デキるフリーランスのクラブ活動〜横のつながりが仕事を飛躍させる

フリーランス基礎知識 案件獲得・営業

デキるフリーランスのクラブ活動

フリーランスという働き方は時間や場所に縛られない自由、仕事の量や内容を選ぶことが出来る柔軟さなど、良い点が強調されがちです。しかし自由である反面、組織に属さないことから積極的に人と関わらないと孤独になりがちなことはご存知でしたか?

この記事ではフリーランスが横のつながりを拡げていくための活動をクラブ活動と定義し、その内容やメリットデメリットを考察します。フリーランスの生活に少し疲れた、新しいことを始めたい、フリーランスどうして集まって話をしてみたいといった方には特におすすめの記事です!

フリーランスは横のつながりが重要

人は社会的な動物と言われ、幼いから家庭や学校など常に人と接する環境で生活しています。大人になれば仕事に就きますが、会社員にせよ農業にせよ、周りの人との協力なしで仕事をすることは出来ません。これはフリーランスも同じはずですが、家や与えられた現場だけで仕事をすることが多いフリーランスは人とのつながりが希薄になりがちです。

横のつながりがなければコミュニケーションが不足し、困ったことを相談する相手がいない、疲れた時に心をほぐす雑談が出来ないといった状況になりがちです。また誰かから頼られる機会も減るため、自己肯定感が低くなってしまいいつの間にかメンタルに支障をきたす可能性もあります。

契約などの利害を超えた人間関係、すなわち横の関係はフリーランスという看板を下ろした素の自分で他人と関わるためにとても大切です。仕事から一歩離れてリフレッシュし、自分という存在を再確認するためにもフリーランスは横のつながりも大切にしましょう。

フリーランス同士の交流から仕事が生まれることもある

フリーランスは常に仕事を探しています。中には自分ひとりでは実現できないアイデアを持っていたり、一緒に仕事をするパートナーを探していたりするものです。しかし孤独になりがちなため、その素晴らしいアイデアは日の目を見ることなくそっと本人の中だけにしまい込まれてしまうこともしばしば。

フリーランス同士のつながりがあれば、そんなアイデアを仲間同士で共有することでビジネスチャンスが生まれることもあります。他のフリーランスがビジネスアイデアをブラッシュアップすることもありますし、一緒に新規案件を獲得しようという動きになることも珍しくありません。

フリーランスにはクラブ活動をおすすめします

フリーランスがこのような横のつながりを得るには、何らかの目的を持って一緒に集まることがいちばんです。多忙なフリーランスは学生のように「ただなんとなく集まる」ことはできませんから、クラブ活動のように何らかの目的のあるイベントを定期的に開催することをおすすめします。

フリーランスのクラブ活動のメリット

ここまで書いたように横のつながりから新しいビジネスチャンスが生まれることもありますが、いちばん大きな効果は孤独になりがちな生活に変化が生まれることでしょう。

フリーランスの仕事感覚、不安定さ、楽しさは同じ働き方をしている人だからこそ理解できるものです。会社員の友人よりフリーランスの友人のほうが仕事において共感できる部分が多いと感じる方が多いですよね。

家にこもって仕事に没頭する時間も必要ですが、それと同じくらい仕事部屋を飛び出して人と関わることも必要です。

フリーランスのクラブ活動にはどんなものがある?

フリーランス同志が集まる機会、つまりクラブ活動的に何らかの目的を持って集まるイベントには以下のようなものがあります。

  • 異業種交流会
  • セミナー
  • 勉強会
  • スポーツイベントや食事会

異業種交流会のメリットデメリット

異業種交流会はさまざまな名目で開かれています。企業の販売促進や知名度向上を目的とした無料イベント、社会人同士の交流を目的としたイベントなどさまざまです。気軽に参加できる、ひとりあるいは少人数の参加が多いというメリットがある反面、参加目的がはっきりしていないと時間の浪費に感じてしまうこともあるでしょう。

