知らないとヤバい?フリーランスの源泉徴収〜完全理解マニュアル

税・申請

フリーランスのためのお得な節税術
会社勤めの方はなじみ深い源泉徴収。退職してフリーランスになった方にはもう縁がないものと考えていませんか?

でもそれはとんでもない誤解です。源泉徴収は報酬を頂く仕事をしている以上、必ずつきまとうものですし、確定申告や還付申告など税の手続きに関わる大切なことです。
会社員時代は経理の方に任せておけば良かったかも知れませんが、フリーランスは年末調整にあたる還付申告は自分で行いますから、しっかり理解しておきたいところですね。

この記事では源泉徴収とは何かという基本から解説し、さらに源泉徴収票(支払調書)の見方や還付金などについて解説します。ぜひご覧下さい。

源泉徴収とは何か

突然ですが、日本の納税方式についてきちんと理解していますか?
会社が源泉徴収して支払うものというと、答えとしては△です。

基本的に日本は納税者自らが納税額を計算して申告する納税方式をとっています。
しかし日本人全員が税額をきちんと計算し納付するというのは現実的には困難で、納税者にも徴収側にも負担です。

そこで給与や報酬を支払う側が支払の際にあらかじめ税額を計算して差し引いて納税する制度として源泉徴収制度があります。

源泉徴収税の支払い

源泉徴収されたお金は、その報酬が発生した翌月の10日までに支払うこととなっています。フリーランスは主に受け取る側ですから、源泉徴収税を支払うことは少ないと思いますが念のため知っておきましょう。

源泉徴収しなければならい人〜源泉徴収義務者とは

源泉徴収しなければならない人のことを源泉徴収義務者と呼び、法人や個人事業主はこれに該当します。フリーランスは源泉徴収義務者ですね。

後述する源泉徴収に該当する仕事に報酬を支払う場合、源泉徴収しなければなりません。

源泉徴収が発生する仕事

源泉徴収が発生する報酬の代表的なものは給与所得です。しかし他にもさまざまな仕事で源泉徴収が発生します。

<源泉徴収が必要な報酬・料金の範囲>

  1. 原稿の執筆料や講演料、デザイン料
  2. 社会保険診療報酬支払基金法の規定により支払われる報酬
  3. 弁護士、税理士等、特定の資格を持つ人への報酬
  4. 野球選手、モデル、外交員などに支払う報酬
  5. 宴会コンパニオンやホステスなどの報酬
  6. 芸能人や芸能プロダクションを営む個人に支払う報酬
  7. 広告宣伝のための償金や馬主に支払われる競馬の賞金
  8. 契約金など役務の提供を約束した場合に一時的に支払う報酬

参考元:国税庁:No.2792 源泉徴収が必要な報酬・料金等とは

源泉徴収税の計算方法と請求書の書き方

2taxya

源泉徴収税の計算

源泉徴収税は税率10%です。ただし復興特別消費税が0.21%加算されるため、現在は10.21%で計算します。

請求書では消費税を別に記載する

源泉徴収税は支払報酬に対して課税されます。そこで請求書に「54,000円」とだけ金額が記載されている場合、54,000円×10.21%の5,513円が源泉徴収されます。

しかし請求書に報酬50,000円、消費税4,000円と分けて記載した場合、源泉徴収額は50,000円×10.21%の5,105円が源泉徴収税額となります。

請求書の記載の仕方で源泉徴収税額が変わってしまいますので注意しましょう。

源泉徴収が発生する場合の請求書

源泉徴収が発生する場合、支払側がその責務を負います。つまり上記の仕事に該当する場合は請求書を作る際も気をつけないといけません。

例えばデザイン料50,000円の案件の場合の請求書には、
報酬50,000円+消費税4,000円-源泉徴収税5,105円(源泉徴収所得税5,000円、復興特別消費税105円)=請求金額48,895円と記載することとなります。

