ここまでならOK!フリーランスが扶養から外れないボーダーライン

税・申請

知っておくとお得!扶養控除のあれこれ
家計を助けようと思って、フリーランスで稼ごうと考えていますか?フリーランスは敷居が低いので、主婦や学生の方でも簡単に始めることができます。しかし、扶養控除のことを考えておかないと、かえって家計を苦しめてしまうかもしれません。お金を稼ぐ前に、まずは税金の知識をつけておくことが大事です。

この記事では、フリーランスで働こうと思っている主婦や学生の方のために、税金と扶養控除の知識をまとめています。扶養控除について、しっかりとした知識をもって、家計の助けになる働き方をしましょう。始める前に、扶養のままでいるのか、外れることになるのか検討しておくとよいでしょう。

それではまず、簡単な税金についてのお話から始めます。

税金と確定申告のお話

日本国民であれば、国に税金を納める義務があります。この税金の一つに所得税がありますが、その金額を確定させる手続きが確定申告なのです。日本の所得税額は自己申告制のため、自分で金額を計算して自ら納めることになります。所得税は簡単に書くと、下記の計算式で求められます。

(収入 - 経費 - 所得控除)× 所得税率 = 所得税額

計算式に所得控除というものがありますが、これは税金の負担を公平にするために設けられた非課税になる金額を表しています。子供がいたり親を養っていたりと、人それぞれに環境が違いますから、その違いを考慮して税額を軽減してくれるというわけですね。そして、そのひとつが扶養控除なのです。次項で詳しく説明します。

扶養控除ってなに?

扶養控除は、16歳以上の子どもや親などの親族を養っている(扶養している)場合に、所得金額から一定金額が控除されます。ただし、扶養される方は、所得金額が38万円以下でなくてはならず、同一生計(一緒に住んでいるなど)である必要があります。控除される金額は、扶養される方の年齢によって決まっています。

扶養控除で控除される金額

2 (96)
下記の表の通りに決められています。

対象年齢 控除額
16~18、23~69歳 38万円
19~22歳 63万円
70歳~(両親、祖父母) 58万円
70歳~(両親、祖父母以外) 48万円

ただし、この金額は上記の計算式通り、所得金額から減額されます。つまり、控除額だけ納める税金が減るわけではないのです。実際に減る税額は、控除額に所得税率を掛けたものになります。ただし、各種控除によって所得金額が0円以下になる場合は、この限りではありません。参考までに、所得税率表を示しておきます。

課税所得金額 税率
195万円以下 5%
~330万円まで 10%
~695万円まで 20%
~900万円まで 23%
~1,800万円まで 33%
~4,000万円まで 40%
4,000万円以上 45%

※課税所得金額は収入から経費と所得控除を差し引いた金額

配偶者には別の控除が適用される

さて、扶養控除の対象には配偶者(妻、夫)は含まれていませんでした。それでは、扶養されている配偶者には控除はないのでしょうか?そんなことはありません、配偶者には扶養控除に変わり、配偶者控除配偶者特別控除があります。

配偶者控除は、所得金額が38万円以下の配偶者がいる場合に適用される控除になります。また、配偶者とは同一生計(一緒に住んでいるなど)である必要があります。なお、適応対象になるかどうかは、12月末日時点で判定されますのでご注意ください。所得金額が38万円を超えてしまっても、次の配偶者特別控除が適用される可能性があります。

配偶者特別控除は、配偶者の所得金額が38万円を超えてしまった場合に、所得金額が76万円未満であれば適用される控除になります。これは、38万円を超えた時に、いきなり控除金額が0円になってしまわないように設けられている控除というわけです。

配偶者控除、配偶者特別控除の計算方法

配偶者控除の控除額は、一律38万円(配偶者が70歳以上の場合は48万円)と決まっていますが、配偶者特別控除の控除額は、所得金額によって下記の様に変わってきます。

配偶者の所得金額 控除額
38万円超40万円未満 38万円
~45万円まで 36万円
~50万円まで 31万円
~55万円まで 26万円
~60万円まで 21万円
~65万円まで 16万円
~70万円まで 11万円
~75万円まで 6万円
~76万円まで 3万円

配偶者の方の場合は、段階的に控除額が減っていくのがわかりますね。

つまり、いくら稼ぐと扶養から外れるの?

これは人によって変わってくるため、一概にいくら稼いだら扶養から外れるとは言えません。なぜなら、各控除の適用条件になっている所得金額は、稼いだ金額(収入)そのものではなく、経費を差し引いた金額だからです。つまり、たくさん稼いだとしても、経費が多ければ所得金額は少なくなります。

主婦の方などは、103万円とか141万円という金額を聞いたことがあるのではないでしょうか?これは控除から外れる、収入のボーダーラインになっている金額ですが、この金額はパートやアルバイトなどの給与収入がある場合で、フリーランスの方はこの金額とは無関係です。フリーランスの方は、収入から経費を引いた金額が、下記の2つのボーダーラインを超えることで扶養から外れることになります。

38万円

38万円を超えると、扶養控除もしくは配偶者控除が適用されなくなります。このラインを超えても、配偶者の方は、次の配偶者特別控除が受けられる可能性があります。急に控除がなくなることはありません。

76万円

この金額を超えると、配偶者特別控除が適用されなくなり、どちらの控除も受けられなくなります。38万円~76万円までは、段階的に控除額が減少していきます。

なお、複式簿記で記帳し、青色申告を行っている場合は、65万円の青色申告特別控除を受けられるため、さらに65万円を収入から差し引くことができます。

扶養から外れると夫や妻、親などにどんな影響があるの?

扶養から外れた場合、控除されていた金額分、控除を受けている方の所得金額が増加することになります。つまり、所得税と住民税が高くなるということです。実際にどれぐらい高くなるかは税率によりますので、上記の所得税率の表を参考に計算してみてください。住民税の税率は10%になっています。

どれぐらい稼げば扶養から外れるメリットがある?

3 (82)

扶養控除の場合

38万円を超えると扶養控除が適用されなくなってしまうので、38万円 +(38万円 × 扶養する方の所得税率)以上稼げないのであれば、38万円以下に調整しておくとよいでしょう。安定して50万円以上稼げるのであれば問題無いと思います。

配偶者控除・配偶者特別控除の場合

配偶者の方の場合は、配偶者控除と配偶者特別控除の2つがあり、控除額が段階的に減少していくので、稼げるだけ稼いでしまってもよいと思います。たしかに、控除額は減りますが、それ以上にお金は入ってくるためマイナスにはならないでしょう。

控除のよくある失敗

控除のことをよく考えないまま稼いでいると、いつの間にか扶養から外れており、会社や税務署から通知が来て初めて気づくといったことになります。たいていの場合、気づくのが遅れるので、支払った税金が不足していて、税金を追納することになります。この時、延滞税が課せられることになり、元々の税金に上乗せして支払わなければなりません。こんなことにならないためにも、事前によく考えておきましょう。

まとめ

以上、扶養控除について説明してきましたが、どんなものかお分かりになったでしょうか?フリーランスは、自由に仕事を選ぶことができるおかげで、収入の調整もしやすくなっています。うまく調整すれば、扶養から外れない働き方ができます。しっかりとした知識をもって、メリットのある働き方を考えましょう。あなたは扶養のままでいますか?外れますか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

フリーランス専門の求人サイト「クラウドテック」

クラウドテック

関連記事