セミナー・勉強会は目的がはっきりしたものを選ぶ

定期的に開催されているセミナーはフリーランスのクラブ活動に利用できます。例えば3ヶ月に1度開催されているハッカソンなどあれば、技術力向上や新しい友人作り、純粋にイベントを楽しんでリフレッシュするなどフリーランスにとってとても有益なイベントとなります。単発のセミナーでもかまいません。参加者が同じ目的を持っていることが重要です。

スポーツイベントや市民講座は意外と穴場です

フリーランスは会社員と違い、平日の時間を有効に利用できます。スポーツクラブでは会員同士の交流を目的としたイベントが平日に開かれていることもあるので、このような会を利用して横のつながりを拡げることもおすすめです。

平日のイベントはフリーランスや自営業、経営者などの参加が多く、横のつながりを拡げるにはうってつけの場所です。
スポーツクラブの敷居が高いようでしたら、市民講座のようなイベントも狙い目です。

あなたがクラブ活動の発起人になろう!

2 (65)
ここまで既存の勉強会やイベントを利用してフリーランスが横のつながりを拡げていくことを解説しました。すでにあるクラブに乗っかる形で活動することも素晴らしいのですが、あなた自身がクラブ活動の発起人になることもおすすめします。

クラブ活動の発起人は場所の手配や物品の管理など手間のかかる仕事が増える一方、素晴らしいメリットがあります。そのメリットとは誰かの役に立っているという感覚です。

誰かの役に立つことは心を癒やす

プライベートが充実しているからこそ仕事に打ち込める。これはどんなフリーランスも賛成してくれることだと思いますが、クラブ活動を通じて誰かの役に立つことはフリーランス以前に人としての自信に繋がります。発起人であるあなたを中心に人の輪が広がっていく。もちろん大変なこともありますがプライベートが充実し、仕事にも良い影響を与えるでしょう。

フリーランスが横のつながりを作るために必要なもの

ここまで、フリーランスが横のつながりを作るための活動をクラブ活動としてご紹介しました。

横のつながり、ビジネスの有無に関係なく友人知人を作っていく活動はいくつかのツールを使うと効率的に出来るようになります。
そのツールとは以下の4つです。

  • FacebookなどのSNS
  • 個人ブログ
  • Twitter
  • ホームページ

これら4つに共通することは「情報発信」です。横のつながりを得るための情報発信とは、情報をあなたから発して、その情報が誰かの役に立つことであなたの存在を知ってもらうことを指します。

あなたのスキルはあなただけのものですから、情報を発信することなく抱え込んでおくのはとてももったいないことですよね。誰かの役に立てればうれしいな、そんな手軽な気持ちでSNSやTwitterも積極的に使ってみてはいかがでしょうか。損はないはずです!

デキるフリーランスはクラブ活動にも積極的です!

3 (24)
フリーランスは基本的には孤独です。営業、受注、納品、経理など仕事に関わるあらゆる業務をほぼすべて独りで請け負うこととなります。会社員のような人間関係のしがらみから解放される一方、しがらみはないけど話し相手もいないと言った状況に陥りがちです。

デキるフリーランスは自分のコントロールがとても上手。心地よい人間関係、楽しい居場所をいくつか持って活用しています。セミナー、勉強会、そしてそこで得た友人知人と定期的に会ってリフレッシュしています。

あなたは楽しいと思える居場所やイベントを持っていますか?定期的に参加していますか?もし目の前の仕事に一生懸命で少し疲れを感じているなら、仕事以外の時間や場所にも目を向けてみましょう。きっとフリーランス生活をさらに飛躍させるコツがそこにはありますよ。

実際のフリーランスの案件を見てみよう

最近では「クラウドテック」などのフリーランス専門のエージェントサービスもありますので、まずは実際に募集のあるお仕事の事例をチェックしてみると良いでしょう。
登録をすると、Web上では非公開の案件もご紹介を受けることができます。まずは色々なエージェントサービスへ無料登録するところからスタートしてみましょう。

実際のフリーランス案件を見てみる

関連記事