システムエンジニアのためのパソコンの買い方・選び方

課題・悩み システムエンジニア(SE)

 SEのためのパソコンの買い方、選び方

システムエンジニアの方はパソコンならなんでも詳しいと思われがちですが、実はそんなことないですよね?中には本当にパソコンが好きで詳しい方もいます。ですが、多くの方は仕事に関係ないことは知らなかったり、興味がなかったりします。

「Excelの使い方教えて」「Word詳しいでしょ?」「パソコンがおかしいんだけど」など、SEの方なら同僚や家族から一度は聞かれたことがあるでしょう。その度に「(いや、そんなこと知らないよ・・・)」と思いながらいそいそ調べて答えているのではないでしょうか。そして、ときにはパソコン選びを手伝わされることもあります。

この記事では、パソコン選びに困っているシステムエンジニアの方のために、パソコンの買い方と選び方をお教えします。他人のパソコンのみならず、自宅のパソコンや会社のパソコンを選ぶ際にも役立つでしょう。SEとして最低限ことは知っておきましょう。

パソコンの種類は意外と多い

はじめに、パソコンの種類を一通り紹介します。それぞれ用途が違いますので、目的に応じて適切な種類を選択しましょう。

デスクトップ(タワー型)

昔からある、最も一般的なパソコンの形態ですね。タワーと一口にいっても、ミニタワーやミドルタワー、フルタワーなどいろいろなサイズがあります。ほとんどの場合、性能に対するコストパフォーマンスが最も高いのがメリットです。しかし、場所をとる、持ち歩けない、市販のメーカーPCがほとんどない、といったデメリットもあります。とはいえ、コスパ重視ならタワー型が一番おすすめです。

デスクトップ(画面一体型)

デスクトップ市場が縮小する中、タワー型に取って代わったのが画面一体型パソコンです。現在のところ、国内メーカーPCの主流になっています。本体が画面と一体になっているので、場所を取らずにスッキリ配置できます。AppleのiMacもこの形態ですね。同じデスクトップとはいえ、タワー型よりも値段が高くなります。大手メーカーのサポートがほしい初心者の方には、少々高くても画面一体型がおすすめです。

ノートパソコン

頻繁に移動したり、外出先で使用したりする場合にはノートパソコンがおすすめです。デスクトップよりも割高になってしまいますが、最近のノートPCは驚くほど薄く、非常に持ち運びやすくなっています。AppleのMacBookを使っているエンジニアの方をよく見かけますね。MacBookほど薄くて美しいノートPCは他にないでしょう。製品によってはSIMカードスロットが付いていて、モバイル回線を使ってインターネットに接続できる機種もあります。格安SIMと組み合わせると便利に使えそうですね。

2in1パソコン

タブレットの普及とともに、ノートパソコンの売上はどんどん落ち込んでいきました。そんな中、考えだされたのがタブレットとしても使える2in1パソコンです。簡単に言うと、タブレットと着脱可能なキーボードがセットになったノートPCです。つまり、ノートPCとしてもタブレットとしても使えます。タブレット対応を改善したWindows10で普及が進むことでしょう。タッチ機能がほしい方におすすめです。

小型パソコン

Mac miniなどに代表される小型のデスクトップパソコンです。手のひらサイズなので場所を取らないことが特徴です。画面は大画面にしたいけど、本体に場所を取られたくないという方におすすめ。最近では、「NUC」と呼ばれる小型パソコン規格もでてきています。Apple嫌いな方はNUCを選ぶとよいでしょう。

スティック型パソコン

究極の小型パソコンといえるのが、スティック型パソコンです。USBメモリより一回り大きいぐらいのサイズで、テレビやディスプレイのHDMI端子に挿して使います。電源はUSB給電であることがほとんど。スペックが低いことや拡張性がないといったデメリットはありますが、場所をまったく取らずに、既存のテレビやディスプレイを活用できるのは大きなメリットです。「パソコンを置く場所がない!」といった方におすすめします。

