未経験者でも大丈夫!初心者でも簡単にフリーランスを始める方法

フリーランス基礎知識 案件獲得・営業

未経験でフリーランスに
フリーランスは、高いスキルを持った一部の人にしかできないと思っていませんか?昔はたしかにそうだったかもしれませんが、今は違います。むしろ、非正規社員が増加の一途をたどる中、フリーランスという働き方は一般的になりつつあります。さらに、クラウドソーシングサービスも発達しているので、未経験からでもすぐにフリーランスを始めることができる時代になりました。

この記事では、フリーランスに興味があるけど、「未経験だと無理だろうなぁ・・・」と思っている方のために、未経験からのフリーランスの始め方や注意点、未経験でもできる職種などを紹介します。迷っている方も、この記事を読んで第一歩を踏み出してみましょう。

ほんとに未経験から始められるの?

会社に入社するにしても、だれでも最初は未経験です。もちろん、専門的な知識を持って入社する方もいますが、全体からすると一部の方だけです。ほとんどの方は、新人として入社してから、上司などから仕事を教えてもらうことになります。フリーランスと、一般的な社員との一番の違いはここです。つまり、未経験からどうやって知識を学んでいくかが重要なのです。実際に初心者からWebデザイナーになった方々はたくさんいます。

自分から主体的に学んでいくことができれば、ビギナーでもフリーランスになることができます。とはいっても、そんなに身構えなくても大丈夫です。どんな方でも、長く続けていれば必ず経験は積み上がっていきます。重要なのは、小さなことからコツコツと続けることなのです。現在では、そういったことがインターネット上で簡単にできる環境がそろっています。具体的にどうすればいいかは後で説明します。

未経験といっても、「全くの未経験から初められる仕事」と「少しは勉強してからでないと初められない仕事」の2種類あります。これは、職種によるところが大きいので、自分の興味がある・好きな分野かどうかで選ぶことをおすすめします。やはり、仕事とはいえ嫌いな仕事では長く続けることはできません。フリーランスの自由を活かして、自分の好きな仕事をしましょう!後で具体的にどんな職種があるか説明します。

どうやって始める?

2 (81)
もともと仕事を受けられる人脈があればよいのですが、ほとんどの方はそういった人脈は持っていないと思います。しかし、だれでも簡単に仕事を見つけられる方法があります。それが、クラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスです。このサービスには、クライアントの案件が多数登録されていますので、自分に合った仕事を見つけて引き受けることができます。まずは、未経験者を歓迎している案件から引き受けてみましょう。

また、実力が備わってきたらクラウドテックなどのエージェントサービスを利用するのも一つの手段です。こちらのサービスは、担当者が仕事の相談にのってくれます。無料で利用できますから、積極的に利用していきたいところですね。どちらかというと、企業に常駐する案件が多いですが、在宅(フルリモート)の案件もあります。

未経験から始められるおすすめの職種

次に、未経験から始められるおすすめの職種を紹介します。多少の知識が必要な仕事も合わせて紹介しますので、スキルを身に着けてから仕事を始めようと考えている方も一度ご覧ください。

ライター

ブログやメディアサイトなどの記事を執筆する職業です。記事の内容は、多種多様なので自分の得意なジャンルの案件を探してみましょう。スキルが求められる案件もありますが、初心者でもOKな案件が多いので、どなたでもすぐに始められる職種です。

その反面、全体的に報酬が低い傾向にあります。しかし、続けていけば慣れによるタイピング速度の向上や文章作成スピードが上がっていきますので、必然的に時間あたりの報酬も増えていきます。また、時々高単価な案件が掲載されることがあります。そういった案件を確実につかむためにも、日頃から経験と実績を積んでおくことが重要です

データ入力オペレーター

ECサイトへの商品登録などデータ入力をする職業です。毎回の手順は決まっているので、手順を覚えさえすればどなたでもできる仕事です。全体的に見て、アパレル関係の商品登録業務が多いです。ファッションに興味がある方は楽しくできるのではないでしょうか?

Webデザイナー

ウェブサイトやブログ、ホームページのデザインをする職業です。こちらの職業は、未経験とはいっても、まったく知識がない状態から始めることはできないので、事前にある程度学んでおくことが必要です。実際の現場で学ぶことが一番ですが、それができなくてもスクールやオンライン講座で知識をつけることは可能です。今やインターネットは無くてはならないものになっており、Webデザイナーの需要は高いです。しっかり経験を積んでいけば、仕事に困ることはないでしょう。

エンジニア

ソフトウェア開発やアプリ開発をする職業です。高度な知識が求められる分野ですが、難易度はさまざまなので、専門学校や独学で学んだ知識でもできる案件があります。エンジニアの求人倍率は上昇中で、人材の確保が積極的に行われています。そのため、簡単な案件からスタートして実績を積んでいけば、将来的にも安定した収入を得ることになるでしょう。

初めは未経験でもスキルアップは必要!

未経験から始めるにしても、フリーランスとして収入を上げていくためには、継続的なスキルアップが必要です。書籍やウェブサイトでの独学やオンライン講座、業務を続けていく中でスキルアップを心がけましょう。フリーランスは、実力が必ず収入につながりますので、自分を磨いていくことを忘れないで下さい

未経験から始める時の注意点・ポイント

3 (70)
最後に、未経験からフリーランスになる際の注意点やポイントを説明します。記憶の隅にとどめておいて下さい。

身の丈に合った仕事にする

自分の力量に見合った仕事を引き受けるようにしましょう。経験が少ないうちは、あまり難しいと思う仕事を受けるのはやめておいたほうがいいでしょう。うまくいかなかった時は、クライアントからの信用を落としてしまいますし、自分にも自信がなくなってしまいます。モチベーションは、フリーランスで成功するための重要な要素です。できる見込みの高い仕事から始めていくのが無難です。

時間管理をしっかりする

サラリーマンと違って、フリーランスは自由な時間に仕事をすることができます。しかし、休憩やサボっている間は全く収入がありません。そのため、仕事とプライベートとのバランスを考えて時間管理をしなければなりません。仕事の報酬についても、時給換算で考えるとどれくらいの報酬なら割に合うのか判断できます。

税金のこと

ある程度年間の収入があると、確定申告をする必要が出てきます。確定申告は初めての方にはわかりにくい手続きなので、直前に慌ててやろうと思っても、間に合わなかったりミスが起きたりします。そのため、事前に確定申告についての知識をつけておくことをおすすめします

まとめ

まずは、クラウドソーシングサービスで、自分がやってみたい仕事を探してみましょう。もちろん、自分ができるかどうかも重要ですが、「やってみたい!」というモチベーションも仕事を続けていく上では大切です。最初は、なるべく簡単な短期間で終わる仕事を選んでやってみましょう。実績を積んでいけばクライアントからの信頼も得られますし、自分にも自信がついてきてモチベーションが上がります。あなたも今からフリーランスになれるのです!

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

関連記事