フリーランスで成功者になろう!成功するためにやっておくべきこと

フリーランスで成功するためにやっておくべきこと

経済産業省の統計データ(中小企業白書)によると、1年以内に約40%の個人事業主が廃業しています。これは個人事業主を対象としているので、フリーランス以外も含まれていますが、参考になる数値です。期間を5年、10年と伸ばしていくと、廃業率も75%、90%とどんどん高くなっていきます。10年生き残れるフリーランスの方は、数少ないといっていいでしょう。それでは、どうしたら10年後も生き残れるフリーランスとして成功できるのでしょうか?

この記事では、

  • これからフリーランスになろうと考えている方
  • すでにフリーランスとして活動しているが、あまりうまくいっていない方

のために、フリーランスで成功した人が実践していることを紹介していきます。また、フリーランスにとっての成功とは何か、フリーランスで成功するための前準備などについてもお伝えしていきます。ぜひご一読して、10年後も生き残れるフリーランスになりましょう。

目次

  • フリーランスで成功するってどういうことだろう?
  • フリーランスになっても成功しやすい人
  • フリーランスで成功するための前準備
  • 成功しているフリーランスの人が実践していること

フリーランスで成功するってどういうことだろう?

1

サラリーマンにとっての成功といえば、「平均年収より稼ぐ」「理想の年収を超える」「上級の役職につく」など、一般的に明確な目標がありますよね。フリーランスでも似たような部分はありますが、異なる働き方のため、成功の定義にもやや違いがあります。また、人によっても、どうなれば成功したと思うかは異なるでしょう。大きく分けて、フリーランスにとっての成功とは、次の3つになります。

報酬面での成功

サラリーマンとも共通しますが、一番の成功といえば、やはり報酬面での成功でしょう。フリーランスは、業種ごとの平均年収の統計データーがあまりありません。そのため、サラリーマンの業種ごとの平均年収を参考にします。フリーランスは、福利厚生や社会保障がほとんどなく、税金も自分で納めなければいけませんので、その分を考慮に入れないといけません。

そのため、だいたいサラリーマンの平均年収の1.5倍~2倍以上稼ぐことができれば、成功しているといってもいいでしょう。サラリーマン時代に年収400万円だった方は、600万円~800万円稼ぐ必要があるということです。難しいように思えますが、フリーランスの単価はサラリーマンよりも高いため、同じような仕事でも報酬は高くなります。スキルのある方なら、それほど難しいことではないでしょう。

精神面での成功

フリーランスになる動機のひとつには、独立して自分の力を試したい、という考えもあります。会社に頼らず、自分だけの力で生きていくということです。この場合、自立して業務を行っていくことができれば、成功したといえるでしょう。コネでもらった仕事をこなしているだけではダメで、自ら仕事を獲得していく必要があります。フリーランスとして長く生き残るためにも、これは重要なことです。

働き方としての成功

「自分の好きなことで自由に働きたい!」と思ってフリーランスになる方も多いでしょう。自分で仕事を選んで、自由に働ける、というのはフリーランスの特権ですね。とはいえ、フリーランスになったからといって、好きな仕事だけで働けるとは限りません。それにはやはり、努力が必要です。仕事が少なければ、嫌な仕事でもやらざるを得ませんからね。

自分の好きな仕事で生きていくためには、スキルやコミュニケーション力を磨いて、仕事の数を増やしていく必要があります。クライアントに言われるがままではなく、自分で仕事を選べるようになったら、成功したといえるでしょう。

フリーランスになっても成功しやすい人

それでは、どんな人がフリーランスになっても成功しやすいのでしょうか?

自由なフリーランスには自己管理が欠かせません。スケジュール管理をしっかりして、だらけずに仕事ができる人は、フリーランスになっても成功しやすいといえるでしょう。また、誰もあなたに指示する人はいないわけですから、自身で考えて、自分から積極的に行動に移していける人が向いています。受け身ではダメなのです。計画性を持って、フリーランス活動を進めていきましょう。

フリーランスで成功するための前準備

2

フリーランスになったときに、より成功率を高めるために前準備をしておきましょう。具体的には、次の3つです。

仕事の根回し

いきなりフリーランスになっても、すぐには仕事が見つからないかもしれません。そのため、フリーランスになる前から、今の職場や知り合いなどに仕事の根回しを行っておきましょう。

スキルを磨く

スキルは、フリーランスで最も大切なもののひとつです。在職中のほうが、実際の業務から知識を得やすいため、積極的に学習していきましょう。資格の取得を目指してもよいでしょう。

個人事業主としての知識

フリーランスは、法的には個人事業主に値します(※法人設立しない場合)。つまり、確定申告や税金、会計処理など、個人事業主としての知識が必要です。慌てないように、事前に勉強しておきましょう。

成功しているフリーランスの人が実践していること

最後に、成功しているフリーランスの人が実践していることを紹介します。ぜひ、あなたも実践してみましょう。

サービスを活用する

ネット上には、フリーランスのためのサービスがたくさんあります。例えば、エージェントサービスクラウドソーシングサービスなどです。サービスを活用するほど、仕事の幅が広がりますので、それだけ仕事を受けやすくなります。エンジニアやデザイナーの方は、クラウドテックがおすすめですよ。

ブログ・ポートフォリオサイトを作る

仕事の間口を広げるために、ブログポートフォリオサイトを作りましょう。今では無料のサービスもありますし、レンタルサーバーでも月額数百円から借りることができます。うまくいけば、放っておいても仕事が来るようになりますよ。

人脈を作る

クライアントがいなければ仕事になりませんから、セミナー勉強会で人脈を作りましょう。その際には、必ず名刺を作って持っていきましょう。名刺がないと、覚えてくれる確率がグッと下がります。印象的な名刺ほど、覚えておいてもらえるでしょう。また、FacebookTwitterなどのSNSでも人脈を広げましょう。ビジネスには、FacebookやLinkedInが向いています。

確定申告ソフトを利用する

特に初心者には、会計処理は煩雑でミスの起こりやすいものです。確定申告ソフトを利用すると、会計処理をミスなく、簡単に行えるようになります。もちろん、慣れている方でもソフトの力を借りたほうが、処理が早く進みます。こまめに経費を計上して、計上漏れがないようにしましょう。おすすめは「MFクラウド確定申告」「やよいの青色申告」です。

スケジュールを管理する

自由に仕事ができるフリーランスは、しっかり自己管理しないとだらけがちです。毎日のスケジュールを正確に管理して、決めたとおりに業務をこなしましょう。「できるだけやる」ではなく、「これだけやる」にしたほうが、目標が定まってやる気がでます。

スキルアップを目指す

フリーランスは、スキルアップが報酬アップにつながります。業務内、業務外問わず、常にスキルアップを心がけましょう。時代遅れのスキルにならないように、新しい技術や情報をキャッチアップしていきましょう。

健康に気を使う

病気になっても、あなたの代わりに仕事をしてくれる人はいません。長期に渡ると、仕事が進まないばかりか、クライアントを失うことにもなりかねません。医療費と無収入の2重苦になってしまわないように、日頃から健康には人一倍気をつけましょう。

まとめ

フリーランスで成功する方法がお分かりになりましたか?フリーランスで成功している人には共通点があります。あなたに実践できそうなことが見つかったら、今日からでも早速やってみましょう。また、あなたなりのフリーランスとしての成功の目標を考えてみるとよいでしょう。何かしら目標があったほうが、モチベーションが保てます。目標に到達できるように、フリーランス活動を続けていきましょう。あなたはフリーランスとして、何年生き残りたいですか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事