未経験、開発スキルなしでITエンジニアになる!志望動機の書き方や未経験OKの求人の特徴って何?

就職・転職・人材 エンジニア(SE)・プログラマ

未経験でITエンジニアに

ITエンジニアの求人募集を見ると、IT技術が高い優秀なエンジニアを求めているものもあれば、ITに関する経験は問わない、未経験者OKの求人も数多く出ています。

大学や専門学校が文系であっても、ITエンジニアになれるチャンスが転がっています。ただ、経験が無いため応募する時に、どのように自己PRすればいいのか、どんなことを訴えればいいのかわからないですよね。

そこで、未経験者の志望動機の書き方や、未経験者でも応募が可能な求人の特徴などをご紹介していきたいと思います。

ITエンジニアになりたいけど、IT技術が無く業務経験も無い方はぜひ参考にしてみてください。

IT未経験者の志望動機の書き方

それでは、業界に関する知識も少ない、ITに関する技術も無い、開発スキルも無い中で、どんな志望動機を書いていけばいいのでしょうか?

なぜITエンジニアになりたいのか?

まず面接官が気になることは、あなたが

「なぜITエンジニアになりたいと思ったのか?」

という理由です。

様々な業界が世の中にある中で、あえてIT業界を選んだ理由が必ずあるはずです。そのプラスとなる理由を自分の中で整理をして伝えていきましょう。理由を考える切り口としては、

  • 自らのキャリアの見直し
  • あなたがずっと好きだったこと
  • 子供の頃から抱いていた思い
  • 考えをガラッと変えた出来事
  • 友人、知人、著名人から受けた影響
  • 家族の中の大きな変化

などが挙げられます。なるべく誰でも話すことのできる志望動機ではなく、あなたにしか言えない志望動機であるとインパクトが強くなります。

NGな志望動機としては下記のようなものが挙げられますね。

    • 御社の社風にあこがれて~

ありきたりな志望動機の1つです。社風のことに触れるのであれば、社風と自分の性格や進みたい方向性と一致しているなど、社風とあなたを結びつけてどうなるのか?といったことがまとめられると良いですね。

    • 教育体制がしっかり整えられていて、自己成長ができると思ったので~

会社としては、「教育体制が無かったら、あなたは自ら学ばないのか?」と捉えられてしまいます。場合によっては積極性が無いとも捉えかねません。

また、会社はあなたの自己成長を支援するだけの場所ではありません。毎年利益を積み上げていく必要があります。

あなたが自己成長して、どんな利益を会社にもたらすことができるか
というところまで、伝えるようにしましょう。

    • 現在の職場の労働環境が劣悪で~

志望動機の中でも1番悪い例です。面接の時間内では、以前または現在の職場に関するマイナスのことは言わないようにしましょう。

マイナスのことを言ってしまうと、「会社に入社してもすぐに同じことを言い出すのではないか?」と思われてしまいます。履歴書や職務経歴書には、マイナスのことは書かないようにしておきましょう。

志望動機はプラスの内容でまとめましょう。また、あなただから伝えることのできる志望動機を考えて、面接官に強く訴えるようにしていきましょう。

関連記事:【未経験も現職も】システムエンジニアへの転職必勝マニュアル

IT業界の知識・経験を補てんするために準備しておくべきこと

mikeiken_it_img1

IT業界の未経験者採用をしている会社は、IT知識や経験は採用において重要視していません。IT知識や経験は、入社してからでも十分身につけられると考えているからです。

とはいえ、何も準備をせずに面接を受けてしまうと、面接官から「本当にやる気があるのか?」と疑問視されてしまいます。

面接の前に準備をしておくべきことは何でしょうか?

興味のあることには少しでも実際にやってみる

IT業界に入ると、業界にいる限りIT技術と向き合っていくことになります。IT業界未経験であっても、ITエンジニアになったら、やってみたいこともきっとあるでしょう。そのやってみたいことを、少しでも構わないので自分で実際にやってみることがアピールポイントになります。

Webアプリケーションエンジニアのように、プログラムを書いていく仕事の場合には、実際にプログラムを書いて動作を確認することのできるサービスを利用してみることをオススメします。下記のようなサービスを利用すれば、頭だけではなく手を動かして知識を深めることができます。

そして、インフラエンジニアのように、サーバやネットワーク構築を目指したい場合には、パブリッククラウドを使ってみることをオススメします。

構築する方法はインターネット上に多く公開されているので、それらを参照してその通りに操作をしていれば、作りたいものができてしまいます。

その経験は、未経験採用の企業に対して大きなアピールポイントとなります。

IT業界の動向や応募先企業についてインターネットで確認する

面接前にできることとして、インターネットで調べられることは調べておきましょう。「IT業界 動向」と検索してみるだけでも、多くの情報にたどり着くことができます。その情報を持って面接に行く場合と、何の知識も持たずに面接に行く場合とでは大きな差が出ます。

また、応募先企業については必ずチェックしておきましょう。チェックしておくべきポイントとしては、下記のように様々な観点があります。

  • 応募先企業ホームページ
  • 企業に関するインターネット記事の検索
  • 社長が掲載されている記事の検索
  • SNSなどの企業アカウントが発信している情報
  • 掲載されている内容から浮かんだ疑問をメモ

特に、最後の「掲載されている内容から浮かんだ疑問をメモ」は重要です。面接の最後には、必ず質問が無いか質問されます。その時にありきたりな質問ではなく、ホームページなどを読み込んだ上での質問では天と地との差があります。様々な情報を事前にチェックしておきましょう。

関連記事:未経験者がエンジニアへ転職するなら知っておくべき知識

未経験OKの求人の特徴

未経験OKの求人には大きな特徴があります。それが、

「社内に教育体制が用意されている」

ということです。

応募者は、IT業界未経験であるため、ITに関する知識が全くありません。その状態で現場に出されても、ただのオペレーターになってしまい、土台となる知識が無いため、その先の成長は低くなります。

そのため、教育体制が必ずといっていいほど用意されているのです。数ヶ月社内で教育してから現場に出す場合もあれば、数週間教育して現場で働きながら学んでいくパターンもあります。

また、「社内でサポートし合う体制」が取られていることも多くなっています。先輩社員が新入社員のサポートにつき、プライベートを含め相談に乗り、成長を支えていく制度もあります。会社でチームを組み、そのチームの中で成長させていく企業もあります。

とにかく、「会社全体で未経験社員をサポートしていく体制が整っている」ということが共通している特徴ですね。

まとめ

mikeiken_it_img2
ここまで、ITエンジニアを目指すための志望動機の書き方や、未経験者採用求人の特徴についてご説明をしてきました。

未経験者の志望動機は、あなたしか書けないことをまとめる必要があります。ありきたりなことでは面接官の心を打つことはありません。

そしてアピールポイントを増やすためにできることは多くあります。実際に初心者でありながら手を動かしてモノを作ってみる。ただそれだけで、「ITへの意欲がある」という評価につながります。

あなたしか書けない志望動機はどういったものですか?

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

関連記事