継続?切り替え?フリーランスのための国民健康保険入門

基礎知識

フリーランスのための国民健康保険入門

日本では、ほとんどの方が健康保険に入っています。なぜなら、健康保険に入ることは、法律で定められた義務だからです。あなたがサラリーマンなら、給料から毎月、健康保険料が天引きされているでしょう。給与明細をよく見ると書いてあります。もし、あなたがフリーランスで健康保険に未加入のままになっているなら、今すぐにでもいずれかの保険に加入する必要があります。

この記事では、

  • これからフリーランスになろうと考えている方
  • 駆け出しのフリーランスの方
  • すでにフリーランスとして活動しているが、収入に不安のある方

のために、フリーランスの健康保険について説明していきます。健康保険への加入は、どうしても避けては通れない道です。最もいい選択肢を選べるように、ぜひご一読してしっかりと知識をつけておきましょう。

目次

  • 健康保険にもいろいろある
  • フリーランスになっても会社の健康保険を使う方法
  • 実際、健康保険料はいくらかかるのか?
  • フリーランスが健康保険料を安くするための方法

健康保険にもいろいろある

1

はじめに、健康保険の種類と内容、メリット・デメリットを紹介します。選択肢は、国民健康保険だけではないことを知っておきましょう。

国民健康保険

国民健康保険は、個人事業主(フリーランス含む)のための健康保険です。多くの方が加入する、最も一般的な健康保険でしょう。保証内容は、社会保険に近いのですが、傷病手当金や出産手当金が支給されないなど、一部の保証がありません。また、お住いの市区町村によって保険料が異なります。金額にはかなり幅があるため、場所によっては年間で数十万円もの差が出ることもあります。なお、国民健康保険料の請求は、世帯主に対してまとめて行われます。

メリット

  • 個人事業主なら、だれでも加入できる
  • 最も一般的な健康保険で、加入者が多い

デメリット

  • 他の健康保険と比べて、保険料が割高になることが多い
  • 扶養家族の概念がないため、扶養家族の分も通常通り請求される

健康保険組合

健康保険組合は、国民健康保険の一種で、比較的安い保険料で同等の保証を得られます。ただし、だれでも加入できるわけではなく、その健康保険組合が認めている特定の業種の方しか加入できません。すべての業種に組合があるわけではないため、職種によっては、加入は難しいでしょう。国民健康保険とは違い、保険料が変動しない(一定の)場合が多いことも特長の一つです。

メリット

  • 国民健康保険よりも、保険料が安くなる場合が多い
  • 本人だけでなく、家族も加入できる

デメリット

  • 特定の職業の人でないと加入できない
  • 収入が低いと、国民健康保険よりも保険料が高くなる可能性がある

扶養家族

配偶者などの家族がサラリーマンであれば、扶養家族に入ることも検討しましょう。年収が130万円未満でなければならないなど、いくつか条件があり、被保険者の方に養われていると認められる必要があります。特に、フリーランス駆け出しの頃は、年収が低い時期もあります。もし条件に当てはまるなら、積極的に活用することで保険料を0円にできます。なお、扶養家族は何人いてもOKです。

メリット

  • 保険料をタダにできる
  • 家族は何人でも入れる

デメリット

  • 収入などの条件を満たさないと入れない
  • 手続きは、被保険者の会社で行ってもらう必要がある
  • 収入が増えた時には、別の健康保険に加入し直す必要がある

フリーランスになっても会社の健康保険を使う方法

フリーランスになったら、会社の健康保険は使えないと思いがちですが、実は違います。申請をすれば、2年間に限り会社の健康保険を任意継続することができるのです。申請は退職後20日以内にしなければいけません。また、一日でも保険料を滞納すると、強制的に脱退させられてしまう可能性があります。くれぐれも注意しましょう。なお、退職までに2ヶ月以上保険に加入している必要があります。

メリット

一番大きなメリットは、扶養家族が保険料の負担なしに加入できることです。扶養している家族がいる場合には、他の保険よりもかなりお得になります。また、任意継続時の保険料から変動しないため、その後の収入によっては、保険料が安く済む場合があります。

デメリット

任意継続時の保険料から変更がないということは、その後収入が落ち込んだ場合には、かえって保険料が高くついてしまう可能性があるということです。収入に変動があると思われる場合には注意が必要です。もちろん、それから別の保険に変更しても遅くはないでしょう。

実際、健康保険料はいくらかかるのか?

それでは、健康保険料は実際にいくらぐらいかかるのでしょうか?ここでは、それぞれの保険ごとに保険料の計算方法を説明します。

国民健康保険

国民健康保険料の計算はやや複雑です。「所得割額・資産割額・均等割額・平等割額」の4つに対して、「医療保険分」「後期高齢者支援金等分」を算出しなければいけません。

所得割額:(前年の総所得金額 - 33万円)× 税率(都道府県により異なる)
資産割額:当年度の固定資産税額 × 税率(都道府県により異なる)
均等割額:被保険者一人あたり一定金額(都道府県により異なる)
平等割額:一世帯あたり一定金額(都道府県により異なる)

以上、4×2種類の金額をすべて合計した金額が、年間の国民健康保険料になります。税率などの詳細は、各都道府県のホームページをご確認ください。よくわからない場合は、役所で計算してもらいましょう。

健康保険組合

健康保険組合にはいろいろな種類があります。ここでは、フリーランスの方が比較的入りやすい「文芸美術国民健康保険組合(文美国保)」を例に説明していきます。といっても、計算する必要はなく、一律月額17,200円になっています(平成28年度)。また、家族の方は月額9,000円で加入できます。この組合に加入できるのは、デザイナーイラストレーターなど文芸・美術関係の仕事をしている方です。

なお、加入の際は、世帯全員の住民票(3ヶ月以内のもの)や文芸・美術及び著作活動に従事していることを証明する書面のコピー(確定申告書B控や作品など)が必要です。

任意継続

任意継続の場合、退職時の給料で保険料が決まります。それ以降の変動はありません。都道府県によって保険料が異なるため、下記の保険料一覧表を参照してください。退職時の所得を元に表を確認するだけで毎月の保険料がわかります。なお、保険料には上限があるため、所得が高い方ほどお得になります。

任意継続の保険料一覧:

https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h28/h28ryougakuhyou9gatu

フリーランスが健康保険料を安くするための方法

フリーランスは複数の選択肢の中から健康保険を選べるため、各健康保険の保険料をしっかり比較することが重要です。どれが最も安く済むのか、よく計算しましょう。その際には、将来の所得や状況の変動を考慮しておく必要があります。

また、国民健康保険料は大部分が所得を元に計算されるため、経費をしっかり計上し、青色申告を行うことで、保険料を安くできます。しかも、所得税住民税なども安くなって一石三鳥です。移住を考えている方は、引越し先の保険料率も考慮に入れたほうがよいかもしれませんね。もし居住地に選択肢がある場合には、なるべく保険料が安い地域に住みましょう。

まとめ

どの健康保険に入ればいいか、お分かりになりましたか?どの健康保険が適しているかは、人によって異なります。保険料を計算するなどして、自分に最適な保険を見つけましょう。計算がよくわからない方は、各健康保険窓口に問い合わせましょう。また、すでにフリーランスになっている方は、もっと健康保険料を安くできないか考えてみましょう。保障内容が変わらないなら、安くなったほうが断然お得です。あなたの保険料はいくらになりましたか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事