正しい請求を行うことはフリーランスとしての信頼にも繋がりますから、きちんとおさえておきましょう。

クライアント指定の請求書の場合などの対応

請求書はフリーランスが作成することもあれば、クライアントからひな形や内容を指定される場合もあります。いずれにしても源泉徴収額をできる限り明記することが大切です。

というのも、後述するように確定申告では税金を払いすぎないように還付申告を行うことができますが、1つ1つの請求に対して源泉徴収の有無などを確認するのは膨大な手間になりますから、できるだけ源泉徴収額がわかるようにしておくことが大切です。

税金の納め過ぎを防ぐ!確定申告と還付金

フリーランスの場合は年度ごとに確定申告で所得税を支払いますが、源泉徴収が発生している場合はクライアントを通じてすでに税金を一定額支払っていることとなります。

よってそのまま所得税を支払うと税金を二重(所得税・源泉徴収税)に支払うこととなりますので、源泉徴収税額には注意が必要です。
確定申告の際には源泉徴収税額も記載して、税金の額をきちんと計算しましょう。

還付申告や更正の請求期間は5年!

なお、給与所得者の場合、払いすぎた税金を返してもらう申告を還付申告と言います。例えば医療費が年間70万円かかってしまったが、確定申告をすることができなかった場合などが考えられます。

個人事業主の場合は確定申告で税金を払いすぎた税金を返してもらうため、更正の請求を行うこととなります。

いずれの場合も、5年間が期限で申告や請求の時期は問いません。

意外と知らない源泉徴収票・支払調書のこと

フリーランスの手元には年が明けた1月頃、クライアントから源泉徴収票や支払調書が届きます。これらは源泉徴収額が確認できるという意味では同じものですが、違いに少し触れておきましょう。

源泉徴収票と支払調書の違い

源泉徴収票とは給与や退職金を支払ったものが発行する、支払の証明書で源泉徴収金額が明記されています。
一方、支払調書とは個人事業主が支払を受けた際に受け取る書類のことで、報酬額や源泉徴収された金額が明記されています。

いずれにしても源泉徴収金額、つまり前払いした税額を知りたい場合に役立つ書類ですね。

源泉徴収票と支払調書は源泉徴収税額を確認する

源泉徴収票や支払調書といった書類には必ず、給与や報酬として支払われた金額と源泉徴収された金額が記載されています。

フリーランスの場合、支払調書の「源泉徴収税額」を合計したものが前払いしている税額です。

すべての支払調書でこの金額を合計すれば、あなたが納めた源泉徴収税額がわかります。確定申告で活用しましょう。

源泉徴収税額を把握しない確定申告はあり得ない?!

源泉徴収税額は上に書いたとおりすでに納めている税金ですが、これを確定申告で考慮しなければどのくらいの差が出てしまうのでしょうか。

<モデルとなるフリーランス>
年収400万円
必要経費50万円
源泉徴収額30万円

年収400万円ですが、必要経費と基礎控除額(38万円)を差し引くと課税される所得は400万円-50万円-38万円=312万円です。
この場合の所得税は312万円×10%ー97,500円=214,500円です。

源泉徴収額を考慮しなければこの金額が所得税として課税されます。しかしすでに源泉徴収税として30万円支払っているため、この分の税金を納める必要はなく、214,500円-30万円=-85,500円が返ってくるという計算です。

214,500円支払うのか、85,500円受け取るのか。どちらが良いかは明らかですね!

源泉徴収税額をきちんと把握して適切な納税をしましょう!

3 (94)
この記事では源泉徴収に関する説明や源泉徴収票・支払調書の見方、還付金などについて説明しました。

難しいと考えてしまいがちな税金ですが、1度慣れてしまえばそれほど難しいものではありません。
支払調書などお金にまつわる書類も記載事項をきちんと把握することから始めましょう。

みなさんは確定申告や源泉徴収についてどんなイメージをお持ちですか?1年間の働きの総決算のようなものですから、書類もきちんと確認して下さいね。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事