安心してフリーランスを続けるために「各種組合」を知ろう!

保険・年金 フリーランス基礎知識

引用元:写真AC

フリーランスは年金や国民健康保険料を自分で支払わなければなりませんが、フリーランス始めたての人はその額に驚くかもしれません。特に今までは企業が半分負担してくれていた健康保険などを「全額支払わなければならない」という現実に、フリーランスとして活動できるか、支払い続けられるか不安がよぎるというのはかなりよく聞く話です。

また、自分一人で仕事を行うのが一般的なフリーランスは、ケガや病気による休業をしても、保障を得られにくい傾向にあります。独り身であればまだいいですが、扶養家族がいる場合はその不安は大きいものになるでしょう。そんなフリーランスですが、その不安を少しでも軽減するべく、フリーランスが加入できる「組合」というものがあります。各種組合を理解しその恩恵を賢く受けるためにも、加入することで得られる安心や保障についてチェックしてみましょう。

 

フリーランスの健康保険料が高く感じる理由

市町村によりその金額には差異があるものの、国民健康保険に加入した場合、保険料は自身の収入によって決まります。つまり、事業が軌道にのり、収入が上がれば上がるほど、保険料もどんどん増額されていきます。

元々会社員であれば健康保険の一部を会社が負担してくれていますが、フリーランスになればもちろん保険料は全額負担です。そのため、大半のケースでフリーランスになった瞬間、保険料は倍増することになります。そこで国民健康保険の代わりに「各種組合」に所属し、その負担を軽減することができる可能性があります。そのためフリーランスでも加入できる各種組合の仕組みを知っておくと便利です。

ただし、国民健康保険が全て損をする訳ではありません。極端に収入が下がり、前年の収入ベースが維持できないと思ったら、市町村の窓口で保険料の相談ができます。これは収入によって保険料が決定する仕組みである国民健康保険ならではなので、事業が軌道に乗るまでは、あえて国民健康保険を選択するのも一つの選択といえます。

関連記事

保険料の負担が悩みの種!?フリーランスのため健康保険、何を選ぶ?

 

WEBデザイナーやイラストレーターなら「文芸美術健康保険組合」

WEBデザインやイラスト制作などを生業として、フリーランス活動をしているのであれば、文芸美術健康保険組合という組合に加入できる可能性があります。これは個人事業主を対象に加盟団体の会員の健康保険料などをカバーしてくれる組合であり、加入すると収入に関わらず一定金額の保険料となります。

加入するためには条件があり、文芸美術健康保険組合に加盟している各種団体の会員になる必要があります。例えばイラストレーターであれば「日本イラストレーター協会」の会員になることで文芸美術健康保険組合の組合員にもなることができます。

加盟団体の会員になるためには、一定の会費や加入金が必要になりますが、団体に加盟することで受けられる恩恵は多分にあります。例えば資格取得のためのセミナーが割引または無料で受けられたり、会員に対し業務の斡旋や仲介を行ったりといった、今後、活躍の場を広げるための各種助成がありますので、一定以上の収入があり、更に業務を充実させたい人には加入を検討する価値があるものです。(支援活動の内容は加盟団体により差異がありますので、自分の該当する協会が複数ある場合は十分に吟味しましょう。)

組合に加入するために「同業者の団体に加盟しなければならない」というのは少々面倒で、あまり保険料が安くならないように感じるかもしれませんが、長い目で考えると、保険料の定額化以外の恩恵の方が役立つ可能性を秘めています。

また、文芸美術健康保険組合のホームページでは、収入による国民健康保険料をシミュレーションすることができます。扶養家族がいない独身で、介護保険該当者がいない場合、文芸美術健康保険は収入に関わらず、年間202,800円の保険料であるに対して、国民健康保険料は収入が200万の場合213,300円、300万の場合297,600円、400万の場合381,900円と上がっていきます。このシミュレーターは杉並区の場合の国民保険料ですが、このように収入が200万を超える場合には文芸美術健康保険に入るほうが保険料が安いことがわかります。

 

 

エンジニア関連業なら「全国ソフトウェア連合会」

引用元:写真AC

エンジニア業では個人で加入できる健康保険団体は今のところありません。しかし、先ほどの日本イラストレーター協会のような同業者組合には属しておいた方がよいこともあります。その理由としては「案件の紹介や自己啓発費用、各種セミナーなどの助成」といった、個人では出会うことのできなかった人脈を作れたり、成長を手助けしてくれたりと様々なメリットがあるからです。

全国ソフトウェア協同組合連合会のサイトから、地域のソフトウェア協同組合のサイトや活動内容を比較して、自身の条件に合った団体へ加入を検討してみましょう。なお、法人化を検討しているのであれば、「東京都情報サービス産業健康保険組合」のような各地域に所在する保険組合に属することができますので、併せて視野に入れるとよいでしょう。

全国ソフトウェア協同組合連合会
東京都情報サービス産業健康保険組合

 

休業補償なら「商工会議所」の会員も検討しよう

商工会議所は地域の個人事業主や中小企業を中心としてその地域の活性化を助成する団体ですが、会員だけが加入できる休業補償保険などもあります。個人事業主として心配なのは「急なケガや病気になった場合の収入はどうするのか」ということが一番でしょうが、年間1万円程度の会費を支払うと加入できる休業補償保険プランには様々なものが用意されていますので、一度資料を確認してみるとよいでしょう。

もちろん、商工会議所ですから、単に休業補償を受けるためだけに加入するよりも、商工会議所の会員だから出られるセミナーなどに参加する、事務所拡大のための融資相談など、様々な経営支援を受けることがおススメです。

 

組合に加入することで様々な人脈と保障が

上記では健康保険料の軽減と組合に所属するメリット(人脈形成など)について注目してきましたが、健康保険組合に加入できた場合はその団体が様々な福利厚生を提示しているケースが多くあります。

例えば、人間ドックの斡旋に始まり、提携フィットネスの割引提携保養施設の優待などがあります。これは単にお得に利用して欲しいという訳ではなく、心身のリフレッシュを通して、健康にいつまでも第一線で活躍して欲しいという加入者に対する思いもあります。

また、同業者団体に加入することで、仕事のパートナーを見つけ、新たなクライアントに出会える可能性もありますので、「業務が軌道に乗ったら組合加入を検討する」ということを頭の片隅においておくことをおススメします。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

関連記事