フリーランスになれば、どこでも・いつでも仕事ができる?自由な働き方を楽しもう

フリーランス基礎知識 課題・悩み 案件獲得・営業

フリーランスで自由な働き方を楽しもう

フリーランスに興味がありますか?フリーランスはとても自由な働き方で、徐々に日本でも広まりつつあります。すでに約127万人ものフリーランスの方が活動しています。労働人口に対する割合で言うと、だいたい50人に1人ぐらいの割合です。この割合はさまざまな要因によって、これから増加していくと予想されています。フリーランスという働き方を聞いたことはあっても、まだよく分かっていないという方も多いでしょう。これからフリーランスの核心に迫っていきましょう。

この記事では、

  • フリーランスという働き方に興味がある方
  • フリーランスにどんな仕事があるのか知りたい方

のために、フリーランスという働き方の魅力やサラリーマンとの違いについて説明していきます。また、フリーランスとしてできる職種や仕事、仕事を探す方法についてもお伝えしていきます。ぜひご一読して、あなたもフリーランスを始めてみませんか?

目次

  • フリーランスのココが魅力!広がる新しい働き方
  • フリーランスとサラリーマンとの違いとは?
  • フリーランスとしてできる仕事はコレだ!
  • 誰でもすぐ始められる!フリーランスの仕事を探す方法

フリーランスのココが魅力!広がる新しい働き方

1

日本でもフリーランスという働き方が広まりつつあり、すでに127万人以上のフリーランスの方が活躍しています。フリーランスのどこが魅力的なのでしょうか?最大の魅力は「自由なこと」でしょう。次項で説明しているように、場所や時間を問わずに仕事ができますし、仕事も自分で決めることができます。自由な反面、自分でやらなければいけないことは増えますが、”フリーランスになって仕事の満足度が上がった”という声もよく聞きます。

フリーランスとサラリーマンとの違いとは?

2

次に、フリーランスとサラリーマンの違いを、いろいろな側面から説明していきます。フリーランスには、会社員とはまた違った魅力があります。

時間ではなく成果で働く

サラリーマンは、月給が決まっていますし、残業があるにしても基本的に1日に働く時間は決まっています。このため、アルバイトと同じように時給で働いているとも言えます。一方、フリーランスは”成果”で働きます。「○○○までに×××を納品する」といった具合です。最終的に求められるのは成果なので、どれだけ時間がかかったかは無関係です。つまり、早く仕事をするほど時給(月収)が上がるということです。固定給のサラリーマンとは違い、がんばるほど稼ぐことができるのです。

場所・時間を問わずに働ける

テレワーク(在宅勤務)が普及しつつあるとはいえ、未だにほとんどの会社員は社内で働いています。これは、上述のような時間で働く会社員では、勤務状態をチェックすることが難しいテレワークはなかなか導入できないというのが理由のひとつです。一方、フリーランスは成果で働くため、常時勤務状態をチェックする必要はありません。約束の期日までに成果を出せているかを確認すればよいだけです。このため、フリーランスは、働く場所も時間も自由に決められます。もちろん、仕事の進め方も自由です。最終的に成果を出せれば問題ありません。

自分で仕事を選べる

会社員は、自分に割り当てられた仕事が決まっています。たいていは上司に言い渡された仕事をすることになるでしょう。一方、フリーランスは自分で仕事を選べます。自分で仕事を探すのですから当たり前ですね。もちろん、好きな仕事ばかりというわけにはいきませんが、ある程度は自分で仕事をコントロールできます。スキルアップしたいスキルを使う仕事をしたり、あなたが得意な分野の仕事をしたりと、いろいろな選び方が考えられます。

仕事道具を自由に選べる

サラリーマンは、パソコンなどの仕事道具は支給されますので、会社が決めた備品を使うことになります。一方、フリーランスは、自分で備品を購入するので、仕事道具を自分で自由に決められます。自腹を切らなければいけないのがちょっと痛いのですが、全額経費として処理できるため、それを利用して節税することもできます。

フリーランスとしてできる仕事はコレだ!

