初歩から学びたい人におすすめのPHP入門書籍と中~上級者向け書籍

PHP

初歩から学びたい人におすすめのPHP入門書籍と中~上級者向け書籍
PHPは簡単ではありますが、まったくプログラムをしたことのない方からすると、何もなしで勉強するのはやはり敷居が高いものです。ここでは、PHPを勉強したいけど、どんな本を選んだらいいかお悩みの方に、おすすめの書籍を紹介していきます。

プログラム自体が初めてという方におすすめしたい一冊

まずは、プログラムとは何か?というところから勉強したい方にお奨めの書籍になります。もちろん、候補はいくつかありますが、ここでは、本当にこれさえ買えば、という一冊だけ紹介させていただきます。

いきなりはじめるPHP

いきなりはじめるPHP
プログラムを勉強するにあたっての心構えから始まって、徐々にステップアップしていき、最後にはデータベースを利用したプログラムまで書くことを目指した本です。専門用語が出やすいプログラム系の書籍にしては、比較的簡単な言葉で書かれているため、プログラムが初めてであっても、用語がわからなくて進まない、と言ったことがありません。
また、最初の心構えで、プログラムの勉強と言うと身構えてしまう方でも安心できるような話を入れており、プログラムが初めてという方にも気楽に読んでもらえると思います。

また、後ろの方に、トラブルのケーススタディが掲載されているため、もし、プログラムを作ってみたけど、うまく動かないという場合には、こちらを見ることで解決することができるかもしれません。

多少PHPを書いたことがある方におすすめしたい一冊

ある程度PHPでプログラムを書いたことのある方が、もう1ステップ上達したいと思ったときにおすすめの本になります。

PHPライブラリ&サンプル実践活用[厳選100]

PHPライブラリ&サンプル実践活用[厳選100]

PHPには標準関数の他に、多種多様なライブラリが多くの方から提供されています。提供のされ方は様々で、PEARやPECLと言った拡張ライブラリのパッケージとして提供されたり、composerというパッケージ管理でインストールできるような形で提供されていたりします。
もちろん、GitHubや普通にダウンロードして使う形のライブラリも多数存在します。この本では、そういった標準機能から一歩進んだライブラリの提供する機能のインストール方法から、簡単な使い方までを目的毎に丁寧に説明しています。

もちろん、説明だけでなく、サンプルプログラムもしっかりしたものが掲載されていますので、まずはサンプルプログラムを作ってみて、少しずつアレンジしてみるという学習の仕方も可能です。

他の言語を習得したけど、PHPは初めてという方におすすめしたい一冊

次は、他の言語はだいたい使えるようになっているけど、PHPは初めてで、新たに習得したいという方におすすめの本になります。

PHP逆引き大全516の極意

PHP逆引き大全516の極意
プログラムの基礎的な部分を把握しているのであれば、入門書のような1から説明するものよりも、この本のように、こんな時にPHPなら、どんなプログラムになるか。といったことがわかるようなものが便利です。
この本であれば、目的別にPHPではどのようにプログラムを書くかというのがまとまっていますので、すでに習得している言語の場合と比較して、どのように違うかを理解することが可能になっています。PHPが初めてであっても他の言語の知識があれば、プログラムがどのような形になるかは、大体の想像が付くと思いますので、そういった対比で習得していくのが近道です。
もちろん、学習用だけでなく、手元に置いておくというのであれば、初心者から上級者までおすすめの1冊です。

そこそこPHPに慣れてきた方におすすめの二冊

PHPでそこそこ開発をしてきて、初心者というよりは中~上級者という段階に来ていると感じた方におすすめの本です。

パーフェクトPHP

パーフェクトPHP

こちらの書籍はPHPの基本的な動作から、フレームワークの動作の裏側までを詳細に説明しています。実際に、フレームワークを使って開発をすることが多いわけですが、その裏側の動きを知っていてプログラムを書くのと、知らないで書くのとでは、「いざ」と言うときに大きな違いになって現れてしまいます。

また、PHPのフレームワークは種類が多く、流行り廃りが多いことから、裏側の動きを知らないまま習得していては、別のものを使う時に以前の知識が生かしにくくなってしまいがちになります。しかし、裏側の動きを知っていれば、基本はどれも似たようなものであるため、さほど苦労することなく、他のフレームワークにも対応することができるようになります。

そのためにも、初級者を抜けた方が1ステップ上達するためには、こういった知識を得るのが重要になってくると思います。

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践

体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方 脆弱性が生まれる原理と対策の実践
厳密にはPHPの書籍ではありませんが、PHPは簡単に扱える言語であるため、脆弱性を含むプログラムを作ってしまいがちな言語です。しかし、実際にサービスを提供するにあたっては、そういった要素を極力潰す必要がありますので、中~上級者として実際にサービスとして提供できるレベルのプログラムを書かれる方には是非とも読んで欲しい本ということで紹介します。

もちろん、フレームワークには極力、脆弱性のコードを回避するための方法が提供されているのですが、それでも適切に使わなければ、意味がなくなってしまいます。ですので、PHPでWEBアプリケーションを作る場合には、本書の知識を意識してプログラムをする必要があります。

PHPの書籍は実践的なものを

PHPは習得自体は簡単な部類の言語になります。そのため、PHPでプログラムを作る場合は、開発期間などを極力短くして、素早くサービスを立ち上げるために使用されることが多いということになります。

そのため、プログラム自体もより実践的かつ、開発が効率的であることが求められます。実際に、初心者の方であっても、開発の最前線に投入されるという事例も珍しくはありません。しかし、簡単な言語と言ってもプログラミング言語であるため、押さえるべきところは、きっちりと押さえる必要があります。
そういった事情から、PHPの書籍を選ぶ場合は、より実践的に使えるものであることが重要になってきます。

具体的には適切なサンプルコードが掲載されていること、事例ごとにまとめられていること、実際のサービス開発に焦点が当てられていることなどが挙げられます。また、すぐに学習したことを実践できることから、PHPはとても勉強のしがいのある言語であることは間違いありません。
ここで紹介した書籍の他にも、色々と素晴らしいものはありますので、もし、あなたがおすすめできる本がありましたら、是非とも教えてください。

>>リモートワーク案件も充実!PHPのフリーランス求人案件をクラウドテックで探す

関連記事