あなたもこんなことを思っていませんか?フリーランスが感じている不安と解消方法

フリーランス基礎知識 課題・悩み

フリーランスの不安解消法
フリーランスとしての不安を感じていませんか?きっと、誰しもフリーランスになると不安を感じることになるでしょう。一番の不安要素は、収入に関する不安だと思います。フリーランスは収入が不安定になりがちで、サラリーマンのように安定した収入を得られないこともあります。他にもさまざまな不安要素がありますが、どれも対策を講じれば解消できることが多いです。不安なままでいると仕事にも悪影響を及ぼします。不安なことは先もって解決しておきましょう。

この記事では、

  • フリーランスとしての仕事が上手くいかず、漠然とした不安を抱えている方
  • これからフリーランスを始めようと思っているが、漠然とした不安を抱えている方

のために、フリーランスの不安要素と解消法・対策をお伝えしていきます。ぜひご一読して、不安を解消し、フリーランスとして自信を持って仕事をしていきましょう。まだ始めていない方は、不安は解消できることを知って、始めるための決心につなげていきましょう。

不安1:収入が安定しないことへの不安

2 (20)

ほとんどのフリーランスが直面するのは収入面での不安でしょう。サラリーマンの収入は雇用が安定していることで保証されていますが、フリーランスは安定雇用が保証されていないので収入も不安定になりがちです。最悪の場合、まったく収入がなくなってしまうことさえあります。やはりお金がないことには生活は安定しませんから、これはフリーランスの最も大きなリスクになります。

解消法・対策

収入を安定させるには、収入源を1社だけに頼らずに複数持つことです。複数の収入源を持っていれば、1社からの仕事がなくなっても他の仕事で補うことができます。確かに収入は減ってしまいますが、その間にまた次のクライアントを探せばよいのです。複数のクライアントを持っている方が、年収が高くなる傾向もあり、収入アップにもつながります。また、案件を見つける場所も複数持っておくとよいです。具体的には、知人など地元の人脈やクラウドテックなどのエージェントサービス、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスです。案件を見つけやすくすると、収入の安定につながります。

不安2:常に仕事をしていないと不安になる

サラリーマンは常に仕事があり、固定給であるため収入が入ってきます。しかし、フリーランスでは、時期やクライアントの状況によっては仕事がない時期が発生してしまうことがあります。そうなると、「仕事がない=収入が0」になるので、「なにもしなくていいのだろうか?」と不安になってきます。そのため、暇な時間を作らないために仕事を引き受けすぎてしまう方もいます。あまりに忙しすぎると、体調を崩してしまいますし、納期に間に合わなくなってしまうかもしれません。

解消法・対策

たしかに、仕事がなさすぎて収入が少なくなりすぎるのは問題です。とはいえ、必要十分な収入があればそれほどあくせくする必要はないでしょう。適度な休息も人には必要不可欠なことです。毎月の自分の収入と支出をしっかり把握して、今現在の財務状況を知っておくことで不安を和らげることができます。また、上で説明した不安1の対策も講じておくとよいでしょう。なるべく仕事の波を作らないように、安定的に案件を受注できるようにしましょう。

不安3:仕事がなくなってしまうことへの不安

忙しい時や都合がつかない時にクライアントからの依頼があっても、「次の依頼がなくなってしまうかもしれない」「他のフリーランスに仕事を取られてしまうかも」という不安から無理にでも仕事を受けてしまうことがあります。そうなると、納期に間に合わなかったり、他の仕事にも影響が出てしまったりと断ったとき以上のデメリットが発生してしまいます。たしかに、クライアントの要望に沿うことは重要ですが、あまりにクライアントの言いなりになるのも問題です。

解消法・対策

よほど緊急の案件でない限り、無理に仕事を引き受けるのはやめましょう。丁寧にお断りすれば、クライアントも事情をわかってくれるでしょう。この不安は特に、1社だけに依存しているときに起こりがちです。また、収入額にかたよりがある場合にも発生します。不安1同様、複数のクライアントからなるべく均等に収入を得るようにしましょう。何かに依存してしまうことは、仕事にも人生にもマイナス面をもたらします。

不安4:将来に対する不安

特に若い方は、「この先、歳をとってもフリーランスでやっていけるのだろうか?」「いつまでも自分の仕事の需要があるのだろうか?」と思っているのではないでしょうか?やはり、実力主義のフリーランスでは、いつまでも自分の能力だけでやっていけるのか不安に思いますよね。フリーランスが働く業界はIT業界が多く、時代の流れが早いため、時代についていかなければ仕事を長年に渡って続けることはできないでしょう。

解消法・対策

フリーランスは、なんといっても実力が重視されます。そのため、何かしらの方法で継続的にスキルアップや新技術の習得に努めなければいけません。とはいえ、「仕事で精一杯でなかなか時間が取れない」「あまり勉強する気が起きない」といった方も多いでしょう。そんな方は、毎回同じような仕事ではなく、自分のスキルアップにつながるような新しい仕事を受けてみましょう。なれた仕事よりも時間はかかるかもしれませんが、新しい技術を学べる上に、報酬ももらえて一石二鳥です。いつもより少し難しい仕事にチャレンジしてみましょう。

不安5:病気や怪我で働けなくなる不安

3 (14)
フリーランスはサラリーマンとは違い、有給休暇や傷病手当(怪我や病気で療養する場合に給料の一部が支払われる制度)がありません。そのため、もし働けなくなったら、その時点で収入が途絶えてしまいます。そればかりか、クライアントからの仕事を失ってしまうかもしれません。特に、仕事で無理をしがちなフリーランスは、生活習慣が乱れやすく、健康を損なう確率がサラリーマンよりも高いでしょう。日頃から無理をしないようにとはいっても、なかなかそうできないのが現実です。

解消法・対策

どんな対策をしたところで、人間である以上は時折体調を崩してしまうことは避けられないでしょう。そのため、健康上のリスクがあることを受け入れた上で対策をしておきましょう。対策として一番有効なのは貯金です。3ヶ月~1年分の生活費を貯金しておけば、万が一長期療養が必要になったときでもすぐにお金に困ることはなくなります。また、働き続けなくても定期的に収入が入ってくるような、サイドビジネスを日頃から地道に構築しておくことも有効です。たとえば、ウェブサイトの広告収入やアプリの販売などです。フリーランスは、副業をすることも自由ですので、そのメリットを有効に活用しましょう。

不安6:確定申告がうまくできるか不安

フリーランスになったら、たいていの方は翌年に確定申告をすることになります。確定申告が、始めての方は難しいものだと思っているでしょう。実際、覚えなければならないことも多く、結構ややこしいものではあります。特に、必須となる日々の帳簿付けを、仕事をやりながらやらなければなりません。忙しさとあいまってミスも起こりがちになります。

解消法・対策

確定申告や帳簿付けは、初心者の方にはややとっつきづらいものです。そのため、確定申告ソフトを利用することをおすすめします。知識がなくてもうまく帳簿がつけられるようにサポートしてくれます。また、個人事業主の届け出と同時に青色申告の申請をしておくと、後日青色申告の帳簿付けの方法や確定申告について無料で教えてくれるセミナーを受講することができます。人数は限られますが、自宅で税理士の先生のサポートを受けることもできます。郵送で通知が送られてきますので、しっかりと申し込んでおきましょう。

まとめ

あなたが抱えている不安がありましたか?同じような不安を抱えているのであれば、いつまでも不安を抱えたままでいずに積極的に不安を解消していきましょう。また、他にも不安要素があれば、対策を考えてみましょう。あなたはどんな不安を抱えていますか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

関連記事