活用することも可能になるため、家を離れにくい未就学児の子を持つ親にはぴったりの働き方といえるでしょう。

小学生以上の場合

子供が小学生に上がると、学校がらみの活動が多く入ってきます。特にPTAや授業参観、家庭訪問などの学校行事は平日日中に入ってくることが多く、フルタイム勤務では特に調整が悩ましいところです。
リモートワークなら自分で予定を調整できるため、平日の学校行事を考慮しながら仕事の予定を組むことができます。また、子供の帰宅時に親が家にいるため、会社勤務に比べて子供の様子がわかりやすく、宿題などのフォローもしやすいでしょう。

時間と体力のゆとり

リモートワークでは通勤がないため、オフィス勤務であれば通勤で浪費してしまう時間や体力をそのまま自分や家族のために使えます。特に未就学児の子供は目が離せず手間もかかるため、お世話をするだけでも気力体力が奪われ、時には精神的に不安定になってしまうこともあるとされます。
時間や体力に余裕が生まれれば、家族にも気持ちのゆとりをもって接することができ、コミュニケーションも円滑になりやすいと言えます。

女性だけでなく男性も

家事シェアがしやすい

男性が家事に参加できない大きな要因の1つとして、勤務時間・外出時間の多さがが挙げられます。リモートワークなら在宅でも仕事ができるため、子育てに忙しい妻を仕事の間に助けるといったことも可能です。
普段から家事シェアができていれば、妻の体調不良や外出時、万一のときにもスムーズに対応できるでしょう。女性側の家事負担の重さとよくある不満については、マスコミにもよく話題に取り上げられている様子ですが、家事シェアは夫婦円満な関係にもプラスに働くと推測されます。

ワンオペ育児の解消

家事と同様、リモートワークなら男性でも育児の時間を増やせます。普段から夫が育児に参加していれば、妻の急な体調不良や外出時に困ることもありません。
特に子供が低年齢のうちは夜泣きや授乳などで妻側の負担が大きいため、夫が少しでも育児を肩代わりすることができれば心強いでしょう。子供の成長の喜びや悩みも共有でき、家族のフォローをしやすいというのもリモートワークの強みと言えます。

家族との時間も持てる理想的な働き方とは


リモートワークは家事や育児との両立がしやすい反面、仕事と家庭の線引きが難しくなるといった課題もあります。

仕事と家庭の線引きが難しい面も

リモートワークは一見仕事に見えにくいこともあり、集中して作業がしづらい一面もあります。家族が気軽に声をかけてくる、用事をお願いされる、子供が世話をせがんでくるなど、集中力を乱されることも少なくありません。
さらに家族の体調不良など、突発的なトラブルが生じてしまうと予定通りに仕事が進まないこともありえます。納期が厳しいとき、予定よりペースが遅れているときには、子供にテレビを見せながら仕事をするなど、時には仕事優先になってしまうこともあるでしょう。

家族との時間を確保するには

トラブルをあらかじめ想定して余裕をもったスケジュールを立てる、家族からの用事が入りにくい時間に集中して仕事を進めるなど、家族との時間もしっかり確保する工夫をするとよいでしょう。
〇〇が終わるまで、または〇時まで待っててねと子供に伝え、そのあとしっかり遊ぶなどメリハリをつけるのも効果的です。仕事と家庭の線引きをしっかりとすることで、通勤がなく移動を最低限にできるリモートワークの長所が最大限に活かされます。

互いを尊重する

特にフリーランスでリモートワークを行う場合、オフィス業務よりも仕事と見なされにくい傾向にあります。家で仕事をする側にどうしても家事や育児の比率が自然に偏ってしまうため、なぜ私ばかり、とストレスになりやすいこともあるとされます。
リモートワークであってもなくても、互いの仕事を尊重しながら、余裕がある側が多く家事育児を分担するといった柔軟な姿勢が必要になるでしょう。

まとめ

通勤時間を考える必要がないリモートワークは、育児で家を離れにくい人に特に向いている働き方といえます。時間や体力的なゆとりもできるため、男女問わずに家事シェアができ、ワンオペも防ぎやすくなります。余裕をもったスケジュールを組むなど、仕事と家庭の線引きをしながら上手に活用していきましょう。

>>「クラウドテック」でリモート案件を紹介してもらう

関連記事