次に、フリーランスとして働くことができる仕事を紹介していきます。自分にできそうな仕事を見つけてみましょう。

エンジニア系

システムエンジニアプログラマーなどのエンジニアはフリーランスに適しています。全体的に高単価な案件が多く、100万円を超えるものもあります。言語やシステムの種類によって金額が大きく変わってきます。人工知能などの注目が高い分野、エンジニア人口が少ない分野は高単価になる傾向にあります。逆に、PHP案件やWordPress案件など、人気はあるもののエンジニア人口が多い分野は単価が低くなりがちです。

デザイナー系

ウェブデザイン広告デザインイラスト制作なども、フリーランスが多い分野になります。ページ単位枚数単位で、だいたいの相場が決まっているのが特徴です。ネット上でスキルをアピールしやすいので、ネットからの仕事だけで生活をしている方もいます。このタイプのフリーランスになるなら、ぜひブログポートフォリオサイトを作ってみましょう。仕事の間口が広がります。

ライター系

ブログライティングコピーライティング、サイトコンテンツ作成など文字を書く仕事になります。この分野は、1文字○○円といった具合に、文字単価で報酬額を決めることが多いです。記事単位で決めることもあります。内容の専門性が高いほど高単価になっていきます。初心者から上級者まで、さまざまなレベルの案件があるのが特徴です。ほぼどんな方でも始められますので、なにをやりたいか決まっていない方は、とりあえずライターから始めてみてはいかがでしょうか?

データ入力系

ECサイトの商品入力やデータ収集、アンケートなどの単純作業になります。専門知識は必要とされませんので、誰でも気軽に始められます。単価は低い傾向にありますが、作業を効率化することで、時間あたりの報酬額を上げることができます。コツコツ作業をしたい方におすすめ。

誰でもすぐ始められる!フリーランスの仕事を探す方法

最後に、フリーランスの仕事を探す方法を紹介します。ここでは、3つのタイプに分けて説明しています。あなたに合った方法を試してみましょう。

専門的なスキルを持っていない方は・・・

専門的なスキルを持っていない方は、クラウドソーシングサービスがおすすめ。クラウドソーシングは、インターネット上で仕事探しから受注、報酬の受け取りまで完結することができるサービスです。ライティングや商品入力、ネーミングなどスキル不要でできる案件が多数登録されています。業界最大手のクラウドワークスで仕事を探してみるとよいでしょう。

また、システム開発やサイト制作、ウェブデザインなどスキルを必要とする案件も豊富に登録されています。スキルのある方でも一度のぞいてみるとよいでしょう。

専門的なスキルを持っている方は・・・

システム設計やプログラミング、デザインなど専門的なスキルを持っている方は、エージェントサービスがおすすめ。エージェントサービスは、フリーランスと企業をマッチングさせてくれるサービスです。専門的なスキルを必要とする案件が中心なので、高単価な案件が数多くあります。営業しなくても仕事が見つけられますので、営業が苦手な方は特に助けになるでしょう。

エンジニアデザイナーの方は、クラウドテックで案件を探してみましょう。アプリケーション開発やウェブデザインなどの案件を専門に扱っています。利用料は無料です。登録も簡単なので、ぜひ試してみてください。

人脈が豊富な方は・・・

以前の職場や取引先、知り合いなどの人脈から仕事を得ているフリーランスの方も少なくありません。人脈が豊富な方は、営業をかけて仕事をもらってきましょう。その際には、名刺を用意してあなたが引き受ける仕事について周知しておくとよいでしょう。また、セミナー勉強会などを活用して、さらに人脈を広げることも大切です。

まとめ

フリーランスという働き方がどんなものかお分かりになりましたか?フリーランスは魅力的な働き方で、誰にでもすぐ始められます。まずは、あなたにできる仕事がないか探してみるとよいでしょう。クラウドソーシングサービスを使えば、今すぐにでもネット上で仕事を探せます。案件を引き受けるのも簡単です。

また、本格的に始めてみようと思っている方は、エージェントサービスを利用してみましょう。月単価100万円以上の高額案件もあります。フリーランスは、本業としても副業としても適しています。あなたに合った方法で始めてみましょう。あなたはどんなフリーランスになりたいと思いますか?

関連記事

メリットがいっぱい!フリーランスだからこそできる自由な働き方

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

関連記事