アプリ開発者を目指すあなたに!PHPの知識と最短学習法とは?

PHP

今や、生活と切っても切れない関係であるインターネット。
ニュースや買い物もネットで済ませ、友人や知人とのコンタクトも会話アプリで完了という方も多いと思います。そんなWeb社会で、「自分でもアプリを開発したい!」「スキルアップしてアプリ開発に携わりたい!」「ニーズのあるIT業界に転職したい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、アプリ開発者を目指す方の為に、開発の主流言語となっていて、求人も多い「PHP」についてご紹介します。これだけは押さえておきたい知識や、PHP学習のノウハウ、アプリを学習できるサイト紹介など、「PHPアプリ開発者を目指すあなた」のお役に立てる記事となっています。

目次

  • PHPとは?
  • なぜ、PHPは独学に向いている?
  • アプリ開発ができるPHPスキルとは?
  • どのくらいの期間で習得できるか?
  • PHPで開発できるアプリの例
  • PHPを学べる入門サイト
  • PHPを学べる動画サービス
  • PHPプログラムをオンラインで実行できるサービス
  • PHPアプリ開発におすすめのライブラリ
  • PHP便利な逆引きサイト
  • PHPスキルチェックが出来るサイト

PHPとは?

PHP(Hypertext Preprocessor(ハイパーテキスト プリプロセッサ―))は、
サーバーサイドで実行されるプログラム(スクリプト)言語です。
サーバーサイドとは、Webアプリケーションを開発する上で、
そのアプリケーションがどこで実行されるかを視点にした分類で、サーバー側を指します。

これに対し、クライアント側(ブラウザ上)で実行されるアプリケーションは、クライアントサイドと呼ばれています。サーバーサイドで実行される代表的なプログラム言語には、PHPの他に、Perl、CによるCGI、Javaサーブレット、ASP.NETなどがあります。
以下にPHPの持つ特徴をあげてみましょう。

  • コンパイル(機械語に翻訳)が必要ないインタープリタ型言語
  • サーバーサイドのプログラミング言語
  • データーベースとの連携がスムーズ
  • ソースコードが公開されている(オープンソース化)

などが特徴としてあげられます。

なぜ、PHPは独学に向いている?

PHPは、一般的に独学に向いていると言われています。
では、なぜPHPは、独学に向いていると言われているのでしょうか?
以下に独学に向いている点をあげてみました。

  • 殆どのホスティングサーバー(レンタルサーバー)で、PHPは無料で使用できる
  • 無料でダウンロードできるデーターベース「Mysql」との連携がスムーズで、相性が良い
  • 提供されている「ライブラリ(関数)」が充実していて、開発の時間が短縮できる
  • ソースコードが公開(オープンソース化)されていて、日々、改良・拡張していて、日本語対応がされている

などがあげられます。

アプリ開発者になるためには、学習しなげればなりませんが、
長期的にスクールに通ったり、システムを開発・使用するためのコストが高ければ、簡単には始める事はできません。
PHPは、無料で使える環境が準備されていますし、比較的短期間で習得できる事が可能であるため、そういった点で、独学に向いていると言われているのでしょう。

アプリ開発ができるPHPスキルとは?

アプリ開発経験が全くない方が、いきなりPHPでアプリ開発はできるでしょうか?
答えは、はっきり言って「NO」です。少なくとも、HTMLの基本的な文法、CSSの概念、データーベースの使用法などは、前もって学習しておく必要があります。naze事前の学習が必要なのでしょうか?

HTMLの学習が必要な理由は、PHPで開発するアプリは、HTMLの中に組み込む形で作成するからで、基本的な文法が分からなければ、どの部分にPHPを組み込むかが判断できません。HTMLは、Webページを表示させるための文書の構造やリンク先などを記述したテキストで、形式も決まっていて、比較的簡単に習得する事ができますから、「急がば回れ」のたとえにもあるように、少し回り道をしても、習得しておく事をおすすめします。

また、CSSとは、Webページのレイアウト(線や色、フォントなど)に関する部分を一括して記述したもので、HTMLの一部ですから、概念は把握しておきましょう。

データーベースの使用法の学習が必要な理由は、現在Webアプリにデーターベースを使用する事が非常に多く、データーベースの読み込み、書き込みなどの基本的な操作法(SQL文)は、避けて通れないと思われるからです。PHPと相性の良いMysqlの基本構文は覚えておく事をおすすめします。

どのくらいの期間で習得できるか?

PHPアプリの習得に必要な時間は、一概に算出は難しいと言えます。
人によって、一日のうち学習に割ける時間は、まちまちですし、習得の時間にも相違があるからです。
あくまでも目安として、以下に概算時間を出してみました。

①HTML、CSSの学習→約100時間

  • Webサイトの構造、ファイル構成を理解する 
  • HTML、CSSの指定方法を理解する
  • 簡単なWebサイトが作成できる

②データーベース(Mysql)の学習→約100時間

  • データーベースの概念、RDBMSを理解する
  • データーベースの構文を理解する
  • Mysqlを実際使用して、データーベースの作成、テーブルの作成、操作を行うことができる

③PHPの学習→約250時間

  • PHPの基礎を学習する
  • クラスの概念を理解し、使用できる
  • テンプレートの概念を理解し、使用できる
  • プログラムの中で、データーベースが使用できる
  • MVCフレームワークを理解し、使用ができる
  • PHPアプリが作成できる

