企業がリモートワーク・テレワークを導入するメリット・デメリット

就職・転職・人材 フリーランス基礎知識 リモートワーク

国の政策によってリモートワークが注目されるなか、導入を検討しようとしている企業は意外と多いのではないでしょうか?「導入すると生産性が上がる」という話も、担当者の方にとっては気になるところでしょう。では具体的に、リモートワークを導入するとどんなメリットが得られるのか、はたまたどんなデメリットが発生してしまうのか、今回は企業側のメリット・デメリットについて解説します。

リモートワーク導入のメリット


「オフィスに出社しない」というのが最大の特徴であるリモートワークには、企業にとってどのようなメリットが含まれているのでしょうか。導入によって生産性が上がると言われるその理由を見てみましょう。

交通費の削減

リモートワークの導入によるメリットとして最初に考えられるのが、社員の移動がなくなることによる交通費の削減です。通勤中の交通事故などもほとんど起きなくなるため、保険を見直せる場合もあります。さらにはオフィスの光熱費もカットされることで、全体的なコストダウンに繋がります。

労働環境の向上

働く場所に制限がなくなるので、社員は集中できる環境を自分自身で整えられます。自宅の作業スペースを働きやすく変えたり、カフェやコワーキングスペースなどを利用したり、それぞれに合った場所で仕事が進められます。

優秀な人材の確保

リモートワークを導入することで、これまで子育てや介護などを理由に離職するしかなかった社員が、仕事を辞めることなく働き続けられる環境を作り出せます。それにより優秀な人材が流出しなくなるので、生産性の低下を防ぎ、さらには遠隔地にいる人材を雇い入れることも可能となります。

災害時の影響を抑制

地震や大雨といった災害時に、企業から帰宅困難者が出ることを抑制できます。社員がオフィスの所在地とは別の市や県にいる場合には、災害の直接的な影響を受けずに済むこともあるでしょう。また災害からいち早く復旧できることで、迅速な支援活動も可能なものとします。

リモートワーク導入のデメリット


リモートワークを導入する場合には、メリットだけでなくデメリットも把握しておかなければいけません。良いところばかりに気を向けていると、思わぬ損失を被ってしまうこともあります。

コミュニケーションが不足する

リモートワークによって直接顔を合わせることがなくなると、これまでの気軽な世間話が減り、チームワークが低下する可能性があります。細かな情報の食い違いや、会話のタイムラグが発生することもあるかもしれません。

セキュリティ対策に手間と費用がかかる

個人情報や企業機密をやり取りする場合は、セキュリティ面に対する不安があります。懸念材料をなくすには、信頼できるセキュリティ対策を取らなければいけませんが、信頼に足るセキュリティシステムは当然、安くはないコストがかかります。

勤怠管理が難しくなる

リモートワークを導入することで、社員の始業・終業の判断が難しくなります。とくに子育てや介護などをしている場合は、仕事をしている時間が細切れになってしまうことが多く、それを管理者が把握しておくのは簡単なことではありません。

信頼関係が築きにくくなる

上司と部下の間、または会社と社員の間で、信頼関係を構築していくのが難しくなります。最初からリモートワークで働く場合は、なおさら信頼関係が築きにくいと言えるでしょう。どのようにして信頼しあえる関係を作っていくのかは、継続して考えなければいけない課題です。

リモートワークをより効果的にするために必要な事


リモートワークという働き方は、メリットやデメリットが固定されているものではありません。創意工夫をすることによってメリットを伸ばし、デメリットを摘み取ることが可能です。ここではリモートワークを効果的にする代表的な取り組みについて紹介します。

リモートワーク環境の整備

コミュニケーション不足の解消や勤怠管理問題の解決など、リモートワークのデメリットに対しては、作業環境の整備が必要です。そのうえでおすすめしたいのが、クラウド型のツールです。チャットツールや勤怠管理ツール、情報共有ツールなど、仕事や企業に合ったツールを取り入れることで、作業に関わるほとんどのデメリットは対策できます。

働き方による社員間の差をなくす

リモートワークで働く社員とオフィスで働く社員との差をなくすルールや、評価方法などを決めておく必要があります。オフィス組とリモート組では、作業環境の違いから確執が生まれやすくなるため、それぞれの社員に説明や教育をすることが大切です。

管理者側のリモートワークに対する理解を深める

リモートワークに対する管理者の理解が足りていないと、社員が利用しづらい形だけの制度となってしまいます。そのため「なぜリモートワークを導入したのか」「導入したことでどういった効果が期待できるのか」など、はっきりとした目標や目的を、管理者全体の共通認識にまで高めておかなければいけません。

まとめ

リモートワークの導入には、企業側にとってさまざまなメリットやデメリットがあります。ただし、メリットやデメリットは工夫することで伸ばしたり摘み取ったりできるため、生産性を高めるシステムとなるかどうかは企業次第といえます。もしも導入を検討するのであれば、メリットやデメリットにどのようなアプローチをするのかを考え、その予測に基づいて判断するのが良いのではないでしょうか?

関連記事

リモートワーク・テレワークを導入すると助成金が出るって本当?

>>「クラウドテック」でリモート案件を紹介してもらう

実際のフリーランス案件を見てみる

関連記事