フリーランスで始めるマーケティングプランナー!成功と失敗の秘訣とは?

マーケティングプランナーに求められる能力とは?

引用元:pixabay

マーケティングプランナーは企業のマーケティング戦略をプラニング(企画・立案)する人のことです。市場調査や課題分析も含めながら、企業がどのような広告や販促を打ち立てれば増販増客につながるか、などを論理的に説明する能力が問われます。特に必要とされる資格はありませんが、実際に企業でマーケティングに携わっていた経験は重視されるでしょう。

また近年はWebサイトからの集客を強化する戦略が必要不可欠となっています。そのためアクセス解析の結果を基にした戦略の立案や、SEO(Search Engine Optimizationの略で検索エンジン最適化のこと)対策、facebookやtwitterなどSNSを利用したマーケティングなどの需要は高まっています。

実務を含めて幅広く仕事がこなせることや人脈も仕事獲得の「強み」となります。たとえばSEO対策を強化したホームページを立ち上げる際、マーケティングプランナーが提案したホームページのターゲットや方向性に従って実務作業はデザイナーやライターが担うことになります。そのため、信頼して仕事を任せられるパートナーの確保が重要なのはもちろん、適切な指示や打ち合わせを行うためにはマーケティングプランナー自身の理解やスキルも必要になってきます。また、依頼した作業が思い通りに仕上がらないケースも想定し、自分でも「デザインできる」、「記事を書ける」といった実務能力は大きなポイントとなります。

その他、マーケティングプランナーに求められる能力は以下のようなポイントです。

  • 企画立案能力とセンス
  • 情報収集能力
  • トレンド感覚
  • 問題分析能力
  • コミュニケーション能力
  • SEO対策やSNS活用などWeb戦略の知識

 

マーケティングプランナーはフリーランスでもできる?

引用元:pixabay

広告や販売促進企業に就職し、さまざまな会社のマーケティングやコンサルティングに携わっているとクライアントから直接、指名されることも多くなってきます。実績と信頼が積み重なっていくと、独立してフリーランスでマーケティングプランナーをやってみようという気持ちも芽生えてくるかもしれません。

会社員とフリーランスで違うのは、個人でも仕事を取れるかどうか、という点です。マーケティングは会社の命運を左右する非常に重要な仕事だけに、信頼がなければ決して契約は成立しません。サラリーマン時代は、会社の名前で信頼を得られることもありますが、独立した後にクライアントが同じように仕事をくれるとは限りません。

広告や販売促進企業でなくても、一般的な企業でマーケティング担当として仕事を得る道もあります。フリーランスになれば働く時間と場所が自由で、プライベートの両立がしやすいなどメリットはありますが、不安定な収入や自分で仕事を得る努力をしなければいけない点などは考慮すべきです。 フリーランスのデメリットについてはこちらでまとめていますので、詳しくは「本当にデメリット!?フリーランスのデメリットといわれることを検証してみた!」の記事もご覧ください。

一方で、クラウドソーシングのサイトではマーケティングプランナーのニーズは年々、高まってきています。具体的には、Web戦略に特化する形でSNSの管理をしたり、ECサイトのアクセス解析や競合分析を行ったり、という作業で発注が行われています。販促会社に依頼したり、自社に専門の担当者を置いたりするのが難しいとき、フリーのマーケティングプランナーと手を組んでよりよい戦略を立てていきたい、というニーズがあるのは間違いありません。その点で実績を積んでいけば、フリーのマーケティングプランナーとして活躍できる余地はあるでしょう。

 

マーケティングのニーズを把握するのが成功のポイント!

引用元:pixabay

マーケティングプランナーとしてフリーランスで成功するためには、クライアントから「この人に仕事を頼みたい!」、「末永くお付き合いをしたい!」と思ってもらうことが必要です。その意味では自分自身をマーケティングすることから、プランナーとしての腕が試されていると言えるでしょう。

Webでのマーケティングはフリーランスにとって特に重要です。どのような職種でもマーケティングの必要性は年々増しているので、どうすれば仕事の獲得につながるか、新規顧客の開拓ができるか、といったことをテーマにしたノウハウ的なブログなどはニーズがあります。そのため、マーケティングプランナーとしての経験や知識を活かして効果的なライティングを行えば、ホームページを開設しているだけで勝手に営業してくれる、という嬉しい効果も期待できるのです。また同様に「マーケティング」に特化したセミナーを開く、ということもファンや顧客獲得につながる可能性があります。

詳しくは、『フリーランスのホームページはこう作る!押さえておきたいポイントとは』や、『自分の強みを最大限アピール!仕事につながるプロフィールのまとめ方』などの記事もご覧ください。

 

フリーでやっていくうえで気を付けておきたいこと

引用元:pixabay

フリーのマーケティングプランナーはまだまだ認知度が低く、思ったように仕事の依頼がこなくて企業に再就職するという道を選ぶ人もいます。クラウドソーシングを使っても、マーケティングだけで仕事を得ようとするのが難しい現状です。そのためWebライティングやコピーライティングといった執筆の分野や、秘書業務も合わせた総合的なスキルを伸ばしていくことが必要となるでしょう。

またマーケティングプランナーである以上、自分をいかに売り込むか、という戦略は非常に重要になります。自分の強みを今一度整理して、どのようなクライアントに接触すればよいか、どのような分野にニーズがあるか、など分析をしっかり行ってみましょう。

商品やサービスが絶対に売れる方法、マーケティングの絶対的な正解というのは存在しないため、マーケティングはともすれば曖昧な仕事になりがちです。そのため、クライアントとの交渉や打ち合わせ、契約については注意が必要です。たとえば、目指す方向や目標があいまいで何となくWebを強化したい、といったクライアントでは、交渉の段階で要求がコロコロ変わる可能性もあります。あとからトラブルにならないよう、契約金額や仕事内容は最初にしっかり明示しておきましょう。詳しくは、こちらの記事もご覧ください(知らないと損をする?!フリーランスなら知っておきたい業務委託の心得)。

ライターやプログラマー、デザイナーなど、フリーランスで働いている人たちは、自分をいかにマーケティングするか、ということに重きを置いています。日々の業務に追われる中で、マーケティングを他の人に手伝ってもらいたい、というニーズは年々高まっているはずです。企業だけでなく、フリーランス向けのマーケティング、というのも今後、需要が期待できるでしょう。さあ、あなたも経験と知識を活かしてフリーで活躍してみませんか?

関連記事

売り上げUPに欠かせない!フリーランスのマーケティングプランナーになろう

実際のフリーランスの案件を見てみよう

「クラウドテック」はエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービスで、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみましょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

クラウドテックでエンジニア・デザイナーなどのフリーランス案件を見てみる

関連記事