健康第一!フリーランスが健康診断を安く受ける方法と受けるべき診断内容

フリーランス基礎知識 課題・悩み

健康第一!フリーランスの健康診断
最近健康診断を受けましたか?「どこで受けたらいいかわからない」「健康だから行かなくても問題ないでしょ」「料金が高そうだから行かない」といった方が多いのではないでしょうか?たしかに、健康診断はお金も時間もかかりますし、それ自体がなにか直接的な利益になるわけではないので敬遠しがちです。しかし、フリーランスは体が資本ですから、サラリーマンよりも健康に気を使わなければなりません。体調を崩してからでは遅いのです。

この記事では、フリーランスで働き始めてから数年が経った方のために、健康診断を受ける方法や安く受ける方法、受けるべき診断内容などについてお伝えしていきます。フリーランスではサラリーマンのように会社が受けさせてくれるわけではありません。自分の健康を第一に積極的に受診しに行きましょう。

なぜ健康診断を受けなければいけないのか?

そもそも、どうして健康診断を受けなければいけないのでしょうか?健康診断を受ける目的は病気の早期発見にあります。がん以外の病気でも早期に発見するほど完治するまでの時間は短くなりますし、自覚症状が現れる前に治療することも可能になります。フリーランスはサラリーマンとは違い、療養中に給料が支払われることはありません。休んでいる間、収入はなくなりますし、長期になるとクライアントを失ってしまうリスクも出てきます。このため、フリーランスは人一倍健康に気を使う必要があるのです。健康診断によって、体調を崩す前に病気を早期発見しましょう。

どうやって健康診断を受ければいいのか?

それでは次に、フリーランスが健康診断を受ける4つの方法を紹介します。人によって使える方法は変わってきますので、自分はどの方法で受けるといいのか考えてみましょう。

市区町村の自治体が実施する健康診断

お住まいの市区町村によって実施している内容は異なります。ほとんどの場合、受診対象とする年齢が決められています(30歳~など)。しかし、対象の方であれば無料もしくは低料金で一般的な健康診断を受けることができます。まずはこの方法で受けられるかどうか調べてみるとよいでしょう。各自治体のホームページで確認するか、電話で問い合わせます。

40歳~74歳の方のための特定健診

40歳~74歳までの方を対象にした特定健診といわれる健康診断のひとつです。こちらも市区町村などの自治体が実施しています。同様に、自治体によって実施内容に差がありますので、事前に問い合わせて確認しておきましょう。特定の年齢(40、45、50、55、60、65、70歳)は無料としている自治体もあります。また、世帯主と国民健康保険被保険者がともに住民税非課税の場合に無料になるという自治体もあります。無料で受けられるなら確実に受けておくべきでしょう。

健康保険組合の健康診断

フリーランスになった方は、国民健康保険に切り替える方もいれば、そのまま2年間会社で入っていた健康保険に入り続ける方もいるでしょう。会社の健康保険にそのまま入っていれば、その組合の健康診断を利用することができます。無料とはいきませんが、数千円の費用で済みます。そのまま継続している方はぜひ利用しましょう。

お近くの病院で実施している健康診断

どんな年齢の方でも受けられるのは病院が実施する健康診断です。数千円~1万円程度の料金はかかってしまいますが、若い方はこれしか方法がない場合も多いのでしかたありません。上記の3つの方法が無理ならこの方法で受診しましょう。なお、お住まいの市区町村によっては補助金が出ることもあります。事前に調べておきましょう。

一般的な健康診断の内容とは?

2 (41)

Aコース

定期的に検診するための最も一般的なコースです。検査項目は、身体測定や血圧、尿、視力、聴力、胸部X線、心電図、血液などです。労働安全衛生法によって定められた方法なので定期的に受けるならこちらがおすすめです。費用は5,000円~10,000円ほどです。

Bコース

Aコースから血液や心電図などの一部の検査を省いたコースです。企業では40歳未満の一部の方を対象に実施しているものです。Aコースよりも割安なので、若い方であまりお金をかけたくない方はこちらを選んでもよいでしょう。

生活習慣病予防コース

Aコースの血液検査項目をさらに充実させたコースです。詳細な検査が実施されるため、病気の発見率が高くなります。Aコースよりも割高になってしまいますが、真剣に病気の予防を考えている方はこちらを選ぶとよいでしょう。

健康診断の費用を安くする方法

まずは、上で紹介した無料で健康診断を受けられる方法で受診することです。無料なのでこれ以上安い方法はありませんね。とはいえ、有料でしか受けられない方も多いでしょう。そんな方は、あんしん財団などの福利厚生サービスに加入することを検討してみましょう。毎月の料金はかかりますが、健康診断時や人間ドック時に補助金が支払われる他、ホテルやゴルフ場などの福利厚生施設を利用した際にも補助金が支払われます。また、レジャー施設の割引もあります。クラウドワークスなどの一部のクラウドソーシングサービスでは、一定の条件をみたす方を対象に無料の福利厚生サービスを提供しています。クラウドワーカーの方はぜひ利用してみましょう。

年齢によって受けた方がいい診断内容は変わってくる

若いうちはまだいいかもしれませんが、40代を過ぎたらがん検診を受けておきましょう。年齢とともにがんのリスクは高まっていきます。特に女性は、女性特有のがん(乳がんや子宮がんなど)の検診を受けることをおすすめします。特定の年齢であれば無料で受けることができる場合が多いので、忘れずに受診しましょう。また、簡単な健康診断だけでなく人間ドックも受けておくべきです。費用は5万円~10万円ほどと高額になってしまいますが命には変えられません。特に自覚症状がある方や健康診断で何か異常が見つかった場合はすぐに受診しましょう。

健康診断の注意点

3 (30)
法人であれば健康診断や人間ドックにかかる費用は全額経費にできます。しかし、個人事業主のフリーランスは個人的な費用とみなされるため、経費に計上することはできません。確定申告時に誤って計上してしまわないようにしましょう。ただし、従業員を雇っている場合は、従業員に健康診断を受けさせる義務が発生しますので、これについては経費として計上することができます。なにが経費になるかしっかり理解しておきましょう。

また、健康診断の前日の夜~検査終了までは食事を控えなければいけません。これは食事が検査結果に影響をあたえることを避けるためです。また、十分な睡眠時間を取るなど検査当日の体調を整えておく必要もあります。せっかく検査するのですから、正しい結果が出るようにしましょう。

まとめ

健康診断を受けたくなってきましたか?今は若い方でも年齢とともに健康を害しやすくなっていきます。病気を早期に発見するためにも1年~3年に1回は健康診断や人間ドックを受診しましょう。何よりも健康が一番です。「そういえば最近健康診断を受けてないな」という方は、基本的な健康診断だけでも受けてみましょう。1日もかかりませんし、数千円程度で済みます。健康診断は、定期的に受けることが大切です。あなたは最近いつ健康診断を受けましたか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

関連記事