リモートワークに適した職種って?押さえておくべき基礎知識

リモートワークに適した職種がどれくらいあるかご存知でしょうか?今現在手にしている仕事や、就職することを諦めていた仕事は、もしかしたらリモートワークで働けるものかもしれません。この記事では新しい働き方として注目を集めているリモートワークについて、関連した知識と適した職種を紹介していきます。就職や転職を考えているのであれば、ぜひチェックしてみてください。

リモートワークの特徴


会社から離れた場所で働くリモートワークには、従来の働き方にはないさまざまなメリットがあります。リモートワークが注目されている理由もここにあるので、早速その内容を見ていきましょう。

移動にかかる時間と費用を削減できる

リモートワークでは会社に出社する必要がないため、移動時間を別のことに使えるようになります。睡眠時間を増やして健康的なタイムスケジュールを組んだり、仕事の段取りに時間をかけたりと、時間をより有効な形で活用できます。また通勤にかかる交通費やコンビニなどでの無駄遣いも減らせるので、生活の質の向上にも繋がると言えるでしょう。移動中の事故リスクについても限りなくゼロに近づくため、保険を見直しして固定費を削減することも可能です。

業務に集中できるようになり生産性が向上する

会社から離れて仕事ができるようになると、作業中に声をかけられることがなくなり、集中して業務を進められるようになります。さらには結果主義の面が強い働き方であることも、仕事に対する緊張感を作りだし、自然と集中力を高めてくれます。それに加えて、仕事に関係のない世間話や不要な飲み会などもなくなるので、体を休めるための時間を削られることもありません。自分でオンオフを切り替えられることで、メリハリのある働き方が実現できます。

優秀な人材が集まりやすい

リモートワークで働く人材を集めようとした場合、通勤できるかどうかは考える必要がありません。電話やインターネットといった仕事で使用する通信環境さえ整っていれば、居場所に関係なく人材を集めることが可能です。その結果、対象となる人材の母数は何倍にも膨れ上がり、優秀な人材が集まりやすい環境が作りあげられます。

リモートワークに向いている職種


リモートワークに向いていると言われている職種は、仕事の結果である完成品がはっきりしている職種と、個人で作業する割合が多い職種です。クリエイティブ系の職種に取り入れられているケースが多いですが、それ以外の職種でも向いているものはあります。

エンジニア

データのやり取りだけで仕事を完成させられるエンジニアは、リモートワークで働きやすい職種です。エンジニアの中には特定の場所から離れられないものもありますが、求人の多さから見ても向いていると言えるでしょう。

>> エンジニアのリモート案件を探す

デザイナー

顧客が満足する完成品を出せれば良いデザイナーは、結果主義が顕著に表れている職種です。機密管理さえできていれば場所を選ばずに作業できるため、リモートワーク向きの職種としてあげられます。

>> デザイナーのリモート案件を探す

ライター

記事を納品することで仕事が完成するライターも、リモートワーク向きの職種です。取材で社外に出る機会が多いことを考えれば、そもそもリモートワーク的な働き方の職種であるとも言えます。

>> ライターのリモート案件を探す

マーケティング

市場調査から戦略立案までを行うマーケティングでは、基本的に情報やデータのやり取りだけで仕事が完成するため、リモートワーク向きの職種と言えます。とくにネットが市場となるwebマーケティングは、リモートワークで働きやすい仕事の1つです。

>> マーケティングのリモート案件を探す

管理業務

総務や経理、人事などの管理業務は、単調な作業になりやすく、社外に仕事を出しやすい職種です。本業とは別に子会社化している企業もあるなど、リモートワーク向きの職種として数えられます。

リモートワークに必要なものやスキル


リモートワークを成立させるためには、備えておかなければならない必要なものがいくつかあります。それが何であるのかが把握できていないと、仕事が上手く回らず、生産性を落とす結果に繋がってしまいます。

不自由のない通信環境

リモートワークで仕事をするためには、通信環境を整えておくことが大切です。テレビ電話やチャットを必要とする業務であれば、一定レベルの通信品質が確保されていなければなりません。また仕事の情報をやり取りする以上、セキュリティ対策も万全にする必要があります。

仕事を完成させられる能力

電話やメールで同僚と連絡を取ることはできますが、基本的には一人で仕事を進めることになるため、仕事を完成させられる能力は必要不可欠です。もしもサポートが必要な状態でリモートワークを始めてしまえば、結果は火を見るよりも明らかと言えるでしょう。

自己管理能力

好きな場所で仕事ができるリモートワークでは、人目を気にすることなく作業ができる反面、常に結果を出し続けなければいけません。そのためには仕事の完成に対して、自ら進んで行動するための自己管理を行っていくことが大切です。

コミュニケーション能力

電話やメール、チャットなどのコミュニケーションツールを使用するリモートワークでは、少ない情報で自分の考えを相手に伝える能力と、少ない情報から相手の考えを読み取る能力が必要となります。拙い意思伝達で仕事をしようとすれば、納得のいく結果を出すことは難しくなるでしょう。

まとめ

新しい働き方として注目されているリモートワークには、適しているとされる職種が多く存在しています。出社せずに仕事がしたい方や、遠方にある企業への就職を諦めていた方など、リモートワークという働き方に希望を見出した方は、ぜひ求人をチェックするところから始めてみてはいかがでしょうか?

>>「クラウドテック」でリモート案件を紹介してもらう

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事