例えば、上記のスケジュールを1日2時間として毎日学習すると、約6か月かかる計算となります。
あくまでも時間は目安となりますので、あまりとらわれる事なく、ご自分のスタイルで無理のないペースで学習される事をおすすめします。

PHPで開発できるアプリの例

PHPは、Webアプリの作成に特化したプログラミング言語ですが、実際にPHPでどのようなアプリが作成できるのでしょうか?
以下に作成できるアプリ例をあげてみましょう。

  • Webブログを作成できる
  • 掲示板を作成できる
  • RSSリーダーを作成できる
  • ショッピングカートを作成できる
  • アクセス解析を作成できる
  • WordPressのカスタマイズが可能となる

などがあります。
アプリ例を見ていただくとおわかりになると思いますが、
普段ご自分が見慣れているWeb画面や操作が、PHPプログラムで作成することができるのです。とても作成するには、難しそうなアプリに感じますが、PHPのライブラリ(関数)を使用すれば、思ったより短期間で、比較的簡単に作成することが可能となります。
また、PHPで作成されている有名サイトは、ウィキペディア、Facebook、ヤフーなどがあります。

PHPを学べる入門サイト

PHPは、無料で学習できる入門サイトが比較的多く公開されています。
その中でも、初心者でもわかりやすく解説しているサイトをいくつか紹介したいと思います。

①【PHPのマニュアル】

PHPの公式マニュアルとなっていて、インストールの仕方から構文、関数まで日本語で開設されています。公式ですから、学習の強い味方になりますね。

リンク: PHPのマニュアル

②【PHPBOOK】

Windows版の解説ですが、初心者にもわかりやすい説明で、インストールから基礎を学ぶには良いサイトだと思います。

リンク: PHPBOOK

【PHPプログラミング初心者入門講座】

インストールから関数の調べ方まで、丁寧に解説されているサイトです。

リンク: PHPプログラミング初心者入門講座

④【ポンクソフトPHP入門】

インストールから「ブログを作成する」、「ショッピングサイトを作成する」までを解説しているサイトです。

リンク:ポンクソフトPHP入門

PHPを学べる動画サービス

PHPには、無料で学べる動画サービスもいくつかあるのです。代表的なサービスをいくつか紹介したいと思います。

①【パイザ・ラーニング】

HTML・CSS入門編や、PHP入門編は、完全無料で動画サービスが利用できます。入門編を無料で体験してみて、ご自分にあっていたら、次のステップを考えてみるのもいいですね。

リンク:パイザ・ラーニング

②【ドットインストール】

こちらも入門編は、完全無料で利用できる動画サービスとなっています。ご自分の学習しやすいものを探ってみるには、良いと思います。

リンク:ドットインストール

PHPプログラムをオンラインで実行できるサービス

PHPを学習するだけでなく、実際にアプリの実行まで体験してみたい方におすすめのサービスをご紹介したいと思います。

①【Progate】

無料で始める事ができるプログラミング学習サービスで、スライド学習、エディタ上でのコード記述、プレビューでテストという風に段階をふんで学習が可能です。

リンク: Progate

PHPアプリ開発におすすめのライブラリ

PHPでアプリを作成する際に、手助けになるのが「ライブラリ」です。1から作成していたら大変な労力と、
時間がかかりますが、PHPにはおよそ300種類以上の豊富な「ライブラリ」が用意されています。
開発の際には、ぜひ活用する事をおすすめします。
以下にいくつか便利なライブラリをご紹介します。

①【PHP Debug Bar】

プログラムのエラーなどを解説してくれるデバックツールです。データーベースエラーや、配列エラー、Sqlクエリを表示してくれる便利なライブラリで、開発効率を高めてくれます。

リンク: PHP Debug Bar

②【cartalyst/sentry】

Webサービスでは、当たり前の認証機能を提供してくれるライブラリです。
「remenber me(パスワードを忘れた際に、メールで新たなパスワードを送信する機能)」、グループ権限など、便利な機能が提供されています。

リンク: cartalyst/sentry

PHP便利な逆引きサイト

書籍を買うのも良いですが、無料で利用できるサイトがあれば助かります。そんなサイトをご紹介します。

①【忘れっぽいエンジニアのPHPリファレンス】

入門編には、有り難い内容で、丁寧に「構文」や「例題」も記述してくれています。

リンク:忘れっぽいエンジニアのPHPリファレンス

PHPスキルチェックが出来るサイト

学習がある程度進んだら、試してみたいのが現在のスキルですよね。ご自分のPHPスキルチェックができる便利なサイトをご紹介します。

①【CodeIQ】

直接点数が付けられるタイプのチェックではないですが、楽しみながらご自分のプログラミング能力が判定できるユニークなサイトとなっています。

リンク: CodeIQ

まとめ

これからますます需要が増えると思われるPHPアプリ。今回は、そんなPHPアプリ開発者を目指す方に向けて、おすすめのPHPお役立ち情報を集めてみました。ご自分に合った学習方法が見つかると良いですね。参考にして頂ければ嬉しいです。]]>

>>リモートワーク案件も充実!PHPのフリーランス求人案件をクラウドテックで探す

関連記事