プログラマーって英語は必要なの?

エンジニア(SE)・プログラマ 学習・スキルアップ

Img1 (24)
プログラマーとしてやっていきたい、もしくはすでにやっている方にとって、
「プログラマーは英語が必要」という話をよく聞くと思います。
しかし、特に何年もプログラマーとしてやってきた方の中には英語にさほど触れることがなく、その必要性をあまり感じていなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そういった方は、改めて英語を勉強する必要があるのだろうか?と言った疑問を持たれているかと思います。

また、これからプログラマーとしてやっていきたいという方の中には「プログラマーとしてやっていくためには英語も勉強しないとなのかな?」と考えている、あるいは不安を抱いている方も多いかと思います。
この記事では、そういった方のために、プログラマーには英語が必要なのか?について説明していきます。

プログラマーが英語を必要とする場面とは?

プログラマーが英語を必要とする場面というのは、日本ではそこまで多いわけではありません。
というのも、書籍やドキュメントについては日本語に翻訳されている場合が多く、サポートなども日本の窓口を用意している企業が多いため、そこまで英語を必要とされる場面は多くありません。また、最近ではGoogle翻訳を始めとする翻訳サイトの充実により、それほど英語ができなかったとしても、不便を感じることは少なくなりました。

その一方で、グローバル化の流れの中で、海外の方とやり取りをする場面も多くなってきました。
もちろん、海外の方とのやり取りも大半はメールやチャットなどでのやり取りになりますので、翻訳サイトを介してやり取りすることも不可能ではありませんが、英語を習得していた方がスムーズなやり取りをすることができます。

プログラマーって英語できる人が多いの?

先ほども述べましたが、プログラマーが英語を必要とする場面は、日本において多いわけではありません。そのため、プログラマーが他の職業に比べて特別に英語ができる人が多い、という印象はありません。

しかしながら、深い知識や新しい知識になればなるほど日本語のドキュメントに翻訳されている可能性が低く、英語のドキュメントを読み込む必要があります。

そのため、技術的知識が豊富な、いわゆるできるプログラマーは、
同時に英語もある程度使いこなすことができる方が多いように思います。
もちろん、単純に英語ができれば良いという訳ではなく、プログラマーとしての能力も必要なのはもちろんですが、プログラマーとしての能力を底上げするという意味では英語は非常に重要なファクターになっています。
英語ができるプログラマーということで、直接給与などが上がるということは多くはありませんが、プログラマーとしての能力が底上げされ、プログラマーとしての能力が認められることにより、間接的に給与が上がるということは十分にあり得る話です。

また、グローバル化により海外の方とのやり取りが必要な場面も多くなってきており、英語ができるプログラマーということで、給与面以前の話として就職しやすさという側面からも有用となる可能性が高くなっています。

特にプログラマーは新しい技術を要求される場面も少なくありませんし、技術担当として海外のエンジニアと直接やり取りすることを求められることも多くなっていますので、今後は特に英語が使えることを求められる機会は増え、英語の使えるプログラマーの割合は増加することが予想されます。

プログラマーの英語はどの程度必要ですか?

先ほど、今後は英語ができるプログラマーの需要が多くなるという話をしましたが、では、実際にどの程度、英語ができるようになる必要があるのか、ということも気になるところだと思います。
英語が使える、と言っても、プログラマーに求められる英語の多くは英文解釈と英作文となります。

というのも、海外の方とのやり取りに関しても大半はメールないしはチャットでのやり取りとなります。もちろん、実際に会話をする必要がある可能性もありますが、海外の方と対面する職場でない限り、それほど多くはありません。
そのことから考えますと、最低限として英語の文章をスムーズに読むことができることが必要になります。加えて、自分の考えを英文にすることができれば、不便を感じることは非常に少なくなると思います。

もちろん、会話が必要になる場面は少ないと言いましたが、実際に会話が必要になる可能性も全く無いわけではありませんので、そう言った場面でも対処できるようにするために、簡単な会話のためのフレーズをいくつか覚えてしておくと良いでしょう。

英会話においては、相手も配慮をしてくれる可能性が非常に高く、冷静に対応することができれば、何とかなることも多いです。そのためにも、咄嗟に使えるフレーズを覚えておくことは、冷静さを保つための最低限の保険にもなります。
もちろん、やり取りの時間がかかってはしまいますが、そこまで頻度も高くないことから、これでも十分である場合が多いと思います。

英語ができるプログラマーは普段どうしていますか?

英語ができるプログラマーと言っても、大半の方は他の方と変わらない日常を送っていて、そこまで英語に関わっている方は多くはありません。
しかしながら、問題が発生したり新しい技術が必要になったりした際、英語ができるプログラマーであれば、日本語で求める答えが無かったとしても、迷わず英語のサイトや資料を探しに行くことができます。

また、時には英語で直接問題について問い合わせを行ったり、掲示板に英語で書き込んだりして答えてくれる人を探します。
結果として、英語を避けるプログラマーとは対照的に、英語に関わる時間が多くなります。また、英語ができるプログラマーの場合、日本語の資料を見て良く分からなかった場合に、英語の原文を見に行くこともあります。

これは日本語の資料が英語の資料の翻訳となっている場合、特に技術系の文書においては翻訳する方が技術的に明るくないと誤訳になっていることもありますので、翻訳が正しいかどうかを原文と比較することによって解釈することもあります。

こうして、英語ができるプログラマーの日常は普段についてはさほど変わらないものの、あまり意識しない形で英語に関わることが非常に多くなっています。

結局、プログラマーに英語は必要?

Img2 (26)
ここまで、プログラマーと英語の関係を色々と見てきました。実際のところ、日本においてはプログラマーにとって英語が必須かというと、英語が仮にできなかったとしても、仕事としてやっていくことは不可能ではありません。

しかしながら、英語ができないということは、英語の情報を全く取得できないため、プログラマーとしての知識や経験を積み上げていっても、ある段階で英語の壁に阻まれてしまうことになります。

また、仕事の依頼においても、英語無しではどうしても解決できない問題が存在するのも事実です。そういった時に解決できるかできないか、といったことはプログラマーとして能力の高さを証明することにもつながってきます。特に仕事を依頼する側としては問題解決が最優先となりますので、複数のプログラマーに対して解決策が無いか聞く場合もあります。

その時、英語ができるプログラマーであれば解決策を見つけることができますが、英語ができない場合は見つけることができないこともあり、依頼する側からすれば、当然ながら解決できる方を選ぶことになります。

そのため、プログラマーにとって英語とは必要なものではありませんが、他のプログラマーと比較されることが多い職業でもありますので、差別化するという意味で英語は必要なツールであると言えます。そして、それを理解しているプログラマーであれば、英語を積極的に習得しようとしているはずです。
あなたの周りのプログラマーの方は、英語を積極的に取り入れていますか?]]>

関連記事