パソコンを買うルートもいろいろある

一般的にパソコンを買おうと思ったら、家電量販店に行く方が多いと思います。しかし、他にも検討したほうがいい方法がいくつかあります。

地域にもよりますが、特売でもやってないかぎりインターネットから購入したほうが安上がりです。今は価格.comで簡単に最安値を調べられますので、どこが安いかは一目瞭然です。

また、タワー型のデスクトップパソコンを買うなら、BTOパソコンがおすすめです。BTOとは、自分の好きなパーツを選択してカスタマイズできることを指します。マウスコンピューターやドスパラなどが有名ですね。もしくは、地元のパーツショップでパーツを選んで組み立ててもらうこともできます。パーツ選びも親切に教えてくれるので、パーツがよくわからなくでも大丈夫です。

パソコンを選ぶときのポイントはこれだ

2 (63)
最後に、パソコンを選ぶ際のポイントを説明します。スペックがいいことに越したことはないのですが、だれもムダなお金を使いたくないでしょう。目的に合った、必要十分なスペックのパソコンを選ぶことが重要です。

CPU

ここが一番難しいところです。一般的な作業や娯楽目的であれば、エントリークラスやミドルクラスのCPUでも問題ないでしょう。メーカーはIntelAMDのどちらかなので、各ホームページで調べるとよいでしょう。プログラミングなどCPUパワーが必要な作業をするのであれば、ハイエンドクラスのCPUを選んだほうがストレスなく作業できます。

メモリ

メモリは、最低4GBはあったほうがよいです。8GBあればほとんどの場合心配ないでしょう。仮想マシンを複数起動するなど、メモリを大量に使う処理をする場合には、16GB以上を選択することも検討してみてください。とはいえ、後からでも増設がしやすい部分なので、必要になってから追加してもOKです。

GPU

最近のCPUには、一部を除きGPUが組み込まれています。そのため、組み込みのGPUだけで事足りる場合が多いです。しかし、性能はそれほど高くないため、高度な3Dグラフィック処理はできません。3D処理が必要なら、別途ミドルクラスやハイエンドクラスのGPUを選ぶとよいでしょう。メーカーは、NVIDIAAMDのどちらかです。また、動画を扱う際にもGPUが重要になってきます。

HDD・SSD

OSをインストールするシステムドライブにはSSDを選択することをおすすめします。HDDに比べ、起動速度や動作速度が段違いに早いからです。しかし、まだまだSSDは高価なため、保存用やバックアップのドライブにはHDDを使わざるをえないでしょう。SSDとHDDを組み合わせるのがベストです。

LAN

今やインターネットに接続できないパソコンは役に立ちません。有線接続にするのか無線接続にするのかを決めて、対応している製品を選びましょう。デスクトップで無線接続する場合には、USBタイプの無線LAN子機が必要になります。マザーボードに組み込まれている製品もありますが、規格が増えたときに対応できないためおすすめできません。

光学ドライブ

用途によってはほとんどDVDドライブやBlu-rayドライブを使わないこともあります。たまにしか必要なければ、外付けのドライブで対応してもよいでしょう。頻繁に使う方は、なるべくドライブ内蔵の製品がよいです。ほとんどの外付けのドライブは、自動でトレイが出てこないため、ディスクの出し入れをするのが面倒になります。

まとめ

今日のパソコンは多様化しているため、システムエンジニアといえどもパソコン選びは面倒なものです。とはいえ、業務に役立つこともあるため、今のパソコン業界の動向を知っておくことをおすすめします。ウェブ上の情報を眺めるのもよいのですが、実際に家電屋に行って見て触ってきたほうが手っ取り早いでしょう。パソコンを単なる道具だと思わずに、どんな技術が使われているのか興味を持ってみると新たな発見もありますよ。あなたはどんなパソコンを選びますか?